サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 日本文学ふいんき語り

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本文学ふいんき語り
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-575-29861-1
  • 国内送料無料

紙の本

日本文学ふいんき語り

著者 麻野 一哉 (著),飯田 和敏 (著),米光 一成 (著)

無類の本好きゲーム作家たちによる、新感覚の文藝座談会。常識や先入観にとらわれず、文学の懐の深さに驚嘆し、自信ある誤読を愉しみつつ、雰囲気とは違う「ふいんき」から、近代文学...

もっと見る

日本文学ふいんき語り

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

無類の本好きゲーム作家たちによる、新感覚の文藝座談会。常識や先入観にとらわれず、文学の懐の深さに驚嘆し、自信ある誤読を愉しみつつ、雰囲気とは違う「ふいんき」から、近代文学の名作をゲームのスキルで遊び倒す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

麻野 一哉

略歴
〈麻野一哉〉1963年生まれ。ゲーム作家。代表作に「かまいたちの夜」「街」など。
〈飯田和敏〉1968年生まれ。ゲーム作家。代表作に「アクアノートの休日」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

誰もが知ってるあの日本文学をゲーム化!?架空の企画を練る内に、面白書評のでき上がり。

2012/05/18 02:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しのはら - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、読書好きの有名ゲームデザイナー3人が、ある本をテーマに座談会形式で語りまくり、最終的には、その本をゲーム化する企画(架空の企画です)を作っちゃう、というふざけた(→ほめことば)書評本。
いや、正確には、「その本をゲーム化するため、あらゆる角度からつつき回している内に、奇しくも非常に深く掘り下げた読み応えのある書評本になってしまった」と言うべきか。

 これがホントに面白い!
好評につきシリーズ化されているのですが、中でも、本書「日本文学ふいんき語り」は、誰もが知ってる文豪作品やベストセラー本を取り上げており、どなたさまでもとっつきやすい作りに。

 例えば、夏目漱石の「こころ」では、まず「未亡人と娘の下宿に男子学生が友人連れてきて、今なら『めぞん一刻』みたいなラブコメになる設定なのに、なぜこんな暗い話になるのかな」と、現代青年としての素朴な疑問を。
また、三島由紀夫の「金閣寺」に至っては、「みしまっち」という育成ゲームにすると言い出す始末。「みしまっち」のお世話は、たいへんそうだわ・・・(汗)

 でも、これらの考察は単なるおふざけではなくて、本当に真面目にその小説と作家について考え抜いた結果なのです。(考えすぎて分けが分からなくなるほどに)皆さんとてもお忙しいはずなのに、テーマ本だけでなく他の作品まで、きっちり読み込んで座談会に臨む姿勢には頭が下がります。
そうして生み出された、これまでの文学批評にはありえない角度からの論評は、新鮮で、とても分かりやすいのです。

 その上、さすがゲームデザイナー。
村上龍と村上春樹の作風の違いを、「龍はファイナルファンタジーで、春樹はドラクエ」という前代未聞の表現で、しかし的確に言い当てちゃうんですから。
そして、春樹本のゲーム化企画は、なんと・・・。
いやいや、言えねぇ言えねぇ、もう言えねぇ。
ここから先は、お手に取ってお読みください。思い出しても頬がゆるむわ。むふふふふ・・・。

 同じメンバーの「ベストセラー本ゲーム化会議」「恋愛小説ふいんき語り」も、オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/14 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/06 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/06 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/29 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/08 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む