サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/540p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-215821-9
文庫

紙の本

CIAは何をしていた? (新潮文庫)

著者 ロバート・ベア (著),佐々田 雅子 (訳)

CIAは何をしていた? (新潮文庫)

税込 901 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

CIAに抱くイメージを打ち砕き、現状を示すノンフィクション

2006/07/04 01:29

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 CIAと聞くと、やはり諜報世界の雄として想像しえないほど各国の事情に通じ、様々な工作を行っている姿が思い浮かぶ。その知名度と存在感から陰謀論やフィクションの舞台にもなっている。陰謀論の真否はともかくとして、それだけ注視されるということは、それに相応しい力があるからだろう。
 そんなCIAで活躍したロバート・ベアの怒りに満ちた告発である本書を読むと、我々が抱くイメージが過去の残滓に過ぎないことが分かる。あの911も、CIAには食い止める能力も気概もなかったというのだ。
 本書はロバート・ベアがいかにしてCIAのエージェントになったのか、に始まり、中東などでの活躍をつづった後、失意のうちに辞職するまでの歴史である。フセイン暗殺未遂事件など、手に汗を握るようなシーンもあればワシントンでの政治闘争もあるのでエピソードとして面白いものが沢山ある。
 しかし、驚かされるのはCIAはいつしか官僚主義に陥っており、国民の命や安全よりも石油メジャーの利得を守らんとするようになっているということだ。いつの間に、諜報界の巨人は官僚主義の権化と化してしまったのか。
 それを語るのに、著者は最適な位置にいる。CIAが理念を持って危険にも立ち向かった時期に入局し、図体が大きいだけのただの政治勢力になってしまう姿を目の当たりにし、その変貌に付いていけずに離れることになったのだから。
 数多のスパイ小説より面白く、ワシントン情勢を語るノンフィクションに劣らず現実を知ることができる。諜報の世界を覗き、陰謀と破壊と力と政治の入り乱れる様を横目に見ながら冒険小説をすら上回るシーンを目の当たりにできる。一冊でいろいろな楽しみ方ができる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/25 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/28 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/19 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/24 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/26 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/05 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/24 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します新潮文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。