サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 物語・おはなしの通販
  5. 松柏社の通販
  6. 9番教室のなぞ 幽霊からのメッセージ がんばれフランキー・DBNT!の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発売日:2005/12/01
  • 出版社: 松柏社
  • サイズ:20cm/323p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-7754-0103-3

紙の本

9番教室のなぞ 幽霊からのメッセージ がんばれフランキー・DBNT!

著者 ジュリア・ジャーマン (作),ふなと よし子 (訳)

教室に幽霊が出るって? あの字はなんだ! フランキーはそのなぞを知りたくて、勇気をふりしぼった…。読んだり書いたりが苦手でも頭は悪くない! ディスレクシア(難読症)の少年...

もっと見る

9番教室のなぞ 幽霊からのメッセージ がんばれフランキー・DBNT!

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

教室に幽霊が出るって? あの字はなんだ! フランキーはそのなぞを知りたくて、勇気をふりしぼった…。読んだり書いたりが苦手でも頭は悪くない! ディスレクシア(難読症)の少年が主人公の、ミステリアスな友情物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジュリア・ジャーマン

略歴
〈ジュリア・ジャーマン〉1946年イギリス生まれ。マンチェスター大学で英語とドラマを専攻。教職を経て児童文学作家。執筆のかたわら、講演や学校訪問などを数多くこなし、読書運動にも力をそそぐ。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ディスレクシアだからこそ解けたなぞ

2009/08/10 05:36

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初のページの謝辞に、こんな言葉がある。

「特に、読んだり書いたりするときの困難さを話してくれて、
実際の手書きの文字を参考として貸してくれた子どもたち、
また、そうした子どもたちを支援している先生方には
あらためてお礼を申し上げます。」

本書は、ディスレクシアの当事者や家族、支援している先生、
ディスレクシア協会等の協力を得て書かれた本なのである。

巻末には、
「保護者や教育関係者の方へ―ディスレクシア(読み書き困難)について」
という東京学芸大学教授の小池敏英氏の論考もついている。

2005年12月出版。

書名にディスレクシアと入っていなかったために、
見逃してしまっていたのだが、結構前に出版されていたのだ。

本書は、ディスレクシアの少年を主人公とした
ミステリー仕立て、ホラー仕立ての児童書である。

主人公のフランキーは、
ディスレクシアの当事者の協力を得ていることがうまく生かされていて、
ディスレクシア的な特徴と本人のキャラクターとがうまくマッチした、
読者が共感できる少年になっている。

彼は、フランキー・ラグルズ・DBNT。

彼が自分につける、DBNTにはちゃんと意味があるのだが、
それは、最後まで読んでのお楽しみ。

混乱しそうになったとき、落ち込みそうになったとき、
心無い人の言葉で傷つきそうなとき、
フランキーは、いつものモットーをこころの中でとなえる。

「背すじをのばせ、フランキー、自信を持つんだ!」

この言葉は、太字で何度も表れる。

これは、フランキーの言葉だけではない。

著者が接した多くのディスレクシアの子どもたちが
自分にかけていた言葉だったに違いない。

どれほど、セルフ・エスティームが大事かを、フランキーは知っている。

彼は、自分の励ます言葉をたくさん持っていて、心の中でかけ続けている。

ディスレクシアの特徴は、随所に織り込まれている。

文字が躍りだして、順番が変わってしまうこと、

言葉からイメージが出るから、
自分の名前を絵にするような課題は得意なこと、

毎回どうやって逃げ出そうか知恵を絞って悩むくらいに、
音読が苦手なこと、

将来のことを思うと不安になること・・・。

母親は、フランキーのためにディスレクシアの情報を
いつも集めているような熱心な人。

「フランキーは、レオナルド・ダ・ヴィンチのように創造力があるのよ」
と言ったように、ディスレクシアといわれている
有名な人を引き合いに出して、フランキーを褒める。

毎日、読み聞かせもする。

フランキーは、ダ・ヴィンチのように絵がとびぬけて
うまいわけでもないし、すごい発明ができるわけでもないし、
ダンカン・グッドヒューのように
オリンピックで金メダルをとる水泳選手でもないし・・・・と
おおげさな母親の反応にちょっと困ってもいる。

彼女は、赤ちゃんのときにハイハイが足りなかった説を聞けば
ハイハイを試し、
両方の目の像がうまく結びつかないから字が読みにくいんだから
片目で見ればよいという説を聞けば、眼帯を試す。

熱心なお母さんは、学校にディスレクシアを理解しない先生がいると、
真っ向からけんかを売ってしまう。

それで、フランキーは前の学校を転校して、
この聖オウラフ学校に来たのだ。

「ぼくはフランキー・ラグルズ・DBNTだ。そこそこうまくやってければそれでいいんだ」と思っている。

イギリスの学校がディスレクシアをどう支援しているのかも、
本書から読み取ることができる。

たとえば、授業のときに集中がそれたら注意したり、
今どこをやっているかなどを教えてくれるような
サポートにつくクラスメートがいる。

イギリスにも、いじわるな先生や友達もいるのだろうが、
支援がより自然な形で準備されているのだと感じる。

いじわるな先生といえば、
絵に描いたようないじわるな先生・ドックブル先生は
本書のキーとなる登場人物の一人である。

9番教室に現れる幽霊は、フランキーにしか見えない。

ペイシャンスのおじさんも幽霊が見えたらしいけれど、
今はオーストラリアにいる。

幽霊は、黒板に文字を残していく。

これは、フランキーだからこそ、読み取れた。

「ディスレクシアでも読み取れた」ではなくて、
「ディスレクシアだからこそ読み取れた」というところが深い。

学校の歴史を紐解いていくうち、フランキーは幽霊の正体、
そして、幽霊がどんな人だったのかがわかっていく。

幽霊は、なぜ現れるのか、なぜフランキーにだけ見えるのか、
黒板のメッセージは何を伝えようとしているのか。

ホラー系、ミステリー系のもつ、
どこか悲しい、どこか切ない雰囲気は確かにあるのだが、
この作品は、いろいろあっても、最後は前向きになれる作品である。

すべての謎が解けたとき、悲しさと切なさだけでなく、爽快感があった。

自身と息子のディスレクシアについて語った藤堂栄子氏が本の題名とした
『ディスレクシアでも大丈夫!』。

フランキーには、まさに、この言葉がまさにぴったりなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。