サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1115-17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

不在の騎士(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-46261-8
文庫

紙の本

不在の騎士 (河出文庫)

著者 I.カルヴィーノ (著),米川 良夫 (訳)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

真っ白い甲冑の中はがらんどうの「不在の騎士」——しかし、意志の力で君主に仕えるという彼の「存在」は果たして何のたとえなのか。「読む楽しみ」「社会的視座」が互いを損ね合わない傑作。

2006/01/31 00:08

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「我々の祖先3部作」と呼ばれる空想的な「歴史」3部作として世に出された最後の巻であるが、訳者による解説で、3巻の特徴と並びについて注目される記述があった。
 カルヴィーノは、この3部作を人間の在り方の歴史的進化を示す「系統樹」として意味づけようとしていたというのだ。系統樹とな?
 そして3作は執筆順でなく、各々の作品の背景を時代順に並べると、中世の『不在の騎士』→17世紀末『まっぷたつの子爵』→18世紀『木のぼり男爵』となる。何がどう系統樹なのかというと、自由意志を貫き通しながら真に人間的な「完全」に至ろうとする人間が書かれているからだというのである。自由への3つのステップというわけだ。
 本作に描かれた中世の場合、「自由」に先立ち、「存在しない」という状態からとりあえず「存在する」ことを目す人間が寓話的に書かれているということになる。
 真っ白い甲冑に虹色の羽飾りという派手ないでたちにも関わらず、騎士アジルールフォは中身が空洞の不在の騎士なのだ。「頭がからっぽ」という中身が空洞ではなく、肉体が不可視なのである。だが、王シャルルマーニュに忠誠を誓う。どのように奉公するかという王の問いに、「意志の力によって」と言い切る。
 「寓話」「寓話的」と言うは易しだが、では果たして、この奇想天外な騎士は一体何の寓意なのかとまともに考えてみると、これが案外やっかいなものではないか。たとえ肉体が不可視であっても力強い意志の力を持つ者を理想とするのは、自己なき現代人への皮肉であり、それはやはりファシズムへの否定につながるものだったのかもしれない。その視点を取り入れながら、自由をめぐる人間の進化形を描いたという解説に拠るとするならば、「存在しない」から「存在」を目指していた中世の人間たちとは、農奴のような身分を指して言ったのか。
 「寓話だ」と本の紹介をすると収まるところに収まって、表現した方もそれを受け止めた側も着地した安心感を得るのだが、さぼらずに改めて解読してみようという気になると、このような野暮は免れない。だがしかし、カルヴィーノが単に物語にこだわり、メタフィクションで物語の新たなる位相を追い求めていたという認識では、この「歴史」の3作が意図するところはつかみ切れない気もする。この作家の根はパルチザンであったゆえ…。
 そして、もう1つ。パルチザンの根であったとも言える、家族や同胞や郷土への「愛」が彼にとっての重要なテーマであり、思わずそれが表出した箇所。これも、とてもカルヴィーノらしい。
——青年はいつもこんなふうに女を目がけて走ってゆく。彼を駆り立てるものはほんとうに彼女への愛なのだろうか? それとも、むしろ何よりも自己への愛、女だけが与えることのできる生きて在ることの確かさの模索なのではないだろうか?(96-97P)
 ここに書かれているのは、異性への愛がどういうものかというセンチなものではなく、相手の存在は自己への愛を写す鏡のようなものだということなのだろうか。さらに踏み込んでみれば、闘争に駆り立てるものは、実は身の回りの人びとの存在に反射されるところの「自己愛」ということになる。愉快でユニークな物語の展開と見せかけるようにして、この部分から数ページあとに作者は「戦争というもの」について筆を運んでいる。自由意志を巡る系統樹に絡めて「戦争」の解説はなかった。しかし、「自由」の対として明らかに「戦争」への意識があるだろう。そのことを考えると、馬の背に乗って「未来」が辿り着く「黄金時代」はいかなるものかと問う結末は、より深い響きをもたらしてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/13 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/14 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/06 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/03 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/10 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/29 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/12 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/18 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/01 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/08 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/25 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/01 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/12 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/28 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。