サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/433p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7942-1465-0
  • 国内送料無料

紙の本

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの 下

著者 ジャレド・ダイアモンド (著),楡井 浩一 (訳)

問題解決に成功した社会と失敗した社会の違いはどこにあるか。現代中国やオーストラリアの惨状を分析しつつ、崩壊の危機を乗り越える道の可能性を探り、過去の教訓から学んだきわめて...

もっと見る

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの 下

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

問題解決に成功した社会と失敗した社会の違いはどこにあるか。現代中国やオーストラリアの惨状を分析しつつ、崩壊の危機を乗り越える道の可能性を探り、過去の教訓から学んだきわめて現実的かつ建設的な処方箋を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジャレド・ダイアモンド

略歴
〈ジャレド・ダイアモンド〉1937年ボストン生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校地理学教授。「銃・病原菌・鉄」でピュリッツァー賞受賞。他に「セックスはなぜ楽しいか」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

いまさらながら、われわれが進めべき道

2011/02/01 05:07

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書より抜粋。
「雑音の多い変動の中に隠されたそういうゆるやかな傾向のことを、“這い進む常態”と呼ぶ。経済、学校、交通渋滞、その他あらゆる物事が、ただゆるやかに悪化していく場合、平均するとわずかでしかない前年に比べての翌年の悪化を認識するのはむずかしく、“常態”を形作る物事の判断基準が、感知できないほどゆっくり変化する。」
 気づかぬまま徐々に茹であげられるカエルのように、人間をとりまく環境のゆるやかな悪化は、“這い進む常態”として気づかぬまま進行する。
 そして、いつのまにか進行した環境悪化により、人間生活自体が脅かされるようになる。時すでに遅し、手遅れ。多くの文明社会が、栄華を誇った多くの文明が、信じられないほど“あっさりと”崩壊していった。
 人間とは、つくづく“アホ”な動物なんだと思う。茹であげられるカエルの場合、そもそもカエルには罪はない。本人の知らぬ間に、他に所存する意志により水が熱せられるものだから。本人が気づくのが遅れても仕方ない面がある。
 しかし、人間社会における文明崩壊の場合は違う。周囲の環境悪化をもたらしている原因は、自分自身にあるのだから。手遅れにならないうちに気づかなければならない。それは、自分たち人間の生存のためでもあるとともに、この地球に共存する様々な生物たちのためにでもある。この地球に宿を借りる生物種の一つとして、当然持たなければならない礼儀の一つである。
 かつて栄華を誇ったさまざまな人間文明が、いともあっさりと崩壊していく過程を入念に検証した著者は、社会の存続を支える環境資源を住民みずからが意図せずして破壊していく状態を「生態系自死(エコサイド)」と呼んだ。
 過去の社会がみずからの環境を害することによって弱体化する課程を八つの要因に類型化した。
 森林乱伐と植生破壊、土壌問題(浸食、塩性化、地力の劣化など)、水資源管理問題、鳥獣の乱獲、魚介類の乱獲、外来種による在来種の駆逐・圧迫、人口増大、ひとり当たり環境侵害量の増加
 また、現代におおいては、あらたな四つの要因が加わることを指摘した。
 人為的に生み出された気候変動、環境に蓄積された有毒化学物質、エネルギー不足、地球の光合成能力の限界
 現代社会においては、ある程度知られたこれらの項目であるが、その現代社会においても、人類は、これらを食い止める絶対的な方策を未だ得られていない。
 科学文明が飛躍的に発達した現代社会においても、われわれは、過去に文明社会を滅ぼした“未発達な”ご先祖と全く同様に、われわれの社会を滅ぼしてしまうことは時間も問題である。
 われわれは、今更ではあるが何をなすべきなのか。
 逆に上記と相反する道をとり、文明社会の存続に成功した例の一つとして、著者は「江戸時代の日本」をあげる。
 著者は鎖国時代の日本を、「自給自足と意図的な孤絶から成るこの驚嘆すべき体制」と呼び、その“成功”の理由を次のとおり述べる。
「島国という孤絶した状態、ゼロに等しい外国貿易、外国への領土拡大の断念によって、当然ながら、自国の資源に頼らなければならず、他国の資源を略奪して需要の問題を解決するわけにはいかなかった。同様に、将軍が強いた鎖国という平和によって、国民は隣国の木材を奪取して需要を満たすことはできないと知った。外国の思想が入り込まない安定した社会に暮らしていた日本の権力者と農民たちはどちらも、将来が現在と変わらないこと、現在の資源で将来の問題が解決されることを期待した。」
 現代の日本を全く単純に鎖国時代に引き戻すことなどできるわけがない。しかし、過去にわれわれの直接の祖先が成し遂げた“成功”は大いに参考になるし、励みにもなる。鎖国時代の人々が、「孤絶」という逆境の中で、いかに自然や周囲の人々と共生することに努めたか。暖衣飽食とかけ離れた生活の中で、いかに満足を得ようとしていたのか。
 大きな絶望感の中で、わずかな期待と希望がそこに見えるような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/10 21:52

投稿元:ブクログ

一社会としての成功と失敗を分ける肝心な点は、時代が変化した時、どの基本的価値観を保持し、どの基本的価値観を捨てて新しい価値観と置き換えるべきかを知ることだろう。過去60年で世界のほとんでの強国は古くから尊重され、かつての国家のイメージの中心だった価値観を捨て去る一方で、その他の価値観を保持してきた。

2006/02/16 00:52

投稿元:ブクログ

江戸時代の日本では、戦国時代の城郭建設により荒廃した森林環境が徳川幕府の長期視点に立つ育林政策によって再生し、持続可能な森林管理が実現された。文明発展による環境負荷に押し潰され、壊滅した文明がある一方で、このように巧みに対応してきた文明も存在する。下巻では成功例も事例に加え、問題解決に成功した社会と失敗した社会の違いを検証する。守るべき価値観、捨てるべき価値観、これらを見誤ったときに悲劇は訪れる。社会がその決定に至る過程を多角的に鋭く考察している。我々がその他の社会と比べて間違いなく恵まれている点は過去の失敗の知識を世界史というツールで共有していることであり、これをどう生かすかが、問題となる。我々が生活する点でどう行動すれば希望が持てるのか、また大企業と環境の関連について我々一個人はどう立ち向かえばよいのかなどものべられていて、現代人という責任ある文明の担い手としての行動方針の一つのヒントになるかもしれない。

2007/08/01 18:07

投稿元:ブクログ

 企業や国家、酪農家が国家を滅ぼすことは歴史が証明している。
 オーストラリアの事情は非常に役立った。

2010/02/16 23:42

投稿元:ブクログ

マヤ、イースタ、グリーンランド。過去にたくさんの人間社会が崩壊していった原因は何か?について。
環境破壊によって文明が崩壊するケースと、途中で環境破壊をコントロールして持続可能になったケースを紹介。日本の江戸時代の林業は後者に属する。
崩壊の潜在的要因として、環境被害、気候変動、近隣の敵対集団、友好的な取引相手、環境問題に対する社会の対応という5つの枠組みを設定。崩壊するケースでは広範囲に「共有地の悲劇」のパターンがある。
今後、中国をはじめとした膨大な人口層が中産階級かすることでさらに環境被害が高まると思われる。イースター島型になるか?江戸時代の日本のように適応できるか?どちらを選択できるか。

2006/05/06 06:24

投稿元:ブクログ

銃・病原菌・鉄が文明の発展に主眼を置いたの対し、本著は崩壊に焦点をあてている。前回よりも提言がしっかり書かれており、多くの社会を比較して考察した知見が活かされている。一番印象的だったのはハイチとドミニカの事例。同じ島に属す国として、環境要因だけでなくそこで営まれた社会活動の違いが二つの国の命運を分けた。独裁政権は一見悪のように感じられるが、有能な指導者であればそれは必要悪であるという点が新鮮な考え方であった。これかからの世の中を考えていくうえでどのうように崩壊から免れることができるか、筆者は意外と楽観的な考察をしていたが、アメリカの目指す自由を広めていくことは崩壊の道へ突き進んでいる気がしてならない。(2006/3/17読了)

2009/12/26 17:02

投稿元:ブクログ

上巻が過去の文明の話だったのに対して、下巻はルワンダ、オーストラリア、ドミニカ、などの現在も続いている文明の話。だから、少し深刻な話題もあります。
この本を読んで改めて「ホテル・ルワンダ」を観ようと思ったものです。深く考えないといけないなと思わせます(そうは言ってもいつも深く考えられるわけではないのですが)。

上下巻とも少し厚みがあって、ちょっと時間がないと厳しいですが、お勧めです。

2008/03/18 17:44

投稿元:ブクログ

文明崩壊下巻。上巻で主張した文明が崩壊する5つの要因をもっと深めて書いていくのだと思って読むとかなり肩透かしを感じてしまう。現代文明の環境問題について多く書かれていてそれ以外の社会的問題点についてあまり語られていないのが残念。まあ江戸時代の環境に対する取り組みやなぜ成功したのは日本人が優秀だったのではなく環境的と社会的な強みがあっただけという所は面白かったけどね。

2010/04/04 19:13

投稿元:ブクログ

コメントはこちら↓
http://mdef.blog29.fc2.com/blog-entry-17.html

2009/03/29 20:28

投稿元:ブクログ

・東アフリカの人口問題はマルサス的
 フランスの経済学者兼人口統計学者であるトマス・マルサスが人口の増加は食料生産量の増加を上回る傾向にあると論じた。
 人口増加は幾何階級的に食料生産量は算術計数的にしか増えない。

・ルワンダ
 フツ族は農耕民、ツチ族は牧畜民
 フツ族が最初に南部と西部から移住、ツチ族は北部と東部から移住

ドイツ、ベルギーの植民地政府が色の薄い肌でいくぶんヨーロッパ風のため、人種的に優れているとみなし、ツチ族を介して支配。
民族間の差異を著しく強調した。

フツ族→ツチ族を虐殺
6週間で推定80万人のツチ族が虐殺(ツチ族の4分の3)がされた

社会が破滅的な決断を下すのはなぜか

1)問題が生まれる前に、集団がそれを予見することに失敗して、破滅的な行為を起こしてしまう。
 例)オーストラリアに狐と兎を持ち込んだ例
 あるいは誤った類推による判断
2)問題を感知できない
 ・遠くはなれた感知者
 ・這い進む常態(経済、交通、学校などがただゆるやかに悪化していく)
 ・風景健忘症
3)問題を感知したあと解決できない
 「どんな人間も個人としてみた場合は分別があり道理をわきまえているが群集の一員になったとたん愚か者にかわってしまう」

2014/02/18 21:00

投稿元:ブクログ

上巻がものすごく良かったので
下巻はちょっと退屈かも…。話が抽象的だからか。
日本の江戸時代のエピソードよりも
ハイチとドミニカとか
自分がこれまで世界史やニュースで触れてきた世界
以外の話題が新鮮。

2010/08/27 22:07

投稿元:ブクログ

上巻では、アメリカ・モンタナ、イースター島、南太平洋の島々、マヤ文明、ヴァイキング、グリーンランドなどの事例を紹介。
下巻では、アフリカ・ルワンダ、ドミニカとハイチ、中国、オーストラリアの事例と将来に向けて何をすべきかを考察しています。
人類史と環境問題に興味のある方は、必読の本だと思います。

2011/06/05 08:43

投稿元:ブクログ

マヤ、アナサジ、イースター島、ヘンダーソン島、グリールランド、ルワンダ、ドミニカ、ハイチ、中国、オーストラリアを滅んだ国、または滅びそうな国として、崩壊への道筋を仮説として提案している。崩壊を免れた国は、ニューギニア、ティコア、日本がある。

エネルギー源、衣食住源はどこから来るのかを突き詰めると、問題の本質が見えてくる。

非常に抽象度が高い視点から書かれた良書。

2010/04/15 00:55

投稿元:ブクログ

「銃・病原菌・鉄」のダイヤモンド博士の続著。



人類の歴史では、栄華の限りを尽くしていた文明が、ある時点を境に突然崩壊してしまう。ということが、何度か起こっている。

『モアイ像』で有名なイースター島や、南米のマヤ文明など。
今となっては人も住まぬ廃墟になっているが、かつてはそこに、
世界でも最先端の文明が存在していたのだ。

筆者は、世界各地のそうした事象に対して、様々な要因を考察している。

『文明の崩壊』というと、まず思い浮かぶのは、『戦争』だろう。
異なる国々や文明が戦争をし、その過程で破壊と略奪が行われて
一つの文明が滅びゆく姿は、悲惨ではあるにせよ、容易に想像がつく。

しかし、この本では、そうしたことばかりが原因ではないということを
教えてくれる。
なんと、戦争もないのに、住民自らが作り出した原因によって
滅びた文明が歴史上沢山あるのだ。

そもそもそれだけの文明を築くことの出来た人々が、
そのような自滅的行動を取るほど愚かだったのだろうかという疑問が当然沸くが、
その多くは、つまるところ、無意識のうちに自然環境を
劇的に変化させたことに起因している。

緑に被われた楽園だったはずの場所も、無計画に木を切り続ければ、
一本残らず無くなってしまう。
気が無くなる頃には、草も無くなり、
そこに生息していたはずの動物も絶滅し、
そうなると当然食べるものも無くなり…

イースター島の崩壊はそうやって訪れたという。

他にも実に緻密な検証が行われているのだけれど、
つまるところ、自然環境を馬鹿にしていると、
取り返しのつかないことになるということのようだ。

昔から、この手の危機を叫ぶ声に対しては、
『そんなことはない。そのうちそれなりの画期的新技術が開発されて…』
という楽観論にすがりたくなる。

しかし、こと、『資源の消費』という視点で考えたとき、
今の世の中は、かつてのどの時代よりも、激しい消費をしていることは間違いない。

例えば石油。昔から、『あと50~60年でなくなる』と言われていたらしいが、
本当に無くなったら、どうするのだろうか。
高度な技術も、石油がなければ、殆どは何も出来なくなる。

あまり深刻に考えても始まらないが、たまにはこういう本を読んで、
そういうことに関する認識を持っておくというのも大切なんじゃないかと思った。

2012/03/10 14:42

投稿元:ブクログ

かつて繁栄した文明が崩壊・消滅した歴史をたどることで現代にいるわれわれの生き方を考えることができる本

環境・エネルギー・資源 ランキング

環境・エネルギー・資源のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む