サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 音楽の通販
  5. 平凡社の通販
  6. 北沢方邦音楽入門 広がる音の宇宙への通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

北沢方邦音楽入門 広がる音の宇宙へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:20cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-21967-5

紙の本

北沢方邦音楽入門 広がる音の宇宙へ

著者 北沢 方邦 (著)

熱帯雨林の笛と太鼓、日本雅楽、バリ島のガムラン、そしてモーツァルト、メシアンまで−。「世界の音」が鳴り響く。さあ、音楽発見の旅に出かけよう! 大学での講義をもとにした音楽...

もっと見る

北沢方邦音楽入門 広がる音の宇宙へ

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

熱帯雨林の笛と太鼓、日本雅楽、バリ島のガムラン、そしてモーツァルト、メシアンまで−。「世界の音」が鳴り響く。さあ、音楽発見の旅に出かけよう! 大学での講義をもとにした音楽入門。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

北沢 方邦

略歴
〈北沢方邦〉1929年静岡県生まれ。信州大学名誉教授。著書に「構造主義」「知と宇宙の波動」「近代科学の終焉」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界音楽の響き

2005/12/31 00:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 荘子は音楽を「天(宇宙)の音楽」「地(自然)の音楽」「人間の音楽」に区分した。著者は本書の前半(第一章〜第三章)で、わが国の古代を含む環太平洋文明圏における「スリット・ドラムまたは太鼓という楽器の象徴論」を探る旅をかわきりに、日中の雅楽、バリ・ガムランからインドへと、野生の思考(神話的思考)にもとづく「宇宙論的音楽」の諸相をたどる。後半(第五章〜第七章)では、西欧社会における「人間の音楽」の登場と挫折と没落を、16世紀の宗教改革にはじまり、ロマン派による「主観性の反乱」やドビュッシー、ラベル、ストラヴィンスキーらの「革命」(人間の音楽=主観性の音楽からモノとしての音へ)を経て、二つの大戦後の「記号的ニヒリズム」へといたる一つづきの物語として描いている。そして最後に、音楽における身体性と種族性(エスニシティ)と宇宙論の復権によって音楽という記号の意味の回復をはたす「世界音楽」(ゲーテ・ベートーヴェン的な意味での)を提唱している。
 いずれも濃厚な刺激に満ちた文章だが、とりわけ前半(東方)と後半(西方)をつなぐ第四章「われ楽園にありき──楽園または神の国の音楽」が素晴らしい。そこに描かれた中世イスラームの神秘主義者(スーフィー)たちが奏でる象徴的・抒情的な「声のアラベスク」の物語はこよなく美しい。本書のあとがきに著者は次のように書いている。
《われわれはいまこそいっさいの偏見から離脱し、西欧に限らず世界音楽を「世界音楽」として認識しなおさなくてはならない。
 アフガニスタンやイラクでの戦乱や危機以来、その多くの犠牲や破壊のうえに成立した唯一の収穫は、中近東やイスラーム文明についての知識が、一般的にひろまったことである。だがそれは知識にとどまり、理解にまでいたってはいない。異文化の理解とは、それがわれわれの感性や身体性にまで訴えかけたとき、はじめて生まれるものである。
 私にとっては、イランやアラブの古典音楽に親しみ、イスラーム寺院や宮殿の建築を、その壁のみごとなアラベスク模様、あるいは楽園の模像としてのアランブラやヘネラリーフェの庭園などへの賛嘆があったからこそ、それらの知識は身近なものとなり、イスラーム文明への理解が進んだといえるだろう。
 世界音楽を「世界音楽」として認識する、というのはそのことである。》

 壮大な見通しのうちに人類がこれまで音楽との間に結んできた関係の総体がコンパクトに凝縮された入門書で、その細部を精緻に拡大し、実際の音響体験と著者の深甚な学殖とでもって本書に記載されなかった情報と知見を補填していけば、途方もない書物が完成するであろう。ウェーベルンとアルヴォ・ペルトにこよなく惹かれる私の個人的な関心をいえば、20世紀初頭の「革命」後、「いったんモノに還元した音は、だが二つの方法によって意味の伝達を可能とする」と書かれているところをもっと噛み砕いて解説してほしかった。
《つまりひとつは、音の鋭く複雑な波濤のなかに民族的素材がみえかくれすることによって、それらの旋律が表現していた古風で温かな世界を喚起し、不安と苦痛にみちた現代と対比する。
 もうひとつは、古典主義の形成を変形──黄金分割やフィボナッチ数列にそって導入したり──しながらも忠実に踏襲することで、たとえばベートーヴェンの、とりわけ後期の作品との類比を可能にし、古典の意味論の先鋭な現代化であることを暗示する。》

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

音楽理論 ランキング

音楽理論のランキングをご紹介します音楽理論 ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。