サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 千住家にストラディヴァリウスが来た日 Stradivarius“de Duranty”1716

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

千住家にストラディヴァリウスが来た日 Stradivarius“de Duranty”1716
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-300211-5
  • 国内送料無料

紙の本

千住家にストラディヴァリウスが来た日 Stradivarius“de Duranty”1716

著者 千住 文子 (著)

ヴァイオリニスト・千住真理子が巨匠ストラディヴァリ製作のバイオリンを手に入れた。300年の眠りから目覚めた名器は、いかにして千住家の一員となったのか。真理子の母が綴る感動...

もっと見る

千住家にストラディヴァリウスが来た日 Stradivarius“de Duranty”1716

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヴァイオリニスト・千住真理子が巨匠ストラディヴァリ製作のバイオリンを手に入れた。300年の眠りから目覚めた名器は、いかにして千住家の一員となったのか。真理子の母が綴る感動のドキュメント・エッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

千住 文子

略歴
〈千住文子〉エッセイスト、教育評論家。夫・鎮雄とともに、日本画家の博、作曲家の明、ヴァイオリニストの真理子を育てた。著書に「千住家の教育白書」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

私には楽器の良し悪しを聴きわける耳はない。けれど、このヴァイオリンは確かに凄いのだろうと思う。

2006/01/29 21:39

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久々に勇気をもらった。自分で選んだ道であるなら、どんな困難にも怯まず突き進むべきなのだ。結果はどうであれ、そのことが人生の勲章なのだと思った。
本書は、ヴァイオリニスト千住真理子氏が、名器ストラディヴァリウスと出会い、困難を乗り越え手に入れるまでを、母親である文子氏が描いたドキュメント・エッセイである。プロフェッショナルとして立つ者の覚悟と、家族の絆と愛情、ヴァイオリンの魅力が詰まっていて、ハラハラしたりホロリときたり、最後まで一気に読んでしまった。
 困難を乗り越えてと書いたが、運命が味方するかのごとく、ストラディヴァリウスは真理子氏のもとに引き寄せられてくる。買入れ交渉エントリーナンバー4の彼女のもとまで、ヴァイオリンはスルスルとやって来て、あなたに時間をあげると言わんばかりに、日本での滞在日数を延ばしてくれる。そのあたりの展開は、おとぎ話のように不思議でロマンチックだ。そしてまた、ストラディヴァリウスを千住家の一員とするため奔走する人たちの、なんと愛情深く誠実で粋なことだろう。綺麗ごと過ぎると、受けつけない人もいるだろうが、ストラディヴァリウスを借りに行くため新しい背広を仕立てたC氏や、足を棒にして融資先を探してくれた会計士など、その姿を思うと、胸がジンとする。
 最後に立ちはだかるのは、お金の問題だ。億という単位の莫大なお金を、いったいどう工面するか。銀行の融資を受けようにも担保のない個人では難しい。借入ができても、今度はその借金を背負っていかなければならない。おそらく一生。それだけの覚悟が、情熱があるか? 真理子氏は、ためらわず怯まず突き進んでいく。
 私には、楽器の良し悪しはわからないと思う。100万円のヴァイオリンと1億円のヴァイオリンを聴き比べても、違いがわかるかどうか……。だがそれは、ストラディヴァリウスを手に入れようと奮闘する千住家の面々に対する共感と応援の気持ちを、いささかなりとも損なうものではなかった。ストラディヴァリウス「デュランティ」300年の眠りからさめた音色を聞いてみたいと、素直に思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/12 14:06

投稿元:ブクログ

心が響くということ。親の姿勢が、子供に影響するということ。芸術を知るということは、心を磨かなくてはいけないということ。

2012/02/27 20:52

投稿元:ブクログ

「自分に対しては厳しく、同時に謙虚な姿勢を前提にしてこそ、人間は成長するのである。人間として磨かれて立派に生きる」
これらの言葉が心に刺さり、メモした。
家族愛に感動した。一人一人が家族の一員であり、子どもだから、大人だからというくくりをしない。協力し合える家族がいい。
借金の印象がまるで違う。こういう借金がいいと思った。
お金は良薬にも毒薬にもなる。
自分に持てるだけしかもてない・・・これは正月のサッポロビールCMで言っていたビートたけしが重なった。
近道はいけない。楽なほうを選ぶのはいけない。
コンサートに行ってみたい。
ストラディヴァリウスを聴いてみたい。

2012/06/14 15:51

投稿元:ブクログ

あっと言う間に読了。
母さん頑張りましたね。子育ても、介護も。

芸術にはお金がかかる。大学教授の家庭でも経済的には苦しかったと、記載されている。

2010/08/16 22:36

投稿元:ブクログ

思ってたより面白かった。
千住真理子さんの演奏を聴きたくなった!こんどぜひ機会を作って聴きに行くぞ。

たかが楽器、されど楽器。神秘的だわぁ。
楽器だけじゃなくて、音楽が、芸術が、人間の考えをはるかに超えた大いなる奇跡なのかもねぇ。

千住家のお父さんもお母さんもご立派。そして何より3人のこどもたちが本当に立派。さぞかしご自慢の息子さん娘さんだろうなぁ。

2012/06/10 16:54

投稿元:ブクログ

巻末の母娘対談のホノボノ感がいい。

芸術一家ってすごいね。
華々しい世界に見えて芸術家は大変なんだなと改めて
思わされました。

あとは親子の関係、教育について考えさせられる。

CDも聴いてみたくなる一冊。

クラシック・オペラ ランキング

クラシック・オペラのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む