サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

決断(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/494p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-120846-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

決断 (新潮文庫 警察小説競作)

著者 新潮社 (編),逢坂 剛 (ほか著)

偽ドル札を掴まされた男と強面刑事の騙し合い(「昔なじみ」)。新任の駐在が嗅ぎつけた危険な匂い(「逸脱」)。秘密を背負った警官が知る寂しい犯罪者(「大根の花」)。イカれた奴...

もっと見る

決断 (新潮文庫 警察小説競作)

724(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

偽ドル札を掴まされた男と強面刑事の騙し合い(「昔なじみ」)。新任の駐在が嗅ぎつけた危険な匂い(「逸脱」)。秘密を背負った警官が知る寂しい犯罪者(「大根の花」)。イカれた奴らとパトカーの追跡劇(「闇を駆け抜けろ」)。自白の裏側に迫る孤独な刑事(「ストックホルムの埋み火」)。誤認逮捕の悪夢に苛まれるベテラン刑事(「暗箱」)。組織と個人の間で揺れながら真実を追い続ける警察官の凄みを描く全六篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

昔なじみ 逢坂剛 著 7-89
逸脱 佐々木譲 著 91-168
大根の花 柴田よしき 著 169-245

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

6通りの警察小説が味わえる傑作短編集

2006/05/07 20:32

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は6人の作家による警察小説の短編集である。なぜ今頃警察小説のみによる短編集を編集したのだろう。それほど警察小説が脚光を浴びている時期でもないと思うのだが。
 逢坂剛、佐々木譲、柴田よしき、戸梶圭太、貫井徳郎、横山秀夫の6名であるが、この分野で新機軸を展開している横山秀夫が口火を切ったという見方もあるようだ。その横山の新機軸に多かれ少なかれ刺激を受けた他の作家がさらなる新境地を開拓したという。
 私はその横山秀夫しか読んだことがないので、その辺りは何とも不明である。しかし、今回本書を読んでみると、横山以外の作家の警察小説も意外に新鮮味があり、次を読んでみたくなってきたのは確かである。
 6名の作家が1作ずつであるが、中でも印象に残ったのは次の3作である。佐々木譲の「逸脱」、戸梶圭太の「闇を駆け抜けろ」、貫井徳郎の「ストックホルムの埋火」。
 「逸脱」は北海道の寒村地の駐在所勤務の巡査が主人公である。駐在所勤務の巡査の日常の勤務ぶりと周囲を取り巻く地方の人間的なしがらみが興味を惹いた。「闇を駆け抜けろ」は都会のど真ん中で発生した交通事故が物語の発端となるが、飲酒と無免許という最悪の状態で逃げることに懸命となるが、次々と事故、事件に遭遇し続けるという、ややコメディ調の作品で、警察小説と言えるかどうかは分からないが、型破りで痛快であった。
 「ストックホルムの埋火」は主人公はスウェーデン人、場所もストックホルムという意外な舞台設定である。しかし、中身はスウェーデンが日本であっても不思議ではないし、外国での出来事とは言いがたいものである。これはむしろ堂々とした推理小説と言えるかもしれない。
 上記3点以外の作品もそれぞれ間違いなく楽しめる。兄弟編と銘打っている『鼓動』も購入してしまった。
 異なる作家の作品集であるが、作家個々の個性と工夫が発揮されているせいか、読者は全く違う味わいの作品を6通り楽しむことができる。制作側のアイデア、企画の勝利であると言えようか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/20 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/23 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/08 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/02 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/17 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/05 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/03 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/13 02:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/27 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/28 04:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/22 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/20 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/27 05:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/20 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る