サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 資本主義の未来を問う 変貌する市場・企業・政府の関係

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

資本主義の未来を問う 変貌する市場・企業・政府の関係
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:20cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-35187-1
  • 国内送料無料

紙の本

資本主義の未来を問う 変貌する市場・企業・政府の関係

著者 日本経済新聞社 (編)

マクロ・ミクロ経済、政治、文化、歴史など様々な分野の第一級の専門家が、各分野から見た今後の資本主義の姿をわかりやすく、コンパクトに展望、提言する。『日本経済新聞』連載記事...

もっと見る

資本主義の未来を問う 変貌する市場・企業・政府の関係

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マクロ・ミクロ経済、政治、文化、歴史など様々な分野の第一級の専門家が、各分野から見た今後の資本主義の姿をわかりやすく、コンパクトに展望、提言する。『日本経済新聞』連載記事を加筆・編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

競争と統治とモラル 猪木武徳 著 13-27
市場と国家と政治 佐々木毅 著 29-43
社会的共通資本の時代 宇沢弘文 著 45-58

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/01/31 22:05

投稿元:ブクログ

最近,資本主義というものを今一度明確にしたいと思い購入。論客15人,主に経済学者が資本主義というものについて語っている。というか自分の専門領域を語っているだけだが,そもそも日本で常識的に学んでいる経済学が資本主義に直結しているので本題の主旨に即してはいる。個人的に良かったと思う項は2つ。

1つめ今後日本企業が目指すべきとされる知識創造企業の観点から論じている野中郁次郎。なんしかこの人の文章は毎回圧倒的な深みを感じてしまうので,本が真っ赤かになってしまう。
2つめ,最近加熱気味にあるマネーゲームの要因として考えられる金融市場のグローバル化における諸問題について。国際資本移動がどのような意味を持つのか,例えばGMの衰退はトヨタに負けたのが原因ではなく,米国内で相対的地位が落ちたのが原因だという。これがなぜかという問いに資本移動が自由な市場と不自由な市場の比較をあわせて,また為替調整を絡めてシンプルな2要素(産業の生産性と国民の貯蓄意欲)を用いて論じている小野善康。
伊藤元重の項では技術革新について書かれていたが,あまり真新しさは感じられなかった。

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む