サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

禅と日本文化 対訳
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 講談社インターナショナル
  • サイズ:22cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7700-4026-1
  • 国内送料無料

紙の本

禅と日本文化 対訳

著者 鈴木 大拙 (著),北川 桃雄 (訳)

日本文化および日本的性格の形成の上で、禅は大きな役割を果たしてきた。その事例をさまざまに掲げながら、詳細に解き明かした日本文化論の名著。鈴木大拙の格調高い英文に、北川桃雄...

もっと見る

禅と日本文化 対訳

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本文化および日本的性格の形成の上で、禅は大きな役割を果たしてきた。その事例をさまざまに掲げながら、詳細に解き明かした日本文化論の名著。鈴木大拙の格調高い英文に、北川桃雄の定評ある翻訳を添えた対訳版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鈴木 大拙

略歴
〈鈴木大拙〉1870〜1966年。石川県生まれ。明治、大正、昭和時代の仏教学者かつ思想家。東京帝国大学に学び、学習院教授などを務める。禅思想を広く世界に紹介した。著書に「禅の研究」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

愛国心などありゃしないが極東人の心性は好きだな

2006/06/08 19:04

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ISH - この投稿者のレビュー一覧を見る

無類の猫好きなので猫について色々調べていたら「南泉斬猫」に行き着いた。
猫の取り合いの中に入って「肝心な物は?」と問う。誰も答えられないので猫惨殺…だっけ?
「当事者の気持ちを考えなさい」程度なら誰でも思いつくが…これのすごい所は猫を斬ったこと。
結局のところ何かに感情移入し守り愛した所で貫くのは自分自身のあり方でしかない。牛肉だって喰うのにね。
それをやる側は迷いに迷い「やらない善よりやる偽善」と言いながら行い…やられる側は「自分を見ていない」と絶望し…。
しかしこれは確信を持って「何も迷いはない。利己的であろうとなかろうとそんなものには遠く及ばぬ精神がある」と?
だったら猫のことをなんとも思っていないのかというとそうではなく賢い弟子に後で「おまえならどうするか」と問い…相手はうまく答え…「おまえがいたら斬らずに済んだ」と心痛めている。
この間新聞で面白い記事を発見。真っ黒の中にふわふわと光漂う画像を見せ…欧米人は光だけを追い極東人はいろんな所を見る傾向があった、と。
何がそうさせるのか知らない。漢字はビジュアルとして脳が受け止める。しかしそれで話したりする。そもそも言語がいろんな世界と融合しているからだろうか。
まあいろんな性格の人がいてそれぞれがそれに相応しい役割をこなすことになるわけだが…。
私はどうでもいいようなことを何年も考え続け探求する人々が好きなので禅に興味を持ちました。
そして、もう日本文化の方が西洋文明よりよほど異国情緒な現代人には外国人向けのこの本がいいでしょう。と。
自サイトより加筆修正

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/25 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/05 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/04 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/03 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

仏教 ランキング

仏教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む