サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 新潮社の通販
  6. 新潮文庫の通販
  7. ダーク・タワー 1 ガンスリンガーの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダーク・タワー 1 ガンスリンガー(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/412p 図版6枚
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-219339-1
文庫

紙の本

ダーク・タワー 1 ガンスリンガー (新潮文庫)

著者 スティーヴン・キング (著),風間 賢二 (訳)

ダーク・タワー 1 ガンスリンガー (新潮文庫)

税込 802 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

うーん。

2012/07/30 14:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MOG - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな大好きなスティーブン・キング。
だが、彼は当たり外れが大きい。
と言うより、長編なんかは、一気に読ませる名作か、途中で中だるみして
最後もグダグダになってしまう駄作かの両極端だと思う。

今回のダーク・タワーは、ずっと読みたくて読みたくて、でも何だろう、
好物は最後に食べる感覚でずーっと読まずに温めていて、満を持して
購入した感じです。

シリーズを通して、あの世界観は大好きでした。
あの世紀末的な世界観はすごく好みでした。

だからぐんぐん引きつけられて、途中中だるみもあったけど、どんなラストに
なるんだろうとワクワクして睡眠時間も削って読んだのに、、
ラストはこれかよーーーー!って感じでガッカリ。。

途中あれだけ盛り上がった感があったので、消化不良な感じが残りました。
でも、途中の盛り上がりとワクワク感は彼だからこそ出せたと思うので、
それだけでも良かったかな。うん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ええ、この巻だけ申し訳ないけれど★三つ。でも、宣言しておきますが、続巻の『運命の三人』は★五つですから、ご安心を。やっぱり、プロローグだけでは面白いわきゃないですよ、キングでも

2006/02/26 21:25

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、この文庫版は以前、角川書店からハードカバーで出ていたものの文庫化ではありません。1970年から2003年まで30年以上の時間を費やして書かれた長編を、完結を機に最初の巻から全面的に手を入れたのがこの文庫で、それ以前のオリジナルが角川版ということになるそうです。その経緯は「前書き」に詳しいです。そこには、角川版の訳者が池央 耿で、今回は翻訳者まで変っていることも書かれています。
この文庫に「はじめに」、「まえがき」といった、ともに2003年のキングの文章がついているのは、そういう意味なのです。この巻のオリジナル原書が出たのは1982年ですが、1970年には構想が出来はじめていたとあります。キングはまだ学生だったというのですから驚きです。
キングが60代になって初めて当時の年齢を振り返る、その時間の重さが「はじめに」に滲み出ています。二度と戻ることの無い19歳という意味、その普遍性に改めて驚かされるのは私だけでしょうか。ちなみに、全巻の出版年を書き出しておけば『ガンスリンガー』が1982年、以下『運命の三人』1987、『荒地』1991、『魔術師と水晶球』1997、『カーラの狼』2003、『スザンナの歌』2004、『暗黒の塔』2004、となっています。
70年代、ウッドストックとともに若者を熱狂させていたのがトールキンの『指輪物語』、そしてマカロニ・ウエスタン。トールキンの傑作を全く違う手法で乗り越えることができないか、そういう意味合いで書かれたのがこの物語、と知れば思わず期待が高まろうというものです。
ただし、あとがきにもあるように、序章でしかない、という気がしますね。ローランドと少年との経緯も、この後、ずっと主人公についてまわり一種、トラウマのようになるわけですけれど、それもここでは、え?という感じで終わっています。ですから、私などはこの次『運命の三人』のあまりの面白さに、そうか、訳者がいいたかったのはこれか、と唸ったわけです。そこのところは、また『運命の三人』で語ります。
本から、紹介文を引用すると
「なにもかもが奇妙に歪んだ地、この世ならぬ異郷で〈黒衣の男〉を追い続ける孤高の男がいた。最後の〈ガンスリンガー〉、拳銃使いのローランド。彼はひとりの少年と出会い、ともに旅を続けるが 。〈黒衣の男〉とは何者なのか?ローランドの過去とは?そして〈暗黒の塔〉とは・・・・・・?幾多の謎を秘めた壮大な探求の旅、ダーク・ファンタジーの金字塔が、いま開幕する![全7部]」
カバー装画 Steve Stone、カラーの口絵イラストは Michael Whelan で、見開きのものも含め5葉のものがついている贅沢さです。
内容を全く予感させませんが、とりあえず目次を書いておけば、はじめに「十九歳について(および、いくつかその他のこと)」、前書き、第一章 ガンスリンガー、第二章 中間駅、第三章 山中の神殿、第四章 スロー・ミュータント、第五章 ガンスリンガーと黒衣の男、訳者あとがき、となっています。さあ、以降をより楽しむために、第一巻を何とかクリアしましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/27 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/26 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/16 07:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/28 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/27 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/06 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/10 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/20 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/10 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/17 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/09 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/04 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/09 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。