サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人間は脳で食べている(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/194p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-06273-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

人間は脳で食べている (ちくま新書)

著者 伏木 亨 (著)

「おいしい」はどういうことなのか。生理学的欲求、脳内物質の状態など多様なレベルの考察を通して、その正体を追求し、その中でも現代人にとって、もっとも重要な「情報のおいしさ」...

もっと見る

人間は脳で食べている (ちくま新書)

821(税込)

人間は脳で食べている

702(税込)

人間は脳で食べている

ポイント :6pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「おいしい」はどういうことなのか。生理学的欲求、脳内物質の状態など多様なレベルの考察を通して、その正体を追求し、その中でも現代人にとって、もっとも重要な「情報のおいしさ」の構造とその行き過ぎを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伏木 亨

略歴
〈伏木亨〉1953年生まれ。滋賀県出身。京都大学農学研究科教授。専門は食品・栄養学。日本栄養・食糧学会評議員、日本香辛料研究会会長。著書に「コクと旨味の秘密」「魔法の舌」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/02/04 17:48

投稿元:ブクログ

(090200)
すごく面白いのに、韓国映画のDVDとRPGのゲームから抜け出せなくなり、本が読めない状態というか、本が読めない脳に。挫折中ですが、いい本です。

2009/07/26 00:34

投稿元:ブクログ

栄養学&医学を学んでいる自分にとってすごい興味深い内容だった!

例がわかりやすくて,読みやすく1日で読めた.
でも,何度も同じコトを繰り返し言っていてちょっと飽きてきそうな…

強調したいコトだから,何度も述べていたのかな?


でもでも!!
この本に出会えてよかった
やっぱり

人間って
食べることって

奥深い.

まだまだわからないことだらけだけれど,
生きているってやはりありがたいことなんだ

2011/02/17 19:55

投稿元:ブクログ

合間合間に合いの手的な第三者目線の「コメント」が入り、ちょっとした会話を聞いているような構成がとても読みやすい。
内容もはじめは分かりやすく砕けた内容から始まり、後半は専門的になって行く流れも良い。

おいしさの仕組みが原始的なものから、情報によるものに変わっているというのが主題となっている。

しかし、専門的な部分は流石にイメージが湧きにくいため、ついていけなくなった。仕方がないとはいえ、脳の挿絵が一枚あるのと無いのとでは大きく違った気がする。

2010/08/29 16:11

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
どうせ食事をするならばおいしいものが食べたい。
しかし、どういうものが「おいしい」のだろう?
栄養があるもの?
食べなれているもの?
あるいは高価なもの?
「おいしさ」というのは、実は生理的、あるいは文化的な数々のファクターが組み合わさったきわめて複雑な現象なのである。
本書では、多様なレベルの考察を通して、その正体を追求し、その中でも、現代人にとって、もっとも重要な「情報のおいしさ」の構造とその行き過ぎを考える。

[ 目次 ]
第1章 「情報」は最高の調味料(神社の清めの水 鍋で下着を洗う女 ほか)
第2章 四つの「おいしさ」(おいしさの四本柱 その一・生理的なおいしさ ほか)
第3章 おいしさの生理メカニズム(おいしさ研究の最前線 味の信号は舌から延髄へ ほか)
第4章 現代人の食べ方(本能から見た辛味ブーム ラーメンブームにも本能の影がちらつく ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2012/09/03 14:37

投稿元:ブクログ

水洗いの湯飲み、滅菌済みの実験用ビーカー、
どっちでお茶を飲みたい?
いくら滅菌されていても、ビーカーではおいしくいただけない。
ではどうして清潔とは言えない湯飲みを選ぶのか。
日常の中にあるおいしさの感覚を紐解く。
また、五感を失いつつある現代人に焦点を当て、
情報に依存しすぎた食生活に警鐘を鳴らす。

手書きPOPより抜粋

2013/10/31 20:44

投稿元:ブクログ

ある講演で講師の方が紹介していたんで読みました。
いろいろな疑問に答えが出ましたし、自分の味覚にも裏づけができてある意味よかったです。
これを読めばもしかしたらコカコーラやカップヌードルのようなヒット商品が作り出せるかも・・・・・
まぁ、無理でしょがね(笑
でも読めば味覚についてちょっとした自信がつくかもしれませんし、並ばなくていいラーメン屋の列に並ばなくなるかも(笑
ただ。マックがこの本に載ってるように考えで経営しているなら、それは本当に驚きです。
それにところどころにある著者のメッセージ的なものには共感しましたね。「知恵をなくした人間は情報ばっかり追っている」ような部分など。
とにかく飽食の時代。本当に美味しさを求めるなら読んでみては!

2009/10/18 23:02

投稿元:ブクログ

タイトル通りで、人間は味やにおいといった生物本来の感覚で食べ物を食べているのではないという内容。本来、生物であれば、においや味で、食べ物の安全性を判定する能力が備わっているが、発達した脳のおかげで、事前の情報によって様々なバイアスを受け、それが味や安全性の判断に大きな影響を及ぼすという。食品マーケティングにおいて、経験的にそうした人間の行動特性を踏まえ、地域ブランディングや原料および原産国表示などにおいて、さまざまな工夫がなされているのは説明の必要はないであろう。また、反対にそれを悪用した偽装などの事件も記憶に新しい。本書は、脳科学的なアプローチが根底となっているが、社会学的または経済学的な見地を融合した、それでは人間はどのように食に対して向き合うべきなのかという、より建設的な議論には至っていないのが残念。

2013/09/29 18:04

投稿元:ブクログ

先日、著者の『おいしさを科学する』を読んで、出汁(ダシ)について、学ぶことができた(といってもほとんど頭に残っていないが・・・)。

本書ではおいしさの重要な要素である「情報」について書かれている。
著者の使っている『おいしさの四分類』は
1:生理的な欲求に合致するものはおいしい。
2:生まれ育った国や地域あるいは民族などの食文化に合致するものは美味しい。
3:脳の報酬系を強く刺激してやみつきなる。
4:情報がおいしさをリードする。
というもの。

人間のみに活用される、食べる前の「情報」というもの。
動物は摂取してからの味覚や嗅覚による情報や、記憶による情報によって、身体に有害なのか必要なのかを判断する。
人間は、賞味期限/消費期限」などのパッケージからの情報や、テレビコマーシャル、伝聞、などなど、外部情報に依存した形でおいしさを味わっている。

人間の能力・文化が作り出す味わい方について、著者は『現代の人間にとって、生の五感は失われ始めている。失われた五感を補うためにさらに情報が増える。我々は本当に幸せなのであろうか。』
・・・と、やや暗い結末に至っている。

いくつかの実験も紹介しつつ、分かりやすく、「おいしさ」について説明しておられる。

”おいしさ”についても、”健康”についても、僕らは外部情報(データ)に頼り過ぎているのかも知れない。
そういったことを意識して、ふと自身の五感に頼った生活に意識を向けてみるのもいいのかも知れない。
本書とは関係なけども、野口三千三のいった、『からだに貞(き)く』ということを思い出した。

----------------
【内容(「BOOK」データベースより)】
どうせ食事をするならばおいしいものが食べたい。しかし、どういうものが「おいしい」のだろう?栄養があるもの?食べなれているもの?あるいは高価なもの?「おいしさ」というのは、実は生理的、あるいは文化的な数々のファクターが組み合わさったきわめて複雑な現象なのである。本書では、多様なレベルの考察を通して、その正体を追求し、その中でも、現代人にとって、もっとも重要な「情報のおいしさ」の構造とその行き過ぎを考える。
----------------
【目次】
第1章 「情報」は最高の調味料
・神社の清めの水
・鍋で下着を洗う女
 ほか
第2章 四つの「おいしさ」
・おいしさの四本柱
・その一・生理的なおいしさ
 ほか
第3章 おいしさの生理メカニズム
・おいしさ研究の最前線
・味の信号は舌から延髄へ
 ほか
第4章 現代人の食べ方
・本能から見た辛味ブーム
・ラーメンブームにも本能の影がちらつく
 ほか
----------------
【著者について】
1953(昭和28)年京都府生まれ。京都大学農学部卒業、同大学院を経て、現在、京都大学大学院農学研究科教授。専門は食品・栄養化学。著書に『おいしさの科学』『食品と味』(編著)『子供を救う 給食革命』(共著)など。日本栄養・食糧学会評議員、日本香辛料研究会会長。
----------------

2016/03/11 17:41

投稿元:ブクログ

おいしさを四種類に分類し、その中の一つであり、筆者が最も強いとされる「情報のおいしさ」を主に取り上げた本。
上述の「情報のおいしさ」について書かれている前半は面白く、納得できる部分も多かったが、後半はなんというか一般論が多かったように思える。一言で言うと後半はあまり面白くなかった。

2013/12/22 12:16

投稿元:ブクログ

人間がおいしさを感じるメカニズムについて考察する本。
おいしさの構造を生理・文化・本能・情報などに分類し、それらの複合によっておいしさがもたらされるとしている。それらの中でも特に情報がもたらすおいしさに重きを置き、現代人の食事が情報に大きく依存していること、その行き過ぎについて書かれている。
おいしさという概念が分かりやすく解説されていて、誰もが「なんとなく」レベルで持っている理解を整理してくれる。食の安心・安全といった、多くの生物にとって無自覚レベルの分別を人間は宙に漂う情報へ委ねているのはうすら寒い。情報化の恩恵には存分に浴しても、その良し悪しを自分で判断する能力は持っていたい。

2015/01/15 19:53

投稿元:ブクログ

伏木先生の本はおもしろい。
言葉の 取り扱い方が うまい。
時折挟まれる『』文が 絶妙の間の手である。

美味しさを科学的に説明する。というのをメインテーマとする。
美味しさとは 多層的な構造をしている。
1 生理的欲求に合致した美味しさ
2 (生まれ育った)特定の食材に誘導されるやみつきの美味しさ→安心感
 (民族)文化に合致する美味しさ
3 脳の報酬系を強く刺激してやみつきとなる。
4 情報が美味しさをリードする;先入観。安全なものを食べる欲求。
脳科学、情報学、生理学、人文科学などの広がりを持つ。

情報過多に陥った現代人の美味しさの構造はイビツである。

 食べる時のかおりは 鼻が最初にであう 化学的な情報
『人間の口は味覚や食感を介して食品の化学的な情報に最初に出会う器官』
『舌の表面にある様々な受容体が食品成分に結合し、脳に送られる信号となることによって食品の成分がかなり正確に分析される。』
そのまえに ブランド名、表示、包装紙、見た目、匂い、など 情報として 察してから食べる。
口に入る前に評価をする。→『人間は脳で食べている。』
つまり、人間は、脳の情報に依存した食べ方に慣れてしまった。
そのために 五感で直接 食品の評価を判断する能力が低下した。

脳で感じるきれい 汚いとはなにか。
鍋で下着を洗うことは、許せない。下着が悪いのか?鍋が悪いのか?
『らしさ のためには科学は無力、いや逆効果でさえある。』

『食品には安全とともに安心が必要』
『安心の中には安全だけでは達成できない反科学的で人間臭い要因がいっぱいある。』
日本人が要求するのは 情緒的安心感。
信用とは 安心の結晶。

食品の中に 昆虫が入っていたら なぜ全部回収しなければならないか?
基本的に 気持ちが悪い 

偽装表示は 何が問題か?
『舌で判断できないから表示に頼っているのに、その表示を偽るなんて許せない。』

天然は安全といえるのか?
『天然はやはり最高、自然はやさしい。人間は自然と一緒に生きていかなくちゃ。』
『自然に対する畏敬に比べて、人間の技術に対する深い不信が感じられる。』
養殖と比べて、体脂肪蓄積が少ない。身がしまっている。
派手な味ではなくとも、繊細でほのかな美味しさがある。

『プロが褒める味』『味がわかる人間』

第2章
やみつきの美味しさ→高度な嗜好性食品。
『快感を強く生じる食べ物には、動物や人はやみつきになる。人間は油脂、甘味、アミノ酸などの旨味が好きである。それぞれ、生命維持のために必要な脂質、糖質、タンパク質の存在を示す味の信号である。』

前頭前脳束 快感をあらわす

なぜ美味しい店は 行列ができるのか?
タッグがついておれば、つけましょう。

情報重視は 安全対策にある。
『有毒な食物は、通常は食べて消化器官に達してから毒性を発揮する。消化管の中で有害な微生物が繁殖してからであることも多い。��

『匂いの判断は味よりもかなり正確である。味の受容体は甘味や旨味ならば一種類ずつであるが、毒物に関係が深い苦みでは30種類程度。匂いの受容体は、人間でも数百種類。ネズミでは1000種類に近い。』

『一部の汚染や不都合であっても、どれもが汚染されているような気持ち悪さを感じてしまう。不意をつかれた脳の過剰反応。』
『情報しか信じられない情報依存型人間は期限に過敏である。賞味期限とはいえ具体的に設定された期間を過ぎることは不安である。』

『脳の先回り、近道志向の影響が健康食品ブームに現れている。』

『口で確かめる動物と情報で推測する人間』
苦み(毒)や酸っぱさ(腐敗)があれば、動物は食べない。
それを避けなくなったことで、人間は 安全なものを区別できなくなった。
納豆など 腐敗さえもが 食文化の中に取り込むようになった。

『生理から快感への転換』それは 食もセックスもそうである。

『トウガラシの辛さは痛覚である。温度や酸を受容する温度受容体がカプサイシンという辛味成分に反応している。』

『調理や料理の歴史は、動物としての正常な満足(生理的満足)を打ち破るための魅力的な味付けに腐心してきた。食の文化が人間の生理的な制御を凌駕した。』→美味しいは快楽を求めるものとなった。

『視床下部から脳下垂体さらに副腎皮質というストレスの主要な伝達•応答経路』
『戦うための交感神経にかわって副交感神経が活発になる。』

『ネズミの食行動は栄養素の摂取に非常に忠実であるのに対して人間は楽しみにも関心がある。ネズミが生理に制御されているのに対して人間は、複雑な情報の影響が色濃くみられる。』

脳が 美味しさに対して どのようなメカニズムで行なわれるのかが
詳しく説明されていて 参考となる。
美味しいとは 社会的歴史的な背景と 人類進化の過程の中にあるのだと思う。
そして、生まれ落ちた地域の気候条件、自然条件が 美味しさの制約をするが
あまりにも 美味しいものが沢山あって 欲望は限りなく広がり
肥満や 生活習慣病は どんどんと広がっていく。

2014/11/13 04:59

投稿元:ブクログ

[雑感]
■味の良し悪しは,リアルな味覚ではなく,
 情報に影響を受けまくっているよねって感じの本。
■原点に立ち戻って身体感覚を取り戻したくなった。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む