サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

激流
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/554p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-862079-2
  • 国内送料無料

紙の本

激流

著者 柴田 よしき (著)

「わたしを憶えていますか?」 澄み切った音色でフルートを吹いていた少女は修学旅行中、消息を絶った。20年後、同級生達に突然届いたメール。少女は生きていたのか−? 『問題小...

もっと見る

激流

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「わたしを憶えていますか?」 澄み切った音色でフルートを吹いていた少女は修学旅行中、消息を絶った。20年後、同級生達に突然届いたメール。少女は生きていたのか−? 『問題小説』掲載作品を大幅に加筆修正して刊行。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉東京生まれ。1995年「Riko」で第15回横溝正史賞を受賞。警察小説、本格ミステリ、伝奇ロマン、恋愛サスペンスなど、幅広いジャンルで活躍。著書に「窓際の死神」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

最初から最後までページを捲る手が止まらない面白さ。読んでいて自分も激流に巻き込まれていくような感覚に陥った作品です。

2005/12/12 16:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 序章、中3の修学旅行のグループ行動の最中に一人の少女が消えてしまいます。
 人で乗ったバスは混み合っていて、ふと気がつくと一人の少女の姿が見えないことに気付くメンバー、間違えて他のバス停で降りてしまったのだろうか?と探してみたもののそれ以降少女を見た者は誰おらず、そのまま帰ってくることもなかった。
少女の名前は冬葉。彼女に一体何があったのか?
残りのメンバー6人は冬葉がいなくなった事により誹謗中傷を受けてしまいます。
いじめていたのでは?何故6人もいて冬葉がいなくなった事に気付かなかったのか?と。
6人はその傷を負いながらそれぞれの道へ進むことに。
それから20年後、一通のメールが届いたことから6人の人生は大きな渦に巻き込まれ押し流されていきます。
殺人容疑をかけられる者、仕事のミスを押付けられる者、付き合っていた女性にストーカー行為の末殺されそうになる者などなど。
彼女達の元へは冬葉からのメールが届きその後に必ず不幸や罠に陥れられていく、もしかして冬葉の復讐なのだろうか?でも一体何故彼女が?
生きているのかどうかも分からぬ級友の存在と、15歳の少年・少女だった彼らが生きてきた20年分の人生の重さが絡み合い読んでいて一体今後どのように進んでいくのか全く予測のつかない一冊でした。
久々にページを捲るのも惜しいと思うくらい没頭して読んだ作品です。
最終的に事件の真相は人の悪意から生まれたものなんですよね。
それぞれの人の中に溜まっていた悪意を、ある人物がほんの少し軽〜く背中を押しただけで勢いを増し攻撃していったのです。
行方不明の少女からの20年ぶりのメールという非現実的なものに対し、事件そのものはかなり現実的。
だからこそ皆一体後ろに何が絡んでいるのか分からず不安になり、そして「もしかして」と思いながらも冬葉との再会を望んでいる。
きっと死んでしまっているだろうと思いつつも生きて会いたいと願う級友達。
一体どこに辿り着くのか最後の最後まで分からずに大きな流れに流されたような一冊でした。
この本のタイトル「激流」は中身と本当合っているのですよね。
本書の半ばで登場人物の一人・美弥の心の内からも激流という言葉が出ているのですが読んでいる側もその流れの中に知らず知らずに入ってしまうのです。
P268
「運命の流れ。激流が迫っている。その音が、気配が聞こえる。冬葉が失踪したあの日に、その流れはわたしに向かって、いや、あの時冬葉を見失った仲間たちすべてに向かって、スタートしたのだ。そして二十年の歳月をかけて、今、それが届こうとしている。」
分厚いことも忘れさせてくれるくらい没頭する本。オススメです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/06 21:26

投稿元:ブクログ

結末が全く予想できなく、面白く読めた。いつもなんだけど、結末のあたりがちょっとあっさりしていたのが残念。

2013/05/09 09:17

投稿元:ブクログ

 修学旅行での班行動中、メンバーの1人・小野寺冬葉が突然姿を消した。みんなでバスに乗り込んだはずだったのに、いつのまにかいなくなっており、バスを降りた姿を誰も見ていない。そしてそのうちに帰ってくるだろうという予想に反し、その日の宿にも、学校にも、そして家にも冬葉は帰ってこなかった。冬葉が失踪して20年後――。あの時の他の班のメンバー6人もそれぞれの道を歩んでいた。しかしある日、「わたしを憶えていますか?―冬葉」というメールがメンバーの2人の届き、20年前の失踪事件が再び動き始める。

 登場人物が多く、最初はなかなか読み進まなかったのだが、後半ぐいぐい引き込まれた。主要人物らが揃って恨まれる理由が思い当たらなかったし、関係する人物が最後の方まで登場しなかったので当然といえば当然なのだが、怪しい人物が多数ながら最後まで予想がつかず。結局ミステリーだったが、背筋が一瞬ゾクっとするようなサイコホラー的な感覚も何度も味わえた。著書の作品を読んだのは久しぶりだったが、同性愛者らが多数でてくるのはお決まりなんだろうか。

2005/12/27 19:25

投稿元:ブクログ

同僚の薦めで読んだ。激流‥‥ううむ確かに激流だ。人は誰しもあの時こうしていれば良かった、と後悔していることがひとつやふたつあるはずだ。それを汚点ととらえ消し去りたいと思うか、絶対に忘れないと背負っていく覚悟を決めるかはその人次第なんだなとつくづく思う。後悔しない生き方をする、というのは理想だけど、例え後悔する事があったとして、その時は背負うには重すぎる事も、何年か後にはちゃんと背負って歩いていける、そんな時間の重ね方をしたいな。

2006/01/03 11:52

投稿元:ブクログ

柴田よしきさんの本は大好きなんだけど、この本は今まで読んだ本とテイストが少し違う気がしました。子供の頃感じたことと大人になってから思い返して感じることの違いとか、人を羨ましく思っていたのに、実態は異なっていることがあったりとか、色々あるんだなあと読んでて思いました。

2006/09/10 01:20

投稿元:ブクログ

20年も前に修学旅行中に失踪した1人の少女から、メールが届く。“わたしを憶えていますか?”。人はそれぞれ、事情を抱えて、今を生きている。読み終えて、こんな事が、、と愕然とさせられる。小説としては、面白いのではないだろうか。

2006/04/13 13:59

投稿元:ブクログ

柴田よしきさんのミステリーは読んでる時は面白いのですが、読み終わった後が物足りません。
でもいつも最後まであっというまに読んでしまいます。

2011/04/01 00:16

投稿元:ブクログ

自分勝手な大人たちに関わったばかりに人生を曲げられてしまった7人の中学生たちが、
20年の時を経て再びその激流に飲みこまれる。

う~ん…あまりに理不尽すぎて、全然納得いかない。後悔なんてする必要ないのに。
でも、どんなに理不尽でも、今の自分には自分で責任を持たなきゃいけない。大人になるってそういうこと。
うん。一人の大人として、いろいろ考えさせられる話でした。

2007/08/12 20:47

投稿元:ブクログ

中学の修学旅行でバスの中から失踪した冬葉という1人の少女。その後行方の知れない彼女の存在は、同じ班で動いていた6人の存在にも影を落とす。20年後、級友たちに彼女からメールが届けられる。周囲に頻発するトラブル。最後の方バタバタと話が進むので、これ誰だっけー?とか思わないでもないのですが、20年後の級友たちがほぼ同世代ということで、彼らの抱える葛藤にはうなずける。★4つ。

2015/08/01 17:14

投稿元:ブクログ

修学旅行中に行方不明になった少女冬葉から、20年ぶりにメールが届く。
何故?彼女は今どこにいるのか?
それを機に、当時行動を共にしていた班のメンバーが集まり、冬葉の失踪の謎を調べ始める。

長かった…
登場人物も多く、混乱しながら読みましたが、面白かったです。
20年という年月に、それぞれがいろいろな生き方をしていて、それがこの長さにつながったのだなと思います。
でも、冬葉の時間は止まったまま。
最後に判明する悲劇には、胸が詰まりました。

多くの事件が盛り込まれ、お腹いっぱいな感じもありました。
それぞれの事件の解決がちょっと中途半端な気がしたのは、私だけかな。

2007/07/05 22:10

投稿元:ブクログ

修学旅行中に突然失踪してしまった少女。
その少女から20年後突然メールが届いたら、あなたはどうしますか?

とにかく分厚かった〜。
結末がとにかく気になった読み続けたんだけど、なんだかあっけない感じ。
「え?そんな事だったの?」っていうか。
面白いんだけど、ここまで分厚くすることはなかったのではないかな?!
でもこの人の作品やっぱり面白い。
自分が知らない所で憎まれていたりするネタとか多いです。
やはりこの人の作品はこれからも読み続けていきたいです。

2007/09/30 20:56

投稿元:ブクログ

柴田よしきさんの本は大好きなんだけど、この本は今まで読んだ本とテイストが少し違う気がしました。子供の頃感じたことと大人になってから思い返して感じることの違いとか、人を羨ましく思っていたのに、実態は異なっていることがあったりとか、色々あるんだなあと読んでて思いました。

2009/09/28 08:42

投稿元:ブクログ

15歳、中学3年生。
修学旅行で班での自由行動の最中に
ひとりの少女が姿を消し、そのまま戻ってこなかった・・・

20年後。それぞれの人生を送っている
その頃の班の仲間たちに、襲いかかった激流
行方不明になった少女は、まだ生きているのか
それとも・・・・???

まず、20年も前のことを、細かく記憶しているものかどうかという点は大いに疑問だけど(笑)

でも「誰が何のために??」というのが
ラスト近くなるまでわからなくて不気味
そして真相は、あまりにあっけなく、不運で・・・

2009/01/16 18:54

投稿元:ブクログ

久しぶりのド長編。
ドラマや映画に出来そうな感じ。
登場人物は多いが、一人一人の個性や背景がわかりやすい。
結末が気になって、引き込まれたのに
ラストが物足りず残念かなぁ。。。

2013/06/30 18:38

投稿元:ブクログ

本当に激流。
中学時代の同級生との再開ってこんな感じなのだろうか?
誰か全然わからないわけでもなく、その後の20年できっちり変化はしているだろうしで中学からの20年は大きいだろうな。
NHKでドラマ化されているようで気になって借りてきた本だったけれど、なかなか面白かった。
柴田よしきさんの別作品もぜひ読んでみたい。