サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バスジャック
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 144件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-774786-7
  • 国内送料無料

紙の本

バスジャック

著者 三崎 亜記 (著)

奇想炸裂の快作から、胸を打つラブストーリーまで。日常を揺るがす驚きと感動の全7編。表題作のほか、「二階扉をつけてください」「しあわせな光」「二人の記憶」「雨降る夜に」「動...

もっと見る

バスジャック

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

奇想炸裂の快作から、胸を打つラブストーリーまで。日常を揺るがす驚きと感動の全7編。表題作のほか、「二階扉をつけてください」「しあわせな光」「二人の記憶」「雨降る夜に」「動物園」「送りの夏」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

二階扉をつけてください 5-35
しあわせな光 37-40
二人の記憶 41-58

著者紹介

三崎 亜記

略歴
〈三崎亜記〉1970年福岡県生まれ。熊本大学文学部史学科卒業。2005年「となり町戦争」(第17回小説すばる新人賞受賞作)でデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー144件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

褒め言葉ですから誤解しないで欲しいんですが、読んでまず筒井康隆を連想しましたね。冒頭の一篇で、やるな!って。で、最期の作品で、やられた・・・って

2006/01/14 20:43

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

カバー写真 高橋和海、ブックデザイン 鈴木成一デザイン室。すっきりはしていますね。写真を使うと、何だかいかにも若手作家の文学!っていう気がするのですが、これが読んで愕然、なーんだ、筒井康隆ジャン、と思ってしまうんです。ただし、貶してません。これは私にとって最上級の褒め言葉。なんたって筒井サマは私にとって生き神様ですから。
で、なんで今さらそんなことを騒ぐのか、といわれれば、評判になった三崎のヒット作『となり町戦争』を読み逃しているんです。いや、ぶっちゃけて言えば、読もうと思っているうちに他人さまが評価してしまい、なにも今さら読まなくてもいいか、作家の真価は二作目以降、って敬遠したせいです。うーん、読んどけば良かった・・・
春池に住む私の妻は産後の静養で家にはいない。そんな時、回覧板を読みましたか、という隣家の主夫が「二階扉をつけてください」。街を見下ろす丘の上から僕が双眼鏡で見ているのは、自分の家。窓の中では「しあわせな光」。薫とのデートのたびに僕には気になることが。思い違いなのかそれとも「二人の記憶」。
一昨年からじわじわと再燃の兆しがあったバスジャックのブーム、たまたま現場に居合わせた主人公は「バスジャック」、雨降りの冬の夜、初めて僕の部屋を訪れた彼女は、もう開いてますか?と「雨降る夜に」。動物園からの依頼はヒノヤマホウオウを展示したいというものだった。マニュアルにしたがって私が作業を始めて「動物園」。私と父親を置いて出て行ってしまった母親が住む街に出かけた「送りの夏」。
いかにも「小説すばる」の作家らしいなと思います。まず読物としての完成度が高いです。それに、いわゆる薀蓄がありません。科学知識、最新情報に頼るのではない。あくまでも設定した世界のなかでの人間を丁寧に、時にユーモラスに、いや苦く、あるいは流行り言葉でいやですが「切なく」描きます。
ま、著者の年齢をみれば30代ですから、よほど文学に間違った思い込みさえなければしっかりした文章が書けるはずで、それがよく出ています。早速、娘二人に読ませたのですが、絶賛とまではいかなかった。でも、一気に読み終えていました。
で、私は文学の王道である人間の生死をテーマにした「送りの夏」と、人間関係の現実をみつめた「二人の記憶」が好きです。でも他の作品も楽しめる。「動物園」も、いいですね。読書好きには「雨降る夜に」、スラプスティックファンには「二階扉をつけてください」、ワイドショーがお気に入りのかたには表題作。ふむふむ、全作合格ですか。ちょっと「しあわせな光」は弱いですけど。
データですが、『となり町戦争』で第17回小説すばる新人賞受賞した1970年生まれの作家。今回のお話の初出誌は全て「小説すばる」で、2005年のものばかり。出版社の売り言葉ではないですが、この作家はホンモノですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日常からの脱出・日常への滞留

2006/03/24 18:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森山達矢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『となり町戦争』に続く作品。僕は以前この本を、戦争が目に見えない形で日常に侵入している事態を描いていると評した。『バスジャック』を読んで、それが間違いであることに気づいた。三崎が描こうとしているのは、そのような非常事態ではない。
彼のテーマはあくまでも「日常」なのである。彼の言葉を使うと「ずっと続いていく」日常である。「送りの夏」に次のような会話がある。
 「続けていくものではなくて、続いていくものなんだよ。晴れる日もあれば雨の日もある。日照りの夏があれば、時には嵐の〜夜も〜ある〜〜っとね」
 幸一は、最後の部分は節をつけて歌にしてしまった。
 「続けていく、じゃなくて、続いていく、か……」
 麻美は納得したような、はぐらかされたような複雑な気持ちで、手元の平らな石をつかんで立ち上がるアンダースローで投げると、波のない海面で、石は二度、三度と水を切って進んだ。それで麻美の気持ちは幾分すっきりした。石の軌跡を見つめて、幸一が呟く。
 「そう、続いていくんだ。続いていかなくちゃならないんだ。」
 その呟きは、麻美にではなく、自分自身に言い聞かせているようにも聞こえた。
「続けていく」日常と「続いていく」日常。この表現の仕方は、どう違うのか。
そこには、主体が介在するか介在しないかという違いがある。
「続けていく」日常は、主体の意図が入り込んだものとして捉えられる。「続いてく」日常は、主体の意思とはまったく無関係なものとして捉えられている。つまり、筆者は、我々の意思では、どうにもならないものとして「日常」を捉えているのである。日常とは、我々の意思とは無関係に我々の行動を規制する不条理なものなのだ。
「動物園」では、動物を人間、「檻」を日常のメタファーとして描いてる。日常とは、抜け出したいけど、抜け出せない頑丈な檻なのだ。
 「誰にでも日常を放擲したいという願望は訪れる。運転をしていて「今ここで思い 切りハンドルを切ったら」と思うってしまうような。実現させえないからこその、 破滅への刹那の欲望。
 (略)
 丘の高みから見下ろす。雑多な町並みに朝の光がさしていた。遠く都市高速の高架を車が行き交い、着陸態勢に入った飛行機が、速度を感じさせないまま舞い降りようとしていた。
 私は眼をつぶって、大きく息を吸う。この日常の日々は、劇的でもなく、華やかでもない。まるで、緩やかな起伏の坂道を思わせる。私はそんな人の営みを一瞥して飛び去るヒノヤマホウオウにあこがれる。ほんの一瞬だけ。」
 しかし、そうした日常化から脱出したいと願うが、その檻がはずされたとしたら、どうするだろうか。筆者は、その抜け出したい日常にこだわり続ける。不条理な日常から脱出するわけでもなく、不条理を道理あるものとするのではなく、不条理を不条理のまま肯定する。これこそ筆者のテーマなのだと思う。
「今この檻が突然なくなってしまったら、ヒノヤマホウオウはどうするだろうか? あの時のように一瞬で飛び去ってしまうのだろうか? ううん。私は首を振る。きっとホウオウは、無限に開かれた自由な空を見上げて、一度だけ羽を大きく広げるのだ。そして、いつでも飛んでいけることを確かめて、やはりここにとどまるのだろう。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社コメント:やっぱり只者ではなかった!!

2005/12/06 10:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:集英社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今度の作品は七篇の短編集。といってもショートショートから短編、140枚の中編までバラエティに富んだ形式。しかも形のみならず内容や筆致も多彩、それゆえに三崎亜記の一筋縄ではいかない個性がくっきりと浮かび上がっています。
恋愛の摩訶不思議さを叙情豊かに描いたかと思えば、犯罪を奇想たっぷり(時には悪ふざけスレスレ?)に“アレンジ”してその手腕には拍手喝采したくなるほど。「自分」を生き続けること、毎日が続いていくことへの希望と諦念が見え隠れする読み応えたっぷりの中編もあり、この著者の想像力とストーリーテリングは決して“偶然の産物”ではないのだと分かります。
詩情、ナンセンス、シュールさ、切なさ、優しさ、温かさ、そして生の深淵に触れたときの落ち着かないさ。
この複雑さ、読む人によって違う顔を見せるのが“三崎亜記”です。
すでにして独自の匂い、彼だけの世界を持った書き手の最新作をぜひお読みください。
***
担当者イチオシ
編集:『バスジャック』のぶっとびぶりには驚きました。見知った風景を「当たり前ではないもの」として捉え直すこの人の目(脳?)はすごい!
***
販売:『しあわせな光』。たった3Pの物語。しかし、今年イチバンの感動作に間違いない!!
宣伝:いえいえ!!NO.1は『二人の記憶』です。恋人たちの違和感をこんなカタチで描くとは!奇妙で切なく、じ〜んとするお話です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世にも奇妙な物語

2005/11/27 20:26

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナカムラマサル - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビュー作にして直木賞候補作にもなった「となり町戦争」同様、本書においても著者の描く世界の斬新さには舌を巻く。小説版「世にも奇妙な物語」といったところだ。
不条理な出来事に主人公が深入りしていく「巻き込まれ型」(『二階扉をつけてください』『二人の記憶』『送りの夏』など)と既に出来上がっている不思議世界を描いた「読者巻き込み型」(『バスジャック』『動物園』など)の7つの短編が収録されている。
中でも強く魅かれたのは『二人の記憶』と『動物園』だ。
前者は、恋人との記憶のズレに悩まされる青年が主人公。二人の共有していたはずの思い出が全く食い違っていることに気づいた彼が、最後に見出す一つの答えに胸がたまらなく温かくなる。
後者の主人公は、その場に存在しない動物をプロデュースする(と説明しても訳がわからないだろうと思われるので是非一読していただきたい)27歳の女性。一体どこでこんなアイディアを…とただただ驚かされる。現実では到底ありえない仕事に従事するヒロインが見せる矜持に清々しいものを感じた。
本書には、『しあわせな光』『雨降る夜に』という極短編も収録されており、これもまた心地よい読後感が残る。是非、長編化してほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこか現実とはかけ離れた世界を,日常として書ききる著者の力

2009/10/11 00:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:simplegg - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は,表題作「バスジャック」を含む7編の物語からなる短編集である.村上春樹の「1Q84」を読んだ直後に読んだのもあってか,最初は物足りない印象を受けたが,読むにつれその独特の世界に引き込まれていった.

この短編集に共通する点は,どこか現実とはかけ離れた出来事を,あたかも現実の世界で起こっているように書いてある点だ(例えば,月が2つある世界).まぁ,もちろん小説はほとんどがフィクションであるわけだから,何も特別ではないんだけど,この本を読んでいるとその出来事を日常として書ききることが1 つの見せ場になっているような感じがした.

通常の小説は特別な状況設定を通して何かを読者に伝えようとする.そこではあくまで特別な状況は脇役だ.しかしながら,本書はその状況設定そのものが主役であり,そのもとで綴られる物語は主役を引き立てる脇役に思える.本を読んだ後に,どんな人物が登場して,どんな話だったかを思い出せないのだが,その世界はよく覚えているという具合なのだ.このように感じたのは,僕が変だからかもしれないが.

三崎さんの本を読んだのは初めてだったが(女だと思っていた・・・),短編というスタイルでこれだけ独特の世界を描ききれることに驚いた.となり町戦争も前々から気になっていたので,読んでみたいなと思っている.

ちなみに,僕が本書の中で好きだったのは「動物園」です.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごく読み手によって評価の分かれるレビューアー泣かせの作品。

2006/02/12 10:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

わずか3ページからなるショートショートから90ページ弱の中篇まで合計7篇からなる短編集。
大別するとSF系と恋愛系に分かれる。
とりようによってはバラエティに富んだ短編集とも言えるのかもしれないが・・・
デビュー作で直木賞候補ともなった『となり町戦争』で登場した舞坂町やとなり町を彷彿させる東都や南都という独自の地名がいくつかの篇に登場する。
非日常的な世界を描くのが得意な作家でまるで試行錯誤の時代を揶揄しているようだ。
個人的には「しあわせな光」「二人の記憶」「雨降る夜に」の恋愛系が印象的であった。
どれもが短いので読後に読者の空想に委ねている部分が大きいのであるが、独特の世界観を構築していることに気づいた。
男性作家らしからぬ“繊細さ”。
言い換えれば作者の誠実な人柄が文章に滲み出ているのである。
個人的には恋愛(純愛)小説の方に力を入れて書かれたらもっと能力を発揮出来ファンも増えるのであろうかと思うのである。
ここからは三崎さんに対する期待は大きいという前提で語りたい。
本作もデビュー作に続き賛否両論ある作品と言えそうである。
少なくとも本作で“個性的で不思議な世界を描ける作家”としての地位を固めたといっていいのであろうが、それが褒め言葉かどうかは読者によって捉え方が違うと思われる。
個人的にはアイデアの斬新さは認めるとしても、評価が分かれたデビュー作『となり町戦争』の二番煎じ的イメージがいつまでも脳裡に焼きついて離れなかったのである、少なくともSF系の作品においては・・・・
少し不満点を述べたが、星新一のショートショートを思い起こさせる「二階扉をつけてください」やバスジャックが社会的に認知されている世界を描いた「バスジャック」が他の篇より純粋に楽しめた方は(ちなみに私は逆でした)非日常の世界にドップリ浸かれたのであろう。
ちなみにSF系では私は最長の「送りの夏」が一番良かったです。
テーマは“死と人に対する思いやり”ということでしょうか。
テーマ自体が胸を打つというのはいつまでも印象に残りますよね。
でも、枚数が足りなかったような気もします。
その結果『となり町戦争』のようにディテールが十分に描けてない。
やはり基本的には長編で読ませて欲しい作家ですね。
活字中毒日記

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/27 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/07 08:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/07 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/03 02:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/17 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/30 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/15 03:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/03 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/27 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る