サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0923-24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/1005p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-53485-4
  • 国内送料無料

紙の本

たびを 花村文学の旅立ち

著者 花村 萬月 (著)

スーパーカブを駆って日本一周をつづける浪人生・虹児。旅先で出会う友情、憎悪、つかの間の恋…。19歳のひと夏を描く物語。『週刊小説』『月刊ジェイ・ノベル』連載を単行本化。【...

もっと見る

たびを 花村文学の旅立ち

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スーパーカブを駆って日本一周をつづける浪人生・虹児。旅先で出会う友情、憎悪、つかの間の恋…。19歳のひと夏を描く物語。『週刊小説』『月刊ジェイ・ノベル』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

花村 萬月

略歴
〈花村萬月〉1955年東京生まれ。「ゴッド・ブレイス物語」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。「皆月」で吉川英治文学新人賞、「ゲルマニウムの夜」で芥川賞を受賞。ほかの著書に「浄夜」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

孤独と出会いで綴られる旅と青春の物語

2006/04/22 00:20

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まるで弁当箱。1000ページの著者最大長編作品が登場した。執筆は中断を挟んで9年半、編集担当者は四人を数えるという小説作成としては相当のスケールを持つ作品である。
 一言で言うならロード・ノベル。著者が小説デビューに前旅専門誌に紀行文を寄せるライターであり、かつバイク乗りであることはよく知られているが、その著者の生身の原点に迫った作品としての渾身の書きっぷりからすると、本書はある意味でこの作家の金字塔であり、なおかつ亜流でもあるのかと思われる。
 著者はバイオレンスとセックスの描写でエキセントリックな人であり、それを展開する土壌としてミステリ畑やノワールな風土に、著者の本意ではなくても結果的に顔が知られた人である。そうした過激さが売りである著者が、自分の体験した旅をベースにして、19歳青年の日本一周旅行を書き上げたという意味では、小説化してゆく作業は、常に事実・体験という鏡があるせいで、かなり難度が高かったのではないか。
 同時に小説としての逸脱ができないほどに取り決めてしまった大プロットがルールのように存在するというのも、萬月氏としては自らに課したさぞかし高いハードルだったろう。何せ「スーパーカブを駆って日本一周を旅するひと夏の体験」の「青春小説」なのだから。その旅程という枠組みを地道に逸脱なく終えてゆかねばならないのだから。
 東京吉祥寺を出発して、静岡に向かう。紀伊半島からフェリーで徳島に渡り、さらに四国を横断して大分へ上陸。鹿児島周りで北九州に北上し、山陰をゆく。京都で一ヶ月を過ごし、その後、再び北上。北海道で全体の3割ほどのページを割いたのは、萬月氏の北海道への愛着もあってのことだろうか。その後三陸を南下し、房総半島から一路東京へ帰り着く。
 そうした旅程の中で、実に多くの道連れを青年は得る。それぞれに必死に足掻き、青年と切り結んでゆく孤独な魂がある。様々な形での旅先での交情が、青年を成熟させ鍛え抜いてゆくが、青年は旅を始める前の東京の自分の日常をその中で見直し、徐々に再発見してゆくことになる。
 こうシンプルに書くと、萬月らしからぬやたら健全な青春小説ではないか。しかし、実はその陰影の濃い筆致は、やはりこの著者でしか書けない材料で満たされる。孤独と向き合い生きるということができなかった少女の追憶がいつも夢枕に寄り添う。死と、性と、他者という緊迫。独りになったときの虚ろ。路上に走る殺意の群れ。恐ろしいまでの他人への無関心。旅の風景として点在する不思議な老人たちの表情。聴きなれぬ言葉。時代に取り残されたような、鄙び、荒れ果てた光景。そして心象風景と化してゆく追憶の果ての残像たち。
 繰り返される思い出のフラッシュバック。思い出される出会いと別れ。人間的なあまりに多くの要素をこれでもかとばかりに表現し抜いて、改造スーパーカブが日本列島を走り抜ける。啜り泣き、呻き、傷跡を拭い、孤独を抱き締める狂おしいほどの青春の密度が、ここにある。
 日本一周の達成感を1000ページの達成感と重複体験させてくれる力作。どうだと言わんばかりの物理的重さ。どこかに持ち出して読める本ではありません。じっくりと時間を用意して、この物語に向かい合ってみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/27 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/21 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/11 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。