サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1024-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/405p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-01070-3

紙の本

ぶらんでぃっしゅ?

著者 清涼院 流水 (著)

「おたくのお子さんは〈ぶらんでぃっしゅ〉ね」 ブレンド・シチュー? グラウンド一周? 手ぶらで会社? それとも…? とても説明できない不思議な謎の数々。たったひとつのコト...

もっと見る

ぶらんでぃっしゅ?

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「おたくのお子さんは〈ぶらんでぃっしゅ〉ね」 ブレンド・シチュー? グラウンド一周? 手ぶらで会社? それとも…? とても説明できない不思議な謎の数々。たったひとつのコトバが、ぼくたちの人生を変えた−。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

清涼院 流水

略歴
〈清涼院流水〉1974年兵庫県生まれ。1996年「コズミック」でメフィスト賞を受賞してデビュー。著書に「キャラねっと」「彩紋家事件」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

いやあ、お恥ずかしい。あの清涼院流水がこんなに面白い、わかりやすい話を書いていたなんて、まったくしりませんでぃっしゅ?

2006/07/14 21:03

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

弁当本『コズミック』で絶望し、『秘密室ボン』で、ま、このレベルかと割り切った清涼院流水。もう読むことはないと思っていたんですが、カバーの色合いがあまりにいいいのと、もしかして?という期待感からまたまた性懲りもなく手にしてしまいました、魔の清涼院流水ボン!その愛らしいというか、人を小ばかにしたような赤ん坊のイラストは水谷さるころ、装幀は米谷テツヤ。
で、最初に書いちゃいますが、傑作です。ううう、長い間、貶していてばかりでゴメン、絶対に才能無い!なんて断言してスマン!クソミソチリアクタのように扱って間違ってました!何でこの作品、もっと騒がれなかったんだろう、もしかして評判だったりして・・・許して!ま、今までの悪行故ではあるんですがね、清涼院の・・・
後ガキによれば、これは清涼院初のハードカバーだそうです。うーん、なんとなく出版界の躊躇いは分かりますね。なんたって弁当本『コズミック』の著者ですから。それに「これがぼくの一生を代表する作品です」と微塵の迷いもなく言い切れるだけのクオリティをめざしたそうです。作者に対する誹謗中傷軽蔑侮蔑批判批難無視黙殺はこのくらいにして早速の内容紹介に入りましょう。
後の方に書いておきましたが、目次からもお分かりのように、これは歴史小説です。といっても、個人の歴史であって、いわゆる周囲の歴史、ある人物を取り巻く時代の流れを描くノスタルジックな、団塊の世代や老人たちが読んで涙し、昔を懐かしむ、そういったジジムサイ老人慰めボンでは決してありません。なんたって書き手が、あの弁当本『コズミック』の清涼院流水ですから。
主人公ですが、名前は常盤ナイト。母親はスナック〈スワン〉の経営者で美人の常盤真昼です。で、ナイトには父親がいません。いわゆる母子家庭。で、父親探しがテーマになるかといえば、それは全くありません。なんたって、あの弁当本『コズミック』を書いた清涼院流水ですから。では、ナイトが探すのは何か、といえば言葉です。
その謎の言葉というのが、〈ぶらんでぃっしゅ〉。真昼さんのおなかの中にいたナイト、そのナイトの中でうまれていた「ぼく」が聞いた「ぶらぁぁぁぁぁぁぁん・・・・・・でぃぃぃぃぃぃぃぃっっ・・・・・・しゅ・・・・・・〉という、摩訶不思議な音の連なりです。そう、これはナイトくんの歴史であり、ナイトくんの中に転生した「ぼく」の歩みでもあります。
そして、彼の一生を左右する言葉が〈ぶらんでぃっしゅ〉。赤ん坊の時間のなかで覚醒しつづけるオトナのぼく、彼から見た乳児の意識、知覚。そして長ずるに従ってナイトの周りに集まる今田ナウ、今田善、荒出純、観月花音、内藤A子、内藤栄碁、谷茂海馬、遠山完、白馬騎士、黒岩銀ちゃん、横井加文、恵比寿笹人といった人々が渾然となって壮大な時間絵巻を展開するわけです。
まず、話がちゃんと収束しています。これは清涼院流水のイメージをぶち壊すもので、しかも、そのまとまり方が上手い。無論、あ、こんな方法があったか!といったものではありません。最近流行の手法を使ってはいるのです。でも、それが決してわざとらしくはありません。おまけにラストに漂う哀感。こ、こ、これをあの『コズミック』の作者が書いた・・・
そういう水準の作品です。なーんだ、このオチか、ではなくて、このオチでここまで読ませるのか、よく考えたなあ、これってもしかして、ぶらぁぁぁぁぁぁぁん・・・・・・でぃぃぃぃぃぃぃぃっっ・・・・・・しゅ・・・・・・?って思います。その意味は、この作品を読んで当ててみてください。驚きますよ、なんたって書き手が、あの弁当本『コズミック』の清涼院流水ですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/27 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/07 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/08 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/11 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/16 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/28 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/17 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/20 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/11 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/31 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/21 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。