サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 人類は絶滅する 化石が明かす「残された時間」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人類は絶滅する 化石が明かす「残された時間」
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:20cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-250069-7
  • 国内送料無料

紙の本

人類は絶滅する 化石が明かす「残された時間」

著者 マイケル・ボウルター (著),佐々木 信雄 (訳)

6度目の「大絶滅」はいつ来るのか? 世界最大の化石記録データベースをもとに、諸科学の最新成果を加味して描き出された全生物共通の「繁栄と衰亡」の進化パターンから、人類は自ら...

もっと見る

人類は絶滅する 化石が明かす「残された時間」

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

6度目の「大絶滅」はいつ来るのか? 世界最大の化石記録データベースをもとに、諸科学の最新成果を加味して描き出された全生物共通の「繁栄と衰亡」の進化パターンから、人類は自ら破滅への道を突き進んでいると警告する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マイケル・ボウルター

略歴
〈マイケル・ボウルター〉イースト・ロンドン大学古生物学教授。絶滅動植物に関する世界最大データベース「化石記録2」の分析チームを率いて、人類が直面する現在の状況を解きあかす研究を行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人類絶滅を早める愚かな人間たちの未来はどうなるの

2006/11/12 17:09

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人類は絶滅する。考えてみれば、いつかそんな日が来ることは当たり前のことかも知れない。それがタイトルになるとドキッとする人もいるだろう。しかし、問題はその絶滅を早める愚かな人間がいることだろう。
 著者は、これまで古生物学者を自称してきた。しかし、ヒトの誕生の起源などを解明するには、いまやあらゆる科学との連携が必要である。様々な分野の学問をリンクさせることの必要性を主張している。
 本書は、人類の絶滅について語る前に、これまでの生物の進化と絶滅との関係を分析している。そして、恐竜が絶滅したように人類も同じ運命をたどるという。
 しかし、それだけではない。かつて絶滅した生物と人類は大きな違いがある。人間は環境を破壊できる能力をもっているということである。
 著者が、私たち人類はもともと利己的で攻撃的だとする主張に基づく推測には同意できないこともあるが、いま絶滅への道を早めている人間に対する警告には同感である。
 「人類の破壊的な振る舞いがすでに一線を越えている事実を示す」「私たち自身の絶滅までどれほどの時間が残されているのか」「それはすぐそこまで迫っている。でも古生物学者のいう”すぐ”であることをお忘れなく」
 著者の現在の人間不信というか、とりわけ政治家にその不信がむけられているのだが、そこから著者は絶望を感じているようにも見受けられる。少しだけ希望はあるようだが。
 政治家の背景にある資本主義社会の本質に直接は触れてはいないが、興味深いのは「産業革命から現在までの200年」が大きな意味をもつと指摘していることだろう。
 人類が、いつ絶滅するのか。その答えは、本書で確かめてみていただきたい。
 私が本書を読んで言いたいことはひとつ。人類の絶滅を早める今の儲け優先のシステムを変革し、自然破壊や戦争、人類とは共存できない核兵器などを止めなせ、無くすために人類の英知と力をあわせるべきだ、ということである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/10 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/04 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る