サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 話す科学 世界の一流科学者13人にインタビュー!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

話す科学 世界の一流科学者13人にインタビュー!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 不空社
  • サイズ:20cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-903350-00-2
  • 国内送料無料

紙の本

話す科学 世界の一流科学者13人にインタビュー!

著者 アダム・ハート=デイヴィス (インタビュアー),熊井 ひろ美 (訳)

BBCの司会者が、世界の一流科学者13人へインタビューを敢行! 天文学、物理学、植物学、動物行動学、生物学等、各分野の世界的権威が語る、わかりやすい「難解科学」。【「TR...

もっと見る

話す科学 世界の一流科学者13人にインタビュー!

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

BBCの司会者が、世界の一流科学者13人へインタビューを敢行! 天文学、物理学、植物学、動物行動学、生物学等、各分野の世界的権威が語る、わかりやすい「難解科学」。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

パルサー発見でノーベル賞をとりそこなった女子大生 スーザン・ジョスリン・ベル・バーネル 述 5-29
われわれは宇宙の中の、あるいは多宇宙の一つの中の、どこにいるのか マーティン・リース 述 31-56
人の糞便には、一グラムあたり百億から千億の細菌が含まれる コリーン・キャヴァノー 述 57-76

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2008/04/26 13:55

投稿元:ブクログ

色々な分野の専門家が、インタビュー形式でわかりやすく答えています。この中で、20世紀は化学や物理学だったが21世紀は生物学の時代になるのではないだろうかとありました。いろんな分野が、融合しあってこれからの世界が少しずつ明らかになっていくのだと思います。

2014/03/30 22:10

投稿元:ブクログ

 リチャード・ドーキンス、ジョン・メイナード・スミスをはじめとした13人の一流科学者へのインタビュー集。著者はBBCの科学番組で司会者をしているフリーランスのキャスター。テレビ畑の人だけあって、みーーーーーーーーーーーじかい分量で、その人のおいしいところをぎゅっと詰めようという意図が見える。でも、それが成功しているかというと……ちとツライ。どっちかというと、研究の中身を見せるとか、科学のおもしろさを伝えるとかじゃなくって、その研究者の人生を見せるという方面に引っ張られている。「話す」というコミュニケーション形式は、情報密度的に言えばやはりウスい。まぁ、タイトル通りなのだが……図表やイラストがあればもっと内容豊かに伝えられるだろうにと思ってしまう。
 でも、入り口として面白い話もあるのは確か。たとえばローレンス・グレアムという人に「ソ連の科学史」について聞いた話は興味深かった。ソ連の科学がもっとも輝いていたのは、警察国家だった時代-国家のバックアップで研究費は潤沢だったが、つぎつぎに科学者が投獄されていた時代だった。1991年以降、ロシアの科学者は「自由」を手に入れたが、科学成果は非常に低調だ。どうやら科学にとっては「自由」よりも「お金」のほうが重要らしい……と、残念そうにグレアムが話している。マルクス主義は科学の邪魔になっていたか? たしかにゆがんだ部分はあったが、確実にプラスに働いた部分もある。キリスト教は科学に有益か? 地動説をとなえたばかりに協会権力によって処刑された科学者もいる。思想や宗教と科学との関係を歴史的に考えるというのは、かなり面白い分野ではないか。
 科学の読み物として薄味すぎる……という欠点はありつつ、やはり一流の科学者が話すことは内容がある。 ここからとっかかるには、悪くない本かもしれない。(参考文献のリストが欲しいところだが)

2011/09/19 09:20

投稿元:ブクログ

世界で活躍する13人の科学者へのインタビューを綴った一冊。
論文のような知識だけでない、科学者それぞれの生の声が詰まっています。

2012/10/24 22:04

投稿元:ブクログ

この本が「パルサー発見でノーベル賞を取りそこなった女子大生」から始まっているのは大正解だと思う。

科学者であることは単なる職業以上の投資が必要だということがよくわかるし、同時にそれは大変なことだけれども「天文学的に」というほど大変なわけではないということも実感できる。

基本的にどんな分野であれ専門家の話というのは面白い。

当人が変人であればあるほどなおよいが、幸運なことに科学者には変人が多い。

たぶんそれは変人というのが、極めて合理的であることと非常識であることを併せ持った人だからだろう。

だからこそ我々一般人がはっとさせられるような発言が飛び出したりする。

科学にとって大事なのは自由か、金か。

つい情緒で答えてしまいそうなこういった疑問にも彼らは容赦ない。

事実はときに胃が痛くなるようなものだが、不思議な事に少し時間がたつと胃薬のようにスッと気を楽にしてくれたりもする。

科学の発見や新技術には幸も不幸もない。

ならば、とりあえず面白がるしかないじゃないか。

自然科学・科学史 ランキング

自然科学・科学史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む