サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/119p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-01737-1

紙の本

窓の灯

著者 青山 七恵 (著)

【文藝賞(第42回)】大学を辞め、時に取り残されたような喫茶店で働く私。向かいの部屋の窓の中を覗くことが日課の私は、やがて夜の街を徘徊するようになり…。見知らぬ人たちのシ...

もっと見る

窓の灯

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【文藝賞(第42回)】大学を辞め、時に取り残されたような喫茶店で働く私。向かいの部屋の窓の中を覗くことが日課の私は、やがて夜の街を徘徊するようになり…。見知らぬ人たちのシルエットが奏でるゆるやかな官能の響き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

青山 七恵

略歴
〈青山七恵〉1983年埼玉県生まれ。2005年「窓の灯(あかり)」で第42回文藝賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価2.9

評価内訳

紙の本

欲求不満にさせるなよ。

2005/11/30 00:55

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:池のワニ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「女の子のピーピンク・トム(覗き見常習犯)を描いた、本邦初の小説かもしれません」って、斎藤美奈子さんのオビの言葉につられて読みました。
どういうわけだか、「姉さん」と呼ぶアカの他人と同居することになった女の子の話。二人は親密なのか、そうでもないのか。関係がイマイチつかめない。そこが特色らしい。奔放にいろんな男と付き合っている「お姉さん」。主人公の二十歳そこそこの女の子の目からすると、どの男もイマイチなオッサンで、なぜツマラナイ男たちと姉さんが付き合うのか謎。わからなさを正直に伝えている。それでも姉さんの色香に惑わされた男たちが夜ごと隣室にやってきてはイタス声が聞こえ、つい壁に耳をあててしまっている主人公。
そのいっぽうで、最近向かいのアパートに引っ越してきた男の部屋が気にかかり、覗くのがクセになってしまっている。カーテン越しにチラチラ見える人影。壁から伝わるアノの声。エロチックなシーンは随所にあるのだけれども、しかしいかんせん、さっぱりとした文章がちっとも、その気を起こさせない。
姉さんも主人公も出てくる男たちも、さっぱり何者か身辺がつかめない。それが作品の特質なのだろうか。人間の厚みを感じさせないまま、ダラダラしているうちにページは尽きていた。盛り上がりない遊園地のアトラクションみたいな小説っていうか、まあ、斎藤さんの言葉以上でも以下でもない作品。っていうか、なんでこれが文藝賞なのか謎だね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/28 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/03 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/03 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/23 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/07 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/16 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/18 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/14 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/22 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/23 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/28 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/22 07:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/22 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。