サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンをめぐる人々(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/394p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-275306-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンをめぐる人々 (講談社文庫 完訳クラシック赤毛のアン)

著者 L.M.モンゴメリー (著),掛川 恭子 (訳)

『アンの友だち』に続いて、アボンリーのユニークな村人たちのエピソードが、しゃれた筆致で綴られる。夫婦に、親子に、姉妹に、恋に恵まれずに晩年を迎えた人々に…頑なな人たちにつ...

もっと見る

アンをめぐる人々 (講談社文庫 完訳クラシック赤毛のアン)

792(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『アンの友だち』に続いて、アボンリーのユニークな村人たちのエピソードが、しゃれた筆致で綴られる。夫婦に、親子に、姉妹に、恋に恵まれずに晩年を迎えた人々に…頑なな人たちにつぎつぎ起こる15の愛の奇跡。愛の神は、誰をも謙虚で素直にさせる。好評完訳版シリーズついに完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

かわいいファティマ 9-32
ひょうたんから駒 33-56
入り江の結婚式 57-96

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

物足りない部分は想像力で補おう

2009/05/22 11:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱせりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 モンゴメリが没にした作品を当時の出版社が無断で勝手に出した作品集です。
 そのため、厳密にはアン・ブックスには含まれていません。
 とはいえ、我々アンのファンはアヴォンリーの空気や当時のカナダ人の気風を愛してきましたので、作家として不本意なものでもアンに直接関係なくとも、単純に読めるとうれしいものです。
 作家が没にしたものさえ味わいたい読者というのも強欲なものですが。

 たしかにモンゴメリによって没にされただけはあって、他の作品集に比べると踏み込みが浅かったり物足りない部分はありますが、それすらも短編集ならではの味として想像力で補えば、キラキラと輝いてきます。
 思えば、私たちはアンによって想像力の大事さ、素晴らしさ、そしてそれを武器にして世の中を渡っていくことをみっちりと仕込まれていたのです。
 そのことを強く思い起こされた1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/09 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る