サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

医学は科学ではない(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-06278-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

医学は科学ではない (ちくま新書)

著者 米山 公啓 (著)

臨床現場ではすべてを「科学」で解決できるわけではない。患者のほうが非科学的な治療を望むことも多々ある。科学的データか、患者の声か。現場の生々しい本音を紹介しながら、医療の...

もっと見る

医学は科学ではない (ちくま新書)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

臨床現場ではすべてを「科学」で解決できるわけではない。患者のほうが非科学的な治療を望むことも多々ある。科学的データか、患者の声か。現場の生々しい本音を紹介しながら、医療のジレンマを探り、臨床医学の虚構を暴く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

米山 公啓

略歴
〈米山公啓〉1952年山梨県生まれ。聖マリアンナ医科大学卒業。専門は神経内科。同大学第2内科助教授の職を辞し、本格的な著作活動に。現在も診療は続けている。著書に「「健康」という病」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2007/03/07 21:11

投稿元:ブクログ

 近年は科学的な研究結果を基に医療を行っていると思われていますが、実態は徒弟制度による責任回避構造と医者の自己都合によって医療が行われているようです。科学的な根拠なしに、医療が行われ、よくこんなもので成り立っているのか不思議になります。
 「評価されることでダメになる」だけを読むだけでも重文役に立ちます。

2009/07/05 16:17

投稿元:ブクログ

科学的根拠がないが結果が出ている治療も確かにあります。だからといっていい加減な代替医療が許されるのもまずいわけで。バランス良くやりましょうというのが結論でしたっけ?よく覚えていない。

2008/09/15 20:46

投稿元:ブクログ

医学というものは科学にもとづいたものではなく、不確かなことが多く、また人間というダイナミックなものに対する学問(?)であるがゆえに、そこの点を考慮した医療が必要だと提言する本。

2010/08/29 15:57

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
患者は病気を治すために薬を飲む。
医者は病状を良くするために治療をする。
その根拠は科学的であると考えられているが、実際には曖昧であることが多い。
なぜか。
科学的データにもとづく「平均値治療」が奨励されているとはいえ、臨床の現場では、すべてを科学で解決できるとはかぎらないからだ。
むしろ、患者のほうが非科学的な治療を望むことも多々ある。
科学的データか患者の声か、その狭間でジレンマに陥る医療は、進むべき道をどこに探したらよいのか?
本書では、現場の生々しい本音を紹介しながら、臨床医学の虚構を暴く。
医の根源を見つめ、科学的根拠も経験も踏まえた、よりよい医療を模索する試み。

[ 目次 ]
第1章 統計学が医学なのか
第2章 医学は芸術であった
第3章 医者は科学的根拠で治療しているか
第4章 人間的だからこそ科学ではない
第5章 医学を科学と誤解する人たち
第6章 患者は医療に何を求めるのか
第7章 健康食品と代替医療
第8章 医学をどう考えるべきか

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2012/03/27 18:43

投稿元:ブクログ

医学は科学ではない。科学によって発展してきた西洋医学はたしかに私達の健康に貢献してきた。しかし、医学と科学と捉えてしまっている以上、越えられない壁や患者との間に生じるコミュニケーションのズレを修正することは難しい。本書では医学を科学とすることで現在起きている弊害を紹介するとともに、医学は本当に科学なのかということを問い直している。もちろん答えはタイトル通り医学は科学ではないということになるのだが、そこに至るまでの展開が面白い。一読をおすすめする。誰のための医学か。もちろん、患者のための医学なのだ。それが科学であっても、そうでなかろうとも。

2012/01/07 23:44

投稿元:ブクログ

2005年12月10発行の書。

たぶんタイトルをみて購入したのだと思う。

冒頭よりなんだかEBMに対する批判なんだけど、それはむしろ科学偏重の医療のあり方に対する批判であって、EBMを科学偏重ととらえた誤解から生じているんではないかと思う。

『EBMには分析データを絶対視する傾向がある(p.19)』『EBMという平均値の医療(p.189)』などという言葉にその誤解が伺える。
また、『医学』という語と『医療』が混在しているようにとれるが、著者がどのようにこの語を使い分けているのか、あるいは使い分けていないのがよくわからない。

内容としては、EBM・NBMを推奨しているようにも思えるのだけども、「EBMのような科学偏重はイカン」というような意見も飛び出すので興ざめである。

しかれども、医学(医療?)のあり方についての著者の意見は、時に冗長といえるほど解説されていて、見方によっては医療者やそれにふれる患者(潜在的な患者)への注意喚起や反省としてとらえることも出来る。

現代において絶対的な医療行為は存在しないことや、行われる医療行為の曖昧さを指摘している点はよいと思う。
けれども、世の中には、最良の医療の提供を目指している面々がいてその努力が存在していることを紹介してもいいのではないかとも思った。

読了後の感想としては、不満足。
「医学は科学ではない」
たしかに、医学は科学ではないかも知れない。が、それをどうアートに結びつけるかという内容を期待していたのかもしれない。

2011/06/20 18:50

投稿元:ブクログ

医学は科学だと思っていたが、科学の定義をきちんと考えるとそれが間違いだということに気がつく。
なのに何故みんな医学は科学だという信仰をやめないのであろう。
医学は科学ではないと自覚することから、医師の傲慢さや患者の医師信仰がなくなるのではないだろうか。
命を守ることが大切なはずなのに新しい研究は潰され、なかなか薬の効果を試す科学的な実験は出来ない医療界は、絶望と矛盾に満ちているように感じた。
しかし人間はそこしか頼るところがないために、医療界を絶対的なものだと信じ、そのことで治癒していく。
信仰することで絶望せずに成り立っているのではないかと感じた。

2009/08/21 17:15

投稿元:ブクログ

安くて平等な日本の医療保険制度。もう少し、平等のレベルを下げてもいいのに、こと生命がかかるだけに、下げにくい。こういう風に考えるお医者さんが増えれば、日本の医療も少しは変わっていくのでは?と思う。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む