サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「食」の課外授業(平凡社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85304-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「食」の課外授業 (平凡社新書)

著者 西江 雅之 (著)

人間にとって「食べる」とはなにか? 食べる物と食べられる物の違いとは? 「食べる」「飲む」ことについて、ちょっと視点を変えて見てみると…。文化人類学の視点から見た、驚きに...

もっと見る

「食」の課外授業 (平凡社新書)

799(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

「食」の課外授業

799(税込)

「食」の課外授業

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間にとって「食べる」とはなにか? 食べる物と食べられる物の違いとは? 「食べる」「飲む」ことについて、ちょっと視点を変えて見てみると…。文化人類学の視点から見た、驚きに満ちた人間と食の関係。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西江 雅之

略歴
〈西江雅之〉1937年東京生まれ。文化人類学者・言語学者。著書に「花のある遠景」「わたしは猫になりたかった」「「ことば」の課外授業」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

食の文化的垣根を飛び越えることでまた新しい何かが生まれてくることを教えてくれる書

2006/01/22 10:12

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の職場にインターンとしてやってきたオランダ人大学院生は白米を醤油に浸して「味つけ」しながら食べていました。彼女の舌には、白米は全く味のしない不思議な食物だったのです。
 また、私のアメリカ人の元同僚は焼肉店で牛タンが食べられませんでした。「牛の舌」と想像しただけで食欲が減退するというのです。
 私自身、16年前にニューヨークのチベット料理店で炊きたてのご飯にプレーンヨーグルトをかけたデザートを試したことがあります。口に入れる前には大変勇気の要る食べ物に見えましたが、レーズンのほどよい甘味が利いていて大変おいしく感じられたことをよく覚えています。

 「食」が「生きる上で必要な栄養を体内に摂取する」行為だけを意味するなら、味のしない白米も牛の舌も十分栄養を含んでいて、「食すにふさわしい」食べ物です。しかし人間は頑なに「食べ物かくあるべし」と考え、ある文化にとっての食物は他の文化にとっては奇妙奇天烈な物体でしかありません。
 本書はまさに「食」を、栄養学や生物学の視点ではなく、文化人類学的、つまり記号論の視点から読み解く、実に平易で興味深い一冊です。

 本書を読むと、私たちは「食」によって様々な形で縛られていることに気づかされます。本書はその縛りの意味について説きながら、同時に人間にはその縛りを、ゆっくりとではあるけれども解きほどいていく可能性をもった存在であることも示してくれます。
 ほんの20年ほど前の日本では妙齢の女性が一人で立ち食いそば屋に入ることは奇異に思われましたし、お金を出してボトル入りの水を買うことなどありえなかったのですが、今ではそんなことは珍しくなくなりました。
 そうしたかつては見られなかった現象を生み出す余地のことを本書は食の「空地」と呼びます。その「空地」が埋められることによって、日本では女性だけが集まって酒場でビールを飲むという行為も認知されるようになったというのです。
 今後日本の食文化の「空地」がどのように埋められ、新たに何が生みだされるのか。とても楽しみです。

*韓国語で日本料理を意味する「イル・シク」を漢字表記すれば「日食」となるとあります(138頁)が、これは誤り。「イル・シク」の漢字表記は「日式」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/14 17:02

投稿元:ブクログ

食べるものと、食べられるもの。食のタブー・・・
そんなこんなを書いてあります。読んでいて、美味しい楽しい感じはしませんが、世界は実に様々な人々がいるんだなあと。

2011/05/30 07:00

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
人間にとって「食べる」とはなにか?
「食べる物」と「食べられる物」の違いはなにか?
文化によって食の制約があるのはなぜか?
食べる上でのさまざまなタブーは、どのようなものか?
日々行っている「食べる」ことと「飲む」ことについて、ちょっと視点を変えて見てみると…。
文化人類学の視点から見た、驚きに満ちた人間と食の関係。

[ 目次 ]
第1話 「食べる」とは何か
第2話 「食べ物」は「文化」である
第3話 食べ物とコミュニケーション
第4話 食べ物と制約
第5話 食べ物のフィールドワーク
第6話 料理を「創る」
第7話 「食べ物」の「伝統」を考える
第8話 「食べ物」をめぐる「欲望」
第9話 行為と用具

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/09/29 05:27

投稿元:ブクログ

「食べる」という行為を文化人類学の立場から分析した本。「食べられるもの」と「食べ物」の差異の話から始まり、コミュニケーション論としての食、食とタブー、「伝統料理」の創出など、人間の文化的営みという観点から「食」を捉え直していく。単に食の話をするだけでなく、文化を分析する時の理論的枠組みの基礎の紹介などもあって、入門書としてよく出来ていると思う。「鮨を一皿に二貫置くようになったのはいつからか」「めいめい箸の習慣は世界でも珍しい」などの小ネタも面白かった。文章も平易で、中学生に読ませるのにちょうどよい。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む