サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 中央公論新社の通販
  6. 星のカギ、魔法の小箱 小谷真理のファンタジー&SF案内の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/126p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-12-003694-4
ガイド

紙の本

星のカギ、魔法の小箱 小谷真理のファンタジー&SF案内

著者 小谷 真理 (著)

ふしぎな時間旅行、宇宙人とのたたかい、魔法使いの大冒険…。さぁ、物語の箱をあけてみよう! 大野隆司のネコ版画とともに楽しめる、とっておきのファンタジー&SF案内。『読売新...

もっと見る

星のカギ、魔法の小箱 小谷真理のファンタジー&SF案内

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ふしぎな時間旅行、宇宙人とのたたかい、魔法使いの大冒険…。さぁ、物語の箱をあけてみよう! 大野隆司のネコ版画とともに楽しめる、とっておきのファンタジー&SF案内。『読売新聞』の連載を改題のうえ単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小谷 真理

略歴
〈小谷真理〉1958年富山県生まれ。北里大学薬学部卒業。SF&ファンタジー評論家。ヒロイック・ファンタジー・ファンクラブ「ローラリアス」副会長。著書に「テクノゴシック」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファンタジーとSFの名作60冊

2006/03/30 14:39

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 北村薫『ミステリ十二か月』に続く、大野隆司とのコラボによる読売新聞連載の名作案内、ファンタジー&SF編です。

 北村氏の姉妹編と同様、もともと子ども向けに書かれたものですが、採りあげられた作品はとても幅広いので、かなりのファンタジー&SFファンでも知らない作品に出会える可能性はありますし、すべて既読だったとしても、的確な粗筋に記憶を新たにうなずいたり、意外な指摘に驚きながら再読の思いを深めたりできることと思います。

 たとえば誰でも知ってる『アルジャーノンに花束を』。

「こうして、賢くなる手術を受けたチャーリイは、どんどんどんどん、頭がよくなってしまいます。/いや、なりすぎちゃったかもしれません。」

 最後の一言、何気ないのですがズバリ作品の本質をついている言葉だと思います。ずっとむかしに一度読んだきりだったのに、“ああ、そういう話だったよな”と、本を読んで感動したときのことを思い出してしまいました。あれはまさに「なりすぎちゃった」話でした。

 オーソン・ウェルズの奇才ばかりが言挙げされることの多い『宇宙戦争』ラジオ放送のエピソードですが、「それは第二次大戦が起こる直前のできごとでした。一般の人たちの不安な気持ちが、『まったくのウソ』のお話を『本当かも』として誤解させてしまったのかもしれませんね。」と、これまた実にサラリと本質を突きます。

 もともと子ども向けなので、短いけれど親切丁寧、眠っているファンタジー心をくすぐるツボを押さえた文章です。

 これまで苦手だったラヴクラフトや篠田節子も読み返してみようかな、という気にさせてくれる、とてもよい案内書でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/06 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。