サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. グッドバイ 叔父殺人事件

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グッドバイ 叔父殺人事件
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/340p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-562-03966-3
  • 国内送料無料

紙の本

グッドバイ 叔父殺人事件 (ミステリー・リーグ)

著者 折原 一 (著)

叔父がネットで集団自殺。いや偽装殺人だと叔母は言い、ぼくは「捜査」を命じられ、誰かがぼくを狙いはじめた。やはりたんなる「集団自殺」ではなかったのか?【「TRC MARC」...

もっと見る

グッドバイ 叔父殺人事件 (ミステリー・リーグ)

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

叔父がネットで集団自殺。いや偽装殺人だと叔母は言い、ぼくは「捜査」を命じられ、誰かがぼくを狙いはじめた。やはりたんなる「集団自殺」ではなかったのか?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

折原 一

略歴
〈折原一〉1951年埼玉県生まれ。早稲田大学卒業後、編集者に。88年「五つの棺」でデビュー。「沈黙の教室」で日本推理作家協会賞受賞。著書に「冤罪者」「黙の部屋」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

折原らしいな、とは思うんですね。でも、正直、ヘタレの探偵ってのがどうも好きになれない。それから叙述推理だと構えちゃうので、おお、って驚きがない。もったいないかな

2006/01/06 20:33

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーリーグの一冊。装幀はスタジオ・ギブ(川島進)、装画は七戸優。
ぼくの叔父が集団自殺をした。
閉め切ったワゴン車で
練炭を使ったのだという。
ところが叔母は「自殺に見せかけて
誰かが殺したんだ」といってきかない。
こうしてぼくは叔母に命じられ叔父の
死の「真相」を探ることになったのだ。
ぼくは遺族として
他の自殺者の家族と会ううち、
この集団自殺を以前から追いかけて
いたジャーナリストがいたことを知り、
そして、ぼくはなにものかに
監視されていることに気づいた。
やはりたんなる「集団自殺」
ではなかったのか?
ぼくは狙われているのか?
構成は、序説、第一部 叔父の死、幕間、第二部 眠る女、第三部 自殺計画、終幕、ということになっています。
カバーの紹介にある「ぼく」というのが一平です。その一平に探偵させるのが叔母の中西友恵、その夫が富男です。一平から見ると、叔母夫妻というのは金の亡者で、自殺した叔父の羽鳥四郎とともに祖父の遺産にたかり、そのせいで父親の会社は経営難を乗り越えることができずに、母も心労で精神を病んでしまった、ということになります。
といって、一平が立派な人間か?というと、それはかなりあやしくて、祖父が築きあげた会社を引き継ぐレールが外れてしまったせいで、大学も中退して仕事にもつかず、父親の残した僅かな財産を食いつぶしているというのです。だから、突然あらわれて遺産を毟り取っていった叔父から、仕事を持ちかけられると、ほいほいと引き受ける、ある意味ヘタレではあるわけです。
で、叔父と集団自殺をした、という人たちがいます。まず集団の主催者であるミホがいます。年齢は30歳、主婦ですが夫の家庭内暴力の被害者でもあります。つぎが、ひろし、です。あの「ヒロシデス」のヒロシでは勿論ありません、はい。新潟に住む高倉広志、32歳、結婚して娘もいます。自殺を思い立ったのは不倫が原因です。そして茨城に住む21歳のフリーター、雪です。万能の妹桜と何かと比較されることが、彼女を自殺に追いやりました。
読んですぐ目に飛び込んでくるのが、(叔父殺人事件)という断りがついた章は、字体が違う、ということです。もうこれだけで、折原は仕掛けをしてくるな、それは一体どういうものなんだろう、と読者を魅了します。それは、案外裏切られるんですね。予想を外される。でも、それが怒りに繋がりません。
ただし、鮮やか、っていう感じはありません。冒頭から仕掛けてくるな、それならここじゃないか、っていう疑心暗鬼で読んでいますから、どんな手をうたれても、ああそうか、で納得してしまう部分があります。精緻に練り上げられた話だけに、ショックがない、それが勿体無い。でも、ここまでやれば、とりあえずは納得します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/12 21:34

投稿元:ブクログ

新聞の本紹介に載ってたので読んでみた。なんというか、落ちきらないフォークボールのよう。次はカーブかスライダー?と思っていれば、おっ!?と三振くらうかもしれないが、先入観なく見ていればなんてことないスローボール。この球でホームランを打ってもあんまり感激がないというか
‥‥なんとももったいない気がする小説。

2006/07/07 11:38

投稿元:ブクログ

叔父が集団自殺をした。しかし叔母は「殺人」だと疑う。 
僕は真相を調べ始めるが・・・。 
あ〜、なんだか疲れました。
入り込めなかったし・・・・トリック?がいまひとつ面白くない。

2009/10/12 13:14

投稿元:ブクログ

ネットで知り合った人たちと、集団自殺した男。
その甥が、叔母の依頼で「本当に自殺なのか」を調査する話。
なんかいろんな方向に中途半端なままのような気もするけど、最後の急展開はよかった。そうくるとは。

2009/12/29 21:55

投稿元:ブクログ

またしても活字の種類がいくつもある……(笑)。半分引っかからないぞ、と身構え、あとの半分は騙されてやろうかな~と思いながら読みました。……思ったよりはシンプルな構成だったと思うけれど、けっこう騙されたな。