サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0820-24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

官邸主導 小泉純一郎の革命
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:20cm/409p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-35190-1

紙の本

官邸主導 小泉純一郎の革命

著者 清水 真人 (著)

非主流派閥の「変人」政治家が、なぜ「戦後最強の宰相」となり得たのか? 小泉政治に至る政策決定変容のドラマを克明に描き、改革路線の実相と行方を探る渾身のノンフィクション。【...

もっと見る

官邸主導 小泉純一郎の革命

税込 2,052 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

非主流派閥の「変人」政治家が、なぜ「戦後最強の宰相」となり得たのか? 小泉政治に至る政策決定変容のドラマを克明に描き、改革路線の実相と行方を探る渾身のノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

清水 真人

略歴
〈清水真人〉1964年京都府生まれ。東京大学法学部卒業。日本経済新聞社に入社。政治部、経済部、ジュネーブ支局長を経て、2004年9月より経済解説部編集委員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

政治主導、実質的成果こそが問題

2009/09/18 11:31

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CAM - この投稿者のレビュー一覧を見る

 民主党による新政権が発足した。「政権交代」による新政策が次々に打ち出されているが、大きな柱が「官僚主導」から「政治主導」への転換ということで、それを実施する骨格的組織が「国家戦略局」とされる。

 自民党政権下において「政治主導」というか「官邸主導」を推進する組織としては「経済財政諮問会議」があったが、「国家戦略局」はこれに替わるものと考えてよいだろう。その意味で、経済財政諮問会議が果たした実績をたどる意義は大きいだろう。本書は、いわゆる郵政選挙と呼ばれた4年前の総選挙により自民党が圧倒的多数を得た直後である2005年12月の刊で、日本経済新聞社の経済解説部編集委員である著者が、2005年9月21日に成立した第3次小泉内閣に至る10年間に官邸で繰り広げられた政治史を取材、分析し、自民党政権下において、政策決定メカニズムを官僚主導から官邸主導へと転換しようとした過程を明らかにしたドキュメントである。

 不良債権処理を巡ってリーダーシップを一切発揮できず、旧大蔵省に処理を丸投げした村山富市内閣(1994年6月30日―1996年1月11日)に始まり、政治主導の道へと転じるきっかけを作った橋本龍太郎内閣(1996年1月11日―1998年7月30日)、さらに小渕恵三内閣(1998年7月30日―2000年4月5日)における、政官財の人々による駆け引きを描く。 また、小泉時代への幕間と見られがちな森喜朗内閣(2000年4月5日―2001年4月26日)下で、小泉政権における官邸主導政治の象徴である「経済財政諮問会議」のお膳立てがなされていた事実を明らかにする。

 その「経済財政諮問会議」も、小泉政権下ではその存在感は大きかったものの、それ以降の政権下では、徐々に形骸化していったようである。経済財政諮問会議は、2001年1月の中央省庁再編とともに設置されたもので、設置根拠は内閣府設置法18条である。「国家戦略局」がどのような設置根拠となるのかについては、現時点では確定はしていない?ように思われるが、要は、形式が問題なのではなく、それを動かす人、施策を推進し実行する力こそが重要であるということであろう。実質的成果こそが問題である。

 本書は、以上のような10年間の事実経過をたどり、今後の展望を予測する材料とするためには有益であり、政権交代が実現した現在こそ、あらためて読み返す価値があると思う。ただし、まるで日本経済新聞の記事か解説のような単調な叙述であって、文量が徒に多いために、これを読みきるためには相当の根気を要する。もう少し簡明に要点を整理するべきであったのではないか。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/15 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/19 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/21 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/01 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の政治・行政 ランキング

日本の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。