サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

逸脱者 上(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/359p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-275307-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

逸脱者 上 (講談社文庫)

著者 グレッグ・ルッカ (著),飯干 京子 (訳)

世界的に著名な要人を窮地から救ったことで、一躍全米中の注目を集めたアティカスは、再び同じ要人の警護を依頼される。危険人物と思しきストーカーが浮かび上がり、すぐさま調査に乗...

もっと見る

逸脱者 上 (講談社文庫)

751(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界的に著名な要人を窮地から救ったことで、一躍全米中の注目を集めたアティカスは、再び同じ要人の警護を依頼される。危険人物と思しきストーカーが浮かび上がり、すぐさま調査に乗り出す。すると、プロの暗殺者がアメリカで活動をはじめたとの情報が入る。暗殺者の狙いは警護対象者か、それとも—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

たまには過激なアクションストーリーを楽しもう

2006/03/22 16:12

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日読んだジャン=クリストフ・グランジェ『狼の帝国』はフランス製のハードバイオレンスだったがこれは本家アメリカの活劇小説である。新刊の読みたい本が見あたらなくなった間隙には古典かさもなければこのような過激なアクションストーリーを楽しむに限る。特に通勤途上では絶好のエンターテインメントだ。
『狼の帝国』にはフランス社会のノワールな精神が味付けされていたがこれはどちらかといえば明るく楽しく残酷なゲームを提供しようとのサービス精神に徹している。
「暗殺者とボディガード。プロの誇りと意地が火花を散らす!」>暗殺者だって「わるい人」ではない、ボディガードだって「いい人」ではないよ、お互い誇りと意地を大切にするプロなのよ。これが基本のルールーだ。この架空のルールを徹した、ゲームとしての攻防戦だ。
「息もつかせぬ怒濤の展開」とキャッチコピー通りに面白い。
ゲームというのはルール厳守でなりたつ。審判の判断が絶対真であるとするのがルールであれば、いくらビデオテープをプレイバックしてそれはセーフだと実証できたところで審判の判断がアウトであればアウトが正しいのだ。だからルールを厳守するアメリカが他国とゲームをして勝ちたいときにはアメリカびいきの審判をたてるのは間違いない戦略なのだ。もっともその戦略が破綻する現実は実にドラマチックな展開でありました。
「女(暗殺者)は男(ボディガード)に賭けた、男は命を懸けた」「女は過去を捨てた、男は信念を貫いた」「暗殺者の素顔のなんとドラマチックなことか」と紹介がされたところでこの本来敵対する男女の心情に深く感じ入るべき文芸作品ではなく、かといって叙情あふれる古典的ハードボイルドでもない。現実的でもなくこの色模様はやはりゲームを面白く進めるために必要だった枠組みとしてとらえておこう。
「女暗殺者ドラマの本当の目的は別にあったのだ。期せずして暗殺者と行動をともにすることになったボディガード・アティカスのもとに、もうひとりの暗殺者が現れる」
「上巻から下巻へ、思いも寄らない展開に読者はページを繰るのがとまらなくなるに違いない」
とあればストーリーの骨格はおのずと知れる。
ストーリーが単純な割に上下巻とボリュームがあるのは暗殺者から警護対象者を守るガード体制についてのディテールにあって、これが嘘か真かはべつにしても、物珍しさが手伝って、ヘェ要人警護とはこんなことをするのかと感心させられ退屈することがない。これだけの完璧のバリアーを破って目的を遂げるのだから暗殺者おそるべしとその超人性がいっそう際だつ仕掛けである。
「大好評『ボディガード・アティカス』シリーズ」で、すでに『守護者』『奪回者』『暗殺者』『耽溺者』が発刊されている。シリーズものは三巻目あたりから品質が落ちてくるものだが、この作品を読む限りマンハントサスペンスの水準をいっている佳作だ。
マンハント・サスペンス・アクション・タフガイといえばフォーサイス、クィネル、カッスラー、ハンター、ラドラムとよく読んだものだが、これらがロードショウ劇場で大画面と音響効果の迫力を楽しむものなら、『逸脱者』は手軽に良くできたテレビゲームを楽しむと言ったところかもしれない。
ディテールは映像的な描写にあって過剰な暴力をゲーム感覚で楽しませる企ては成功している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/20 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/21 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る