サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天の声
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:20cm/406p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-336-04503-8
  • 国内送料無料

紙の本

天の声 (スタニスワフ・レムコレクション)

著者 スタニスワフ・レム (著),深見 弾 (訳),沼野 充義 (訳),吉上 昭三 (訳)

ニュートリノによって送られてきた謎の信号を読み解く冷戦下の科学者たちの生態を描く「天の声」と、ナポリで起きた中年男の連続怪死事件をめぐる確率論的ミステリ「枯草熱」を収録。...

もっと見る

天の声 (スタニスワフ・レムコレクション)

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニュートリノによって送られてきた謎の信号を読み解く冷戦下の科学者たちの生態を描く「天の声」と、ナポリで起きた中年男の連続怪死事件をめぐる確率論的ミステリ「枯草熱」を収録。サンリオSF文庫に収録された長篇の復刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スタニスワフ・レム

略歴
〈スタニスワフ・レム〉1921年旧ポーランド領ルヴフ生まれ。ヤギェウォ大学で医学を学ぶ。「金星応答なし」で作家デビュー。小説から離れた現在も独自の視点から科学・文明を分析。著書に「ソラリス」他。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

SF小説という枠を完全に超越してしまった、偉大なる作家の傑作。

2009/07/19 22:44

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:反形而上学者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

多くのSF小説ファンが、名前を聞くだけで敬遠してしまう作家、それが、スタニスワフ・レムではないであろうか。
レムの最も有名な作品となると、いわゆる「三部作」の中の『ソラリス』であろう。二度も有名な監督によって映画化されているし、いわばレムの代名詞的作品といえよう。
本書に掲載されている2編は、「三部作」よりも後に書かれ、レム自身も小説という表現形態を棄てようと考えていた時期に当たる。そして、ここでの2編は非常に対照的な作品であると言えるだろう。
『天の声』は簡単にいうと、宇宙からの微弱な電波を捉えて、地球外生命体からの発信されたと思われる電波を分析していくという内容である。しかし、小説としての物語性はかなり希薄で、主人公である研究者の回想という形も手伝って、極めて思弁的・哲学的な内容になっている。そういう意味では、読者にとってはかなり読み進めるのが困難な作品かもしれない。
1983年のニューヨークタイムズ紙によるインタビューにレムはこう答えている。
質問「『天の声』の語り手、ピーター・ホガースは、あなたご自身の視点を体現しているのですか?」
レム「ええ、ホガースは僕です。あの作品ほど主人公と全的に、擬装もせずに一体化したことは、ありませんでした。」
研究者であるホガースは、作品中でかなり哲学的な意見を言うが、それは全てレムの思想であったわけである。
さて、もうひとつの作品『枯草熱』は、元宇宙飛行士である主人公が同様に発生した原因不明のいくつかの死亡事件の調査依頼を受けて、ある死亡者と同じルートを辿る生活を再現してみるが、最後には驚くべき結末が待っていた・・・という、一転して読み始めると止らないようなミステリー調の小説である。
このように対照的な2作品であるが、非常に作品レベルの高い小説と言えよう。
ちなみに、レムは1980年代にノーベル文学賞の最有力候補として、最後まで選考委員たちの議論を呼んだが、けっきょく惜しくも受賞を逃した。まことに残念なことだった。
このノーベル文学賞レベルの作家の小説を、ぜひとも多くの人に読んでもらいたものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天の声をはじめとするあらゆるものごとに対する考察だけでできている小説と新本格ミステリのカップリング

2005/12/03 21:29

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『天の声』
「マスターズ・ヴォイス計画は、いわゆる〈星からのメッセージ〉と称されるものの全面的な研究であり、それと同時にその解読の試みでもある。」

 亡くなった数学者が書き記した、その顛末というのが本書です。まずは編者による序文。そして数学者による序文。ようやく本文に入ってからも、何章にもわたって思弁的な文章が続き、ようやくストーリーの本題に入るのが、上に引用した第五章です。

 ようやく、といってもそれ以前がつまらないということはなく、語り手の数学者はなかなかに哲学者でありかつ名言家です。

 たとえばこう。「たいていの者は、さんざん追従を聞かされたらだれだってよろこんで飲みくだすものだと思っている。(中略)ほめることができるのは——それを言うためには——上から下へであって、下から上へむかってではない。」

 あるいは——「懐疑主義とは、とめどなく顕微鏡の倍率を上げていくのに似ている。つまり最初は鮮明だった像も、しまいにはぼやけてしまう。極限まで小さい対象は見ることができないからだ。それが存在することはただ推測するしかない。」(※これなどは『枯草熱』にも同じような表現が使われていたことからすると、レムお気に入りのレトリックだったのでしょうか。)

 第五章からも波瀾万丈のスペクタクルが展開するわけではありませんが、理詰めで進められるメッセージ解読の様子はけっこうスリリングでわくわくしました。

 全編思弁的な語りで占められているので、解説者の方も書かれているとおり、「小説としてはややとっつきにくい印象を与える」のは事実でしょう。『ソラリス』には少なくとも「海」が存在していましたが、本書に登場する〈天の声〉のは果たしてメッセージなのかどうかも不明——単なる雑音かもしれない——というところからスタートします。仮説に仮説を重ねる推理合戦みたいなもので、いわば架空の科学的事件に対する科学的アプローチの顛末が、SF的ストーリーとは切り離されて純粋に楽しめるわけで、論理好きや思弁好きにとってはおいしいとこ取りと言えなくもありません。

 宇宙からのメッセージというSF的ガジェットを通して、最終的には人間の存在についての考察にまで至ってしまう論考は読みごたえがありました。なにぶん老学者の一人称ゆえ、ところどころで長い独り言を聞いているみたいに感じてめげそうにはなりましたが。

『枯草熱』
 こちらの方が万人向けです。不可解な謎に対する科学的アプローチという基本構造自体は二作に共通しているのですが、こちらの方がストレート。『天の声』の語り手はかなり饒舌なので、あっちこっちで脇道に逸れる嫌いがあります。脇道、といってもそれは「天の声の謎」→「解決」というラインを想定した場合の脇道であって、思弁部分こそが著者の書きたかったことだと捉えれば脇道でもなんでもないんですが。実際、その「脇道」部分が面白かったりもするわけですし。

 それはともかくこの『枯草熱』にはその「脇道」部分がないので、難しいことを考えずともぐんぐん読めるミステリとしても楽しめます。『ブレードランナー』とか『12モンキーズ』(『ラ・ジュテ』)みたいな雰囲気のハードボイルド・サスペンス・タッチでスタートし、やがてロジックの冴え渡る本格ミステリに。中年男の連続怪死事件に潜むミッシング・リンクとは?

「確率論的ミステリ」などというといかにも難しそうに聞こえますが、なんのことはない、新本格ミステリを読み慣れている方なら何の障害もなく楽しめるでしょう。というか、著者や作品に対する何の前知識もないまま本作を読めば、これは間違いなく新本格ミステリです。時代がようやくレムに追いついた、ということでしょうか。けっこうバカミスでもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/15 12:25

投稿元:ブクログ

この話には、相互理解の出来る異星人はいない。侵略も征服も無い。異形は我々とは全く違う作法でただそこに横たわり、人間は自らの肉体に起因する「理解できる限界」に気付き愕然とするだけ。限界を超えた物を、我々は語り得ない。出来る事は沈黙だけ。ひたすらみっちりとメタ学問をする超地味系超ハードSF天の声。素敵です。

2010/06/26 11:31

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
偶然捉えられた地球外からの信号を解読するために一流科学者たちのチームが結成された。
しかし、信号のわずかな部分の情報からコロイド状の物質はつくり出すものの、事実を解明できぬまま、やがて計画全体が政治家の思惑に翻弄されていく…。
大物数学者の遺稿というスタイルで人間の認識の限界をもあぶりだす長篇『天の声』と、ナポリで起きた中年男の連続怪死事件をめぐって、捜査の依頼を受けた「枯草熱」(花粉症のようなアレルギー)の元宇宙飛行士が、男たちの足跡をたどるうちに自ら予想外の出来事に巻き込まれていく確率論的ミステリをカップリング。
かつてサンリオSF文庫に収録された後期レムを代表する二つの長篇をまとめて復刊。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2011/07/11 21:43

投稿元:ブクログ

「天の声」はp40まで我慢して読めばそこからかなり面白い。
〈かりに今われわれが十億分の一の早さで、十億倍も長く生きるとすれば、その場合の一秒はまるまる一世紀に相当し、大陸が激しく変化していく様子を目のあたりに見て、てっきりそれが変動の過程にあると思いこむにちがいない。つまり、大陸がまるで滝か潮流のように目の前で動くからだ。逆に〉
というような固定観念をとっぱらうくだりに遭遇するとドキドキしてしまう。しかし、物語中では偏見をとりはらうことで逆に混沌とした状態に陥る。実際に宇宙から信号がおくられてきたとしたらこういうことだよなと納得してしまう傑作。
「枯草熱」はコウソウネツと読むのだそうで花粉症のようなアレルギーのことらしい。これは連続怪死事件をめぐるミステリーで、ちゃんと最後に答えは用意されているけれどミステリー好きにはキョトンとしてしまうような真相かもしれない。しかし、0と1をランダムに表示していくと何兆個表示する間には0が何万個続く区間もあるということを考えればこれは実は世界をリアルに表した小説かもしれない。

2015/05/15 19:05

投稿元:ブクログ

『スタニスワフ・レム・コレクション』の1冊。暫く品切れだったが、『短篇ベスト10』の刊行が決まって重版された。
『天の声』は『ソラリス』などに代表されるファースト・コンタクトもの。既存の作品と同様、コンタクトは失敗を運命づけられているが、本作を特徴づけているのは、『果たしてこれは本当に「コンタクト」なのか?』という根本的な部分に関する疑問だろう。レムのファースト・コンタクトものの中で、『ディスコミュニケーション』というテーマに最も近い1作。
『枯草熱』はサスペンス風の長編。但し、ミステリだと思って読み始めると、解決編でぶっ飛ぶことになるw 寧ろこれは現代社会に対する思考実験を繰り返した結果なのでは? 因みに原題を直訳すると『花粉症』になってしまうらしい。一気に身近になってしまうから不思議w

2016/02/18 13:26

投稿元:ブクログ

 レム睡眠という言葉を知る前からレムは知っていたし、ピクルスがどういう食べ物か知る前から宇宙飛行士ピルクスを知っていた。レム・コレクションもかなり買っているのだが、例によって積ん読状態。『サンリオSF文庫総解説』で思い出して、同文庫に収録されていた二長編の再録された本書を読む。
 深見弾、吉上昭三、いずれの訳者も物故者であり、沼野充義が古い訳語を直すなど若干の手を入れている。

 まずは『天の声』。宇宙からのニュートリノ波が観測され、ある規則性が見出され,何らかのメッセージであろうということになる。このメッセージを解読する「マスターズ・ヴォイス計画」略してMAVO計画がアメリカ合衆国政府によって立ち上げられる。この計画に参加した数学者ホガースの手記という形をとっている。
 ポーランド語の題名は「天の声」とも「主の声」とも訳せるようだが、蓄音機に耳を傾ける犬のHis Master's Voiceを意識した題名のようである。件の犬は彼の飼い主の声と認知したのだろうか、認知したとしてもその内容を理解はしていないであろう。この宇宙からの「手紙」の一部から「蛙の卵」「蠅の王」と名付けられた有機物質が合成されるが、それが何だかわからず、結局人類は蓄音機に耳を傾ける犬のようにその内容を理解できない。
 とにかく何も起きない。何もわからない。

 『枯草熱』の原題は「カタル」であるが、この言葉はオランダ語から日本に入って、かつては鼻カタルだとか胃カタルなどと使われたもので、滲出性の炎症のことである。「枯草熱」も古い言葉で花粉症のことである。
 「わたし」はアメリカの予備役の宇宙飛行士である。枯草熱のために予備役に回されてしまったのである。「わたし」はナポリからローマに移動するのだが、「最後の日は、いつになく、やけに長い一日だった。特に神経がとがっていたせいでもない。また恐れていたわけでもなかった」という冒頭の含意がわからぬまま、読者は自動車旅行に付き合わねばならない。
 『枯草熱』はある種の推理小説である。「事件」は三分の一くらい過ぎたあたりでようやく開示される。ナポリで何人もの男が不審死していることに気づかれる。共通の特徴があるようなないような。温泉に逗留していた外国人の独り者の中年男性、アレルギー疾患を持っている。禿げている者が多いが全員ではない。死に方は幻覚を見たり錯乱状態になって死ぬか自殺するか助かる。ナポリから無事帰った者の中にも同じ特徴を持った者がいるので、その特徴が意味あるものかもわからない。
 警察の捜査は行き詰まって打ち切られ、納得いかない遺族のひとりが資金を出して探偵社に調査を依頼するが、目立った成果は上がらない。同じ状況を作って何か起こらないかやってみるということになって、「わたし」が「被害者」と同じ行動をとってみることになったというわけだ。
 しかし何も起こらぬまま、ローマの空港で「わたし」は偶然、日本人の自爆テロリストの巻き添えになりかかる。日本人のテロリストなんて今やまるでリアリティがないが、本書刊行時(1976年)にはまだ日本赤軍の活動が華やかだったのだ(と遠い目になる)。パリで「わた���」は犯罪捜査のためのコンピュータ・プログラムを開発中のバルト博士に相談に行くのだが……

 『天の声』ではニュートリノ波の規則性が偶然なのかメッセージなのかわからないのである。『枯草熱』では一連の事件の関連性と見える諸々が偶然なのか真犯人を示しているかわからないのである。かたやSFという形式で、かたや推理小説でレムはわれわれを不可知の中に放り出すのである。