サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 女性向けコミック
  4. ふしぎ遊戯玄武開伝 5 (少コミフラワーコミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ふしぎ遊戯玄武開伝 5 (少コミフラワーコミックス)(少コミフラワーコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ふしぎ遊戯玄武開伝 5 (少コミフラワーコミックス)

著者 渡瀬 悠宇 (著)

ふしぎ遊戯玄武開伝 5 (少コミフラワーコミックス)

421(税込)

ふしぎ遊戯 玄武開伝 8

432 (税込)

ふしぎ遊戯 玄武開伝 8

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ふしぎ遊戯玄武開伝 5 (少コミフラワーコミックス)」が含まれるセット商品

ふしぎ遊戯玄武開伝(フラワーコミックス) 12巻セット(フラワーコミックス)

ふしぎ遊戯玄武開伝(フラワーコミックス) 12巻セット

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

紅南国へ

2016/09/04 10:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

6人目の七星士・牛宿登場! 大杉さんとの別れが切ない。現実世界に戻ったのに再び本の世界へ。リムドと多喜子は気持ちを確認し合ったけど、巫女と七星士・女宿の立場になるとそれ以上は許されないのが悲しい。6人目の牛宿を仲間にするため、紅南国の遊郭に潜入する女宿と多喜子。紅南国の服屋の店員は柳宿!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

巫女の宿命

2016/08/28 11:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

星還りの儀式が綺麗。大切な「家族」を失ったばかりなのに、太一君から神獣を召喚した巫女の宿命を聞き、七星士達は多喜子の事を想って冷たく接する。「元の世界に帰れ」とリムドまで突き放す。「例え生涯会えなくても生きてさえいてくれれば」次に待ち受けていたのは、やはり危宿との対立ですね。テグとハーガスの過去がほんの少しだけ明らかに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/01 02:24

投稿元:ブクログ

多喜子と女宿がようやく両想いに。牛宿がおばちゃんなのは、読んでてすぐわかったけど、こーゆーキャラで来たのは意外だった。こういうのが、ありきたりの少女マンガとちょっと一線を画してて、渡瀬のおもしろいトコロだなあ。・・・ていうか、玄武七星士バラエティに富みすぎ。朱雀編に出てきた二人以外では、まともに少女マンガらしいキャラって、ヒロインの相手役の女宿だけじゃん・・・今んトコ。ところで7人目はやっぱりあのヒトですかね。

2005/12/01 22:58

投稿元:ブクログ

斗宿がなんかおもしろい…(笑)牛宿探しで遊郭潜入の話はなんだか昔のふし遊の雰囲気が出てて楽しかったです。

2005/12/01 16:43

投稿元:ブクログ

元の世界に戻った多喜子に、もう本の中へは行くなという父。父は巫女の最期が生贄になることを知っていた。父との確執は薄れたけど、また本の中に戻ってしまう多喜子。女宿と両思いになりますが、、この「玄武開伝」の話のほうは、巫女と七星士の立場をわきまえて(笑)、我慢しているし、多喜子の性格からして、こっちのシリーズのほうが私は気に入ってます。主人公の性格がネックで、まだ「玄武開伝」を読んでない場合は、ぜひご一読を!

2005/12/26 04:48

投稿元:ブクログ

不思議遊戯の玄武の巫女さんのお話です。基本的に不思議遊戯と同じ設定なんですが、私はこっちの巫女さんの方が好きです。たくましいし、男への愛だけのために動いてるわけでもないので・・・。


5巻:よかったです♪やっと七星士のなかにも女の子が加わるかも!

2007/03/10 23:16

投稿元:ブクログ

古本屋で1巻〜4巻まで2冊200円で売っていたのを退屈しのぎに買ってみたら、結構面白かった。アジア系ファンタジーが好きなのだと実感。知らずによんだけど、有名な作品の続編のようだ。

2006/05/09 15:06

投稿元:ブクログ

今日読み直した。
もともと最初の話が好きで気になって買い始めた。
やっぱり渡瀬さんの絵と話が好きだ。ギャグはちょぉぉぉぉっと頂けないけど。
今のところ紫義が好きです。笑顔を絶やさないなんて悪人めいていて良すぎ!

朱雀は星宿。青龍は心宿。が好きだった。
二部から出てきた斂(レン? 字が解らん)も好きですよ。

2006/03/24 20:35

投稿元:ブクログ

ふしぎ遊戯の昔の話。
以前のふしぎ遊戯の中で話が出てきます。
どこでつながるか注意しながら読んでます♪

2006/05/16 12:59

投稿元:ブクログ

ふしぎ遊戯の前の話を書いた漫画....ふしぎ遊戯を読んでから読むのがオススメ♪答え合わせにいい♪
めっちゃ最高の渡瀬ワールド☆

2006/09/11 02:08

投稿元:ブクログ

「ふしぎ遊戯」から長い時をへて
玄武編!!
まさかまた「ふしぎ遊戯」の世界でにリアルタイムで触れることが出来るなんて夢にも想いませんでした。

でも玄武の巫女のラストを知っているだけに
読むたびに、七星士がそろっていくごとに悲しさを感じます。

2007/02/13 12:53

投稿元:ブクログ

最近たまたま玄武編読みました。
朱雀・青龍編の時かなりファンだったので。
今、朱雀・青龍編読み返してます。

2009/03/06 08:24

投稿元:ブクログ

それまでのが現代だったのに対し、
今度の主人公は少し昔の時代の女の子。
本の世界に取り込まれた女の子が、
お母さんを生き返らせようと、がんばる話?
とっかかりとしては、こっちのほうが
悲壮感ありますな。

話としては思ってた以上に面白いです。
長期連載の後の、同じ世界観での新連載って、
エピソードが枯れてることが多いんだけど、
主人公も相手の男もぜんぜん性格が違うので、
同じパターンを繰り返されてる感覚が少ない。
そこがポイント高いかも。

あいかわらず彼氏の台詞が
砂吐きそうで、すっごくなつかしかったです。
私はこういう甘ったるい台詞は苦手なんだけど、この作品はなぜか許せる。
ていうか、逆にコレが無いと物足りない。
なんでだろうね。

とりあえず、続きは読んでみたい感じ

2012/06/03 14:41

投稿元:ブクログ

再読日:2012年6月3日
これまで忙しない展開だったので今巻は小休止的な感じです。
多喜子とお父さんの距離が少し縮まって安心しました。
お父さんは消して悪い人ではありません。
ただ、娘との接し方が解らないだけです。

そして祭でのアイラの行動力に驚きました。
もっと大人しくて控え目だと思っていたので。

2011/07/09 23:54

投稿元:ブクログ

元の世界に戻ってしまった多喜子ですが、父と和解し、またすぐに戻ることができたようですが、あのとき吹いた風はなんだったんでしょ。

結構時が経ってしまっているかと思ったけど、まだ戦闘しているところに戻ることができ、モウも倒し、この話は終了です。
斗宿の妹アイラが虚宿に好意を寄せていて、それに戸惑う虚宿がかわいいです。

一行に斗宿も加わり、6人目の七星士を捜しに、「ふしぎ遊戯」の時の舞台だった紅南国に向かいましたけど、次の舞台は遊郭。遊郭の女主人が初の女性七星士、牛宿のようですが、このおばちゃん、一筋縄ではいかなさそうです。

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む