サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

脳の中の人生(中公新書ラクレ)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書ラクレ
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-150200-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

脳の中の人生 (中公新書ラクレ)

著者 茂木 健一郎 (著)

「アタマがいい=記憶力が良い」は本当? 「脳を鍛える」ために本当に必要なことは? テレビでも人気の茂木先生が、脳の最新知見をベースに人生をより楽しく考えるヒントを特別授業...

もっと見る

脳の中の人生 (中公新書ラクレ)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

脳の中の人生

648(税込)

脳の中の人生

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「アタマがいい=記憶力が良い」は本当? 「脳を鍛える」ために本当に必要なことは? テレビでも人気の茂木先生が、脳の最新知見をベースに人生をより楽しく考えるヒントを特別授業。茂木脳科学の入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茂木 健一郎

略歴
〈茂木健一郎〉1962年東京生まれ。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー、東京工業大学大学院客員助教授。著書に「クオリア降臨」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

「新々・考えるヒント」

2005/12/20 13:50

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「読売ウィークリー」に連載された文章と、6つの章のそれぞれの頭に置かれた書き下ろしの「考えるヒント」を収めたコラム集。
 医学に基礎医学と臨床医学があるように、脳科学にも「一人一人の人生の中で起こる具体的な出来事に脳の視点から向き合う「臨床脳科学」があってもよいのではないか」(まえがき「人生という具体の海に飛び込まなければならない」)。これはほとんど茂木流「バカの壁」もしくは「手入れの思想」であり、茂木版「新々・考えるヒント」だ。
 本書に、茂木氏いうところの「養老さん独特の、ひんやりと肝に響くロジックの痛快さ」が加われば鬼に金棒だが、茂木健一郎は養老孟司ほどにヒトが悪くない。『ケータイを持ったサル』の正高信男が著者を「多動症」と診断したと本書に書いてある。なるほど多動症では目が、いや腰が据わっていないわけだ。(これは悪口ではありません。フットワークが軽いと言っているのです。念のため。)
 それにしても、この人はほんとうに文章が上手い。この調子でいけば、政治や経済や経営のことを明快に論じることなど朝飯前だろう。実際、『中央公論』で時評を連載しているし、本書にも企業の研修会に呼ばれた経験を踏まえて「個人と組織の関係がどうあるべきか」と考える「あなたの会社は「野球型」?「サッカー型」?」が収められている。
 脳科学者兼サイエンスライターとしての茂木健一郎ファンたる私としては、茂木氏にはこういう種類の文章を書いてほしくないのだが、それは茂木氏の勝手だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/07 05:32

投稿元:ブクログ

読売ウィークリー連載の科学コラム。最新の脳科学の成果が非常に平易に書かれていて面白い。脳研究は脳が脳を理解するというメタ構造になっている。メタ構造故のフィードバックの際限無さもまた「脳的」なのだろう。

2007/04/18 21:14

投稿元:ブクログ

人生の愛で方(いかに生きるか)を、最新の脳科学を引き合いに出しながらの小論集。

まえがきに「人生という具体の海に飛び込まなければならない」とあったんですが、このまえがきだけは、後から読み返してみてもさっぱりわかりません。こんなことで、以後、どこまで付き合えるか心配でしたが、本文の方は、全テーマ2〜3ページに要領よくまとめてあり、わかりやすかったです。
印象に残ったお話として、
1.京都で有名な「哲学の道」を歩いても閃かなかったのは何故か?
2.最近、よく目にするようになったセレンディビティという言葉の意味。使い方。
3.「世界は誰のものか」と問うてみる人間性
4.日本の科学離れは、いたずらにわかりやすさだけを追求し、わかったことだけをおもしろおかしく紹介するメディアの風潮によるところが大
といったあたりでした。
なお上の第4項は著者の天に向かっての唾になっているように感じた私はひねくれ者でしょうか。
2007/4/1

2006/06/26 13:22

投稿元:ブクログ

「世界一受けたい授業」などTVでも活躍している脳科学者 茂木 健一郎さんの本。シンボル化、メタ認知のところなんかは、なるほどなぁと感動した。全体的にさらっと書いてある為、不完全燃焼になる話もちらほら。まあ、こんなもんかねってことで、★3つ。

2006/02/14 00:01

投稿元:ブクログ

理学系の脳科学者が、最近の脳知見をもとに、人生や生き方について考えている。ふむふむなるほど、的な所もあるし、いまいちやな、ちょっと説教くさいかな、的な所もある。と思った。

2006/03/21 05:10

投稿元:ブクログ

我々の周りで日常的に起こる事象や、我々の心の動き、考え方などを脳科学の観点から著者なりの意見を加えつつ解説。脳を鍛えるというよりは、より人生を楽しむための処方箋に近い。

2006/10/17 22:27

投稿元:ブクログ

『変わらなくちゃが探究心を殺す』衝撃的なサブタイトルです。 世界一受けたい授業にも出演されている数学者 茂木健一郎 さんが書かれている本です。脳研究をしている私もふむふむと思いながら読んでます。

2006/04/02 09:52

投稿元:ブクログ

これを読んで、小説を読んで素敵なことばに出会い、何かに気付いて感動したりした時のように心がうきうきした。自分の考えの幅が少しだけ広くなった気もし、心(脳)にまだまだ『知る』すきまを与えてくれる一冊。

2006/12/17 00:42

投稿元:ブクログ

脳科学とおもしろいトピックのコラボレーション。内容もさることながら、伝えたいこと×難しいこと×読みやすさ、という書き方も秀逸

2007/05/29 00:53

投稿元:ブクログ

脳みそってほんま不思議やな〜!!
この本で特に述べられていたのは
ゆったり時間をすごすことの大切さ。
なにもしないことも、なんでも脳の刺激になるんやな〜。
やりたいことをやってみよう。

2008/04/09 14:37

投稿元:ブクログ

脳科学者、茂木健一郎の脳科学に関する本…。と思ったら軽く自己啓発本だった…。
しまった!新書の7割は自己啓発本だった!!!
私は自己啓発本と言うのが苦手だ。800円くらいで人生変わるなら苦労しないし。当たり前の事しか書いてないから。
その当たり前の事が出来ないから駄目人間なんだよー!!!
でもちょいちょいある脳科学の話は面白かったです。
もうちょっといっぱい知りたかったな。

2007/11/16 15:06

投稿元:ブクログ

2007.11.16読了。
キーワードは創造性と不確実性の共存。不確実なものを真剣に考えることで創造が生まれるという。不確実性とはいいかえれば可能性でもある。仮説でありつづけることに満足できないこともあるかもしれないが、それが何等かの実感、共感を得て個人の事実に成り得ることもあるのだ。逆にいえば実際に裏返ることのないような証明においても、視点、観点、もしくは扱う資料を変えればあるところではその論理の欠陥を浮き彫りにしてしまうことなのかもしれない。「わからない」ことを楽しみたいと作者はいう。それは「わからない」課題に対して、ある可能性の糸口をあらゆる視点から想像、仮定してみる作業のように思う。はあ、「結婚」のいくとおりかの可能性を想像して少しだけがっかりもしたり、楽しみだったりするように。

2007/01/29 20:07

投稿元:ブクログ

「脳」の視点でみた日常をエッセイ風アプローチで描かれている。 第六章『精神を世界に開いてみませんか?』がお気に入り。  茂木さんはやわらかでロマンチックな脳の持ち主なのだろうと思えた。

2007/05/05 13:34

投稿元:ブクログ

5月5日読了。茂木氏の語る短いコラムを集めた構成の本。「脳を鍛える」ためには変なドリルをやったりするのではなく、日常にあふれる様々な事柄に感動していくことが必要だ、との主張か。とは言え最初っから寄り道しまくりの人生ではきっと人生に新しい発見なんてものは生まれず、目的に向かって脇目も振らず一直線に進もうと努力するからこそ、寄り道における発見が可能になるのかもしれないな。

2011/08/18 12:49

投稿元:ブクログ

これは以前レビューした茂木さんの本、
「それでも脳はたくらむ」の前編に当たる本。
三部作のうちの一作目。
旅行前に読んだ本なので、
いささか記憶があやふやではありますが、
「それでも脳はたくらむ」と変わらず楽しめた本でした。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む