サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2005/11/10
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/347p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-3205-9
文庫

紙の本

とある魔術の禁書目録 7 (電撃文庫)

著者 鎌池 和馬 (著)

伝説の魔術師が記した、天使を召喚することができるという驚異の魔道書『法の書』が、解読法を知るシスターと共にさらわれた。学園都市でぼけーっと日常を過ごしていた上条当麻には、...

もっと見る

とある魔術の禁書目録 7 (電撃文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

伝説の魔術師が記した、天使を召喚することができるという驚異の魔道書『法の書』が、解読法を知るシスターと共にさらわれた。学園都市でぼけーっと日常を過ごしていた上条当麻には、それはまったく関係ない出来事—のはずだったのだが、“不幸”にも何故かその救出作戦に加わることに…。しかもさらった犯人は『天草式十字凄教』、つまり神裂火織が女教皇を勤めていた宗派だというのだ…!インデックスが所属する『イギリス清教』、今回の依頼主の『ローマ正教』、そして神裂火織がかつてトップにいた『天草式』。三つの魔術組織が上条当麻と交差するとき、物語は始まる—!【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

天草式十字凄教vsローマ正教

2005/11/12 17:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬほがち - この投稿者のレビュー一覧を見る

比較的刊行ペースが早い本書、早くも第七巻です。
話の構成が、ちょっとつまらない。もうちょっとストーリー的に読者が驚くような何かを仕掛けても良かったんじゃない?的な印象を受けました。ややマンネリ化の傾向にあり。でもちゃんと驚いた部分はありましたけど。熱血度は相変わらずです。燃えますね。
戦闘シーンは、逆転劇こそないものの、まあまあかと。私の好きなキャラが出たのでその部分に関しては非常に満足です(笑)
さて、物語が進むごとに(5巻以降)、表舞台の裏側に立つ人たちの行動と思惑が徐々に明らかになってきました。この巻もそれがかなり目立ちます。悪いことではありませんが(いえむしろ良い事なんですけど)、その分、1巻や二巻のような「展開で魅せる」というのが少なくなってきたのは、実に惜しい。1、2巻の逆転劇は何処へやら…その部分を買ってた私としては、少々悲しいです。
それにしても、当麻はどれだけフラグ立てれば気が済むんだろう…?敵とまで普通にフラグ立てるのは、流石にやり過ぎかな。
なんだかんだいいながら、続きがとても楽しみな本作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/09 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/11 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/24 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/06 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/09 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/26 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/30 02:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/05 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/04 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/24 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/06 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/08 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。