サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本 全品ポイント5倍キャンペーン ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 牧野出版
  • サイズ:20cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89500-083-4

紙の本

翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった

著者 金原 瑞人 (著)

翻訳家とは、「立場なき人々」である…。翻訳の悦びと悩ましさ、世界文学との出会いから、青春時代の思いでまで。翻訳家・金原瑞人が自らを語る初のエッセイ集。江國香織との対談、古...

もっと見る

翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった

税込 1,650 15pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

翻訳家とは、「立場なき人々」である…。翻訳の悦びと悩ましさ、世界文学との出会いから、青春時代の思いでまで。翻訳家・金原瑞人が自らを語る初のエッセイ集。江國香織との対談、古橋秀之・秋山瑞人との鼎談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

金原 瑞人

略歴
〈金原瑞人〉1954年岡山県生まれ。法政大学社会学部教授。翻訳家。ヤングアダルトの分野を中心に精力的な翻訳活動を行っている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

言葉に対する深い愛情とセンスのよさに脱帽

2009/03/06 10:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「蛇にピアス」で芥川賞を受賞した金原ひとみのお父さま。
アレックス・シアラーの「青空のむこう」など、ヤングアダルトものを
訳している金原瑞人氏のエッセイである。

弟とその彼女(嫁だったかも。)を巻き込んで本当にカレー屋を
ひらこうとしていたことや、初めて訳したハーレクインロマンスの
苦労話(ページ数が決まっているため、妙訳を避けられないとか)や
創作ゼミの講師のお話など、内容はもりだくさん。
童話を多数訳している江国香織氏との対談もおもしろい。

翻訳をしている人のエッセイは、いままで読んできた経験上ではずれがない。
やはり、「ことば」のセンスに長けており、常に格闘している人たちだからだろうか。
本の帯には金原氏の「翻訳家とは立場無き人々である」というフレーズが。
原文を読めない読者サイドからみたら、翻訳家という職業があるからこそ
外国のすばらしい本にめぐりあえるチャンスをもらえるのであって。
尊敬のまなざしとありがたみひとしきり、なんですけど・・・・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文芸翻訳家の年収が216万円というくだりには絶句した

2006/12/25 09:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

デイヴィッド・ソズノウスキ作「大吸血時代」を読みましたが、原作小説の確かな面白さもさることながら、その翻訳の見事さにも大いに魅了されました。そこでその小説を翻訳した金原瑞人氏の他の仕事を探したところ、本書に行き当たったというわけです。

 翻訳家のエッセイ集というのは、ハズレがないというのが私の長年の経験知です。言葉と常に格闘する人たちの文章は、言葉に対する深い洞察と、小気味良いテンポとが常にあって、読んでいて心地よいのです。いくつか類書を挙げると:
 佐藤良明・柴田元幸「佐藤君と柴田君」(新潮社)
 青山南「ピーターとペーターの狭間で」(筑摩書房)
 岸本佐知子「気になる部分」(白水社)
 深町真理子「翻訳者の仕事部屋」(筑摩書房)

 本書「翻訳家じゃなくて…」は、著者が大学卒業後、屋台のカレー屋を始めようとしていた時期からの翻訳事始事情や、翻訳に伴う興味深い苦労話などが盛り込まれた200頁ちょっとの小品です。

 私自身は一介のサラリーマンですが、英語が常にそばにいる生活を送っています。そんな私にとって次の一節は大いに心重なるものでした。
 「かつて異物であった英語が、やっと親しめる愛犬のようになっていたのに、最近いきなり野獣の一面を見せたわけで、これはかなりショックだった。結局、死ぬまで英語を異物と感じながら生きていくしかないのだろうか…という寂しい気持ちは現在、かなり強い。」(60頁)
 中学一年から数えると私の英語歴も今年ちょうど30年。いつまでたっても異物を胸に抱えながら生きるというのは確かに息苦しくままならぬ思いを抱かせます。それでも、言葉がやっぱり好きな人にとってそれは、より広い世界を見る上で背負わざるを得ないものなのでしょう。著者は上のように書きながらも、他人が思うほどには寂しく思っていないのではないか、そんな気が私にはするのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/27 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/20 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/21 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/26 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/10 03:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/15 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/28 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/23 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/26 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/22 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/23 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

名言・家訓 ランキング

名言・家訓のランキングをご紹介します名言・家訓 ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。