サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~2/28

本の購入で全員もらえる!100万ポイント山分けキャンペーン(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 教育画劇
  • サイズ:27cm/28p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-7746-0661-8
絵本

紙の本

がいこつ

著者 谷川 俊太郎 (詩),和田 誠 (絵)

ぼくはしんだらがいこつになりたい。がいこつになってようこちゃんとあそびたい−。誰かをほんとに好きになったら、怖いものはなにもない。詩情あふれるあたたかな、恋の絵本。【「T...

もっと見る

がいこつ

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

えほんだいすき 第2集 10巻セット

  • 税込価格:14,300130pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくはしんだらがいこつになりたい。がいこつになってようこちゃんとあそびたい−。誰かをほんとに好きになったら、怖いものはなにもない。詩情あふれるあたたかな、恋の絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

谷川 俊太郎

略歴
〈谷川俊太郎〉1931年生まれ。詩人。読売文学賞、日本翻訳文化賞を受賞。
〈和田誠〉1936年生まれ。グラフィックデザイナー、イラストレーター、映画監督。毎日デザイン賞等受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

可愛いがいこつ、ようこちゃんとあそびたい

2019/11/13 23:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

谷川俊太郎と和田誠が組んで作られた絵本はいくつかあるけれど、これもそのうちの1冊。
この二人らしい絵本と言えばそうなのだけれど、それにしても「がいこつ」かあ。
がいこつになって、ようこちゃんとあそびたいという男の子の気持ちが初めから終わりまで貫かれていると、言ってしまえばそれだけの詩で、そこに例のわださんの絵が並んでいる。その和田さんの描くがいこつがまた、とても可愛いのだ。
本の装幀自体も、いかにも絵本といった作りになっていて、見返しにはテキスタイルのように花が並んで描かれているくらいだ。
これはきっと、子どもの方が素直に読んで、素直に楽しめるのだろうなあ。良い歳をした中年が読んでも、雑念が湧いてきて余計なことばかり考えてしまう。そんなことは忘れて、ただただこの絵本そのものを楽しむというのが一番良いのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供の一途な恋ごころ

2016/02/13 02:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ぼくがしんだら がいこつになりたい。がいこつになって ようこちゃんとあそびたい」奇妙だけど切実な子供の恋心を和田誠氏の絵が優しく描きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/13 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/06 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/12 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/29 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/13 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。