サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ネコソギラジカル 下 青色サヴァンと戯言遣い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ネコソギラジカル 下 青色サヴァンと戯言遣い(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 166件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/373p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182400-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ネコソギラジカル 下 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

著者 西尾 維新 (著)

「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」 「狐面の男」は「ぼく」に断言する。玖渚友との決別、想影真心の暴走、復活する哀川潤。そして…。「戯言...

もっと見る

ネコソギラジカル 下 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

1,166(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

戯言シリーズ (講談社ノベルス) 全9巻完結セット

  • 税込価格:9,61289pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」 「狐面の男」は「ぼく」に断言する。玖渚友との決別、想影真心の暴走、復活する哀川潤。そして…。「戯言シリーズ」最終楽章3部作、ついに大団円!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西尾 維新

略歴
〈西尾維新〉1981年生まれ。2002年「クビキリサイクル」で第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー166件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

内容紹介

2005/10/19 17:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:講談社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」“人類最後の遊び人”たる「狐面の男」は「ぼく」こと“戯言遣い”に断言する。玖渚友との決別。想影真心の暴走。そして、復活する哀川潤……。シリーズすべてを貫く伏線の楽譜(スコア)は絡まり合い、一気に奔流(クレッシェンド)をはじめる! そして、そして、そして、そして、そして──、ゼロ年代の小説界を駆け抜ける新青春エンタの決定版中の決定版、〈戯言シリーズ〉、その最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作、ついに大団円(フィナーレ)! 完全燃焼、西尾維新!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この、ラストにやられた。

2005/11/09 22:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 狐面の男とふたたびあいまみえる「ぼく」こと戯言遣い、いーちゃん。赤き制裁vs橙なる種、の決着もついて、戯言シリーズ堂々のフィナーレ!
 こ、こ、このラストはぁーっ!ファンにはグゥの音も出ないカンペキなラストなわけで…いやぁ心憎い。今までの残酷さはなんだったのか、というようなオチに呆然、なのだった。
 今まで読んできて、それは人殺しすぎなんじゃないのとか、ヒロインの言葉遣いが頭痛くなってついていけませんとか、いーちゃんのドライかと思うと瞬間湯沸かしブチ切れる性格がワケわかりませんとか、数々のなぜ、ナゼ、何故?!をかかえつつ突き進んだシリーズ、好きなキャラが惨死したりした時は読むのやめようかと思ったこともあったけれど、こんなラストが待っていたならラストまで付き合った甲斐があったと思う。でも解かれぬ謎は謎のままなのね。外伝とか続編もまだまだありそう。
 毎回エキセントリックなヒロインといーちゃんとのふわふわくすぐったい関係が見所であった本シリーズ、実はいーちゃんの成長物語だったのだなぁと、「クビキリサイクル」あたりから思うようになった。最終巻である本作を読んで、その思いを強くした次第。いーちゃんが選んだ結末を、私は熱烈指示する。今まであんまり君のこと好きじゃなかったけど、見直したよ、いーちゃん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“戯言遣い”の魔術に抗う術無し。

2005/11/14 12:33

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 正直言って、ホッとした。
 重苦しい再現を際限なく繰り返しながら、それでも賢明で懸命な《ぼく》の物語が、ようやくにして終わるというのだから。
 懐疑、疑惑、詐欺、欺瞞がシリーズ全編にちりばめられ、不幸に不幸を塗り重ね、不運に不運を積み重ねる、一般人ならば間違いなく裸足で逃げ出してしまう経験と体験の物語。無関心を貫きたくても無関係ではいられなくて、《ぼく》もその周囲の人間もが、否応なく何事かに巻き込まれてしまう。最後の『ネコソギラジカル』上・中・下巻でもそれは徹底され、“不幸の集大成”であるかのような状況が訪れた。
 不幸な状況は相変わらずだが、『ネコソギラジカル』三作が他のシリーズ作品と違うのは、《ぼく》が生き生きとしていることだ。活発ではないが活動的で、消極的にではなく積極的に関わろうとしている。物語の中心として活動する者を主人公とするならば、最後の最後でやっと主人公らしくなったということだ。
 第一作の『クビキリサイクル』以来、我々読者は、どうやら魔術にかかっていたようだ。突然突きつけられる残酷表現に感覚を麻痺させられ、判断力が鈍っているところに不幸と不運をこれでもかと詰め込まれた。「簡単に人が死ぬのは嫌だ」「残酷な死に方はもう嫌だ」「自分で自分を傷つける姿など見たくない」読み終わった瞬間にはそう思っても、次回作に期待を膨らませてしまう。完全に虜になってしまった証拠だ。
 本書『ネコソギラジカル』下巻において、物語はようやく未来へと動き出す。《ぼく》も、《ぼく》を取り巻く人々も。とはいえ、ストーリーのスタンスは同じで、相変わらず代わり映えのしない世界が続くのであろう。でも、もしかすると……いやいや、予定を予想不能の未来を予測するなど、それこそ戯れ言になってしまう。
 この“戯言遣い”シリーズは全てが戯れ言。
 徹頭徹尾、戯れ言だったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/10 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/24 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/19 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/04 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/10 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/13 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/20 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/11 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/11 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/15 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/18 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む