サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 「塩」の世界史 歴史を動かした、小さな粒

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「塩」の世界史 歴史を動かした、小さな粒
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:20cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-05076-X
  • 国内送料無料

紙の本

「塩」の世界史 歴史を動かした、小さな粒

著者 マーク・カーランスキー (著),山本 光伸 (訳)

【ジェームズ・バード賞】ローマ帝国では塩は民主制・人民の権利の象徴となった。インド独立運動は塩をめぐる争いから始まった。塩が、人間の文化・社会・政治・宗教・経済・戦争・食...

もっと見る

「塩」の世界史 歴史を動かした、小さな粒

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ジェームズ・バード賞】ローマ帝国では塩は民主制・人民の権利の象徴となった。インド独立運動は塩をめぐる争いから始まった。塩が、人間の文化・社会・政治・宗教・経済・戦争・食生活をいかに変えたかを、エピソード満載で描くノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マーク・カーランスキー

略歴
〈マーク・カーランスキー〉米国コネティカット州生まれ。歴史と食物を中心に作家活動を展開。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生きるのに必須な成分だけではなく、食料保存等で重要な役割を果たしてきた塩を通して歴史を振り返ると、実に面白い話が沢山出てくる

2011/05/22 01:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あらゆる生物が生きていくのに必須の成分である、ナトリウム。その補給方法は簡単。塩を摂取すれば良い。だが、その一方で塩分濃度が高くなりすぎると、生物は生きていけなくなる。塩分が水をがっちりと保持してしまうため、生物が更に重要とする水分を使えなくなってしまうためだ。

 それ故、塩は食べ物を保存するのに使われてきた。微生物の増殖を抑える=腐敗しない=食べ物を保存できる、ということだから。冷蔵という手段が発達する以前、収穫期を過ぎてから再び暖かくなって食料を手に入れられるまでどう食いつなぐか。人類の永い課題に、塩は絶好の回答を与えてきたのである。

 そんなわけで、世界中で塩を手に入れるための努力が重ねられ、そして塩を利用した様々な料理が開発されてきた。醤油やチーズといった発酵食品もそうだし、ハムや塩漬けの魚もそうだ。これらの食品は、今になっては栄養学的に必須のものではない。しかし、これら保存食品が無くなってしまったら、我々の食卓はどれほど寂しいものになってしまうであろうか。

 本書はタイトルどおり、塩がどのように得られ、使われてきたかを追いかけている。”世界史”を名乗るだけのことはあり、アジア、新大陸、アフリカ、ヨーロッパ、そして日本と、実に広い地域のことを扱っているのが面白い。

 食料の確保がどれだけ重大なものだったか。近くのスーパーに行けば季節を問わず物が溢れる時代に生きる我々には想像も付かないだろう。驚くべきことに、多くの発展途上国でも深刻な問題は飢餓では無く肥満である、とされている。本書を読めば、それがどれほど恵まれた状態であるか分かるだろう。

 塩を切り口に、世界史の捉え方にも様々な断面があり得る、という貴重な教訓を与えてくれていると思う。類書として、保存食品にのみ話題を絞った『保存食品開発物語』があるが、本書は、塩の食料品以外への使われ方や、塩の精製方にも触れられていることが大きな違いである。

 例えば、インドの解放には塩を求める運動があった。独立戦争でも塩を巡って苛烈な戦いが行われてきたこともある。人類が生きるために必須のものだから、そこには様々なドラマがあったのだ。

 また、ところどころで塩を使った料理のレシピが出てくるのが興味を引かれる。それは、そのレシピが書かれた地域の、書かれた時代で、どのような物が手に入り、人々が何を好んだかを映し出すからだ。そうした文化面に興味を持つ方にもお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/11 14:42

投稿元:ブクログ

現在では当たり前のように手に入る塩。その昔は、塩が歴史を動かす程に大きな存在意義を持っていた。塩という観点から世界史を眺めてみるのも面白い。

2007/04/20 07:22

投稿元:ブクログ

その存在が、時代と地理によって、どのような役割を占め、あるいは人々を、そして経済を動かしてきたかという視点で、古代から近現代までに至る「塩」の価値や生産・消費の変遷について述べている。
非常に多様な時代と国家の例を挙げている為、料理法や生産法など、ひとつの視点だけをとっても非常に充実している。

2010/10/08 18:30

投稿元:ブクログ

第1部 塩、死体、そしてピリッとしたソースにまつわる議論
第2部 ニシンのかがやきと征服の香り
第3部 ナトリウムの完璧な融合

2013/04/14 19:43

投稿元:ブクログ

江戸時代の日本でも、山奥の村では塩が極端に不足していて、眼病の人が多かった、と何かで読んだ事があります。ビタミンCが不足すると、壊血病になりますが、塩が不足すると眼病になるだけなのでしょうか?
 内容で、「現代のアメリカ人は日に百三十五グラム近くも摂取している」とあったのですが、これはさすがに取り過ぎ、もしかしたら単位かなにかを間違えたのかもしれませんが。

2010/04/13 01:53

投稿元:ブクログ

文字通り、塩の周辺からみた世界史。
けっこう読み応え有りました、二週間掛ったです。
なんの知識もなかったので、最初の数章は挫折しそうでした。
章が短かくてブツ切れ感がありますが、そのうち慣れます。
半分も過ぎる頃にはなぜか謎の感動(?)が……。

ガンディーカッコイイです、ガンディー。

2010/4/14読了

うーん、欲しい、、、(図書館で借りましたが)、どうしようかな。

2011/01/17 22:06

投稿元:ブクログ

おもしろいけど作者がアメリカのひとなので
内容にちょっと距離感を感じる。(第一部第二部)
西洋の歴史が好きな人には良いかも

2012/01/24 12:48

投稿元:ブクログ

人類の歴史は塩獲得と利用の歴史といってもいいのでは、というほどに、各地での塩にまつわる話がつまっています。
塩の入手で争わなくなった僕らは幸せなのか。塩との関わりが今より楽しそう、といったら不謹慎かもしれませんが、貴重なものだと考えたほうがいいのではないだろうか。などと思っていましたが「数千年がかりで塩を白くし、均一な大きさに出来たと思ったら、今度はふぞろいで色がついた塩に金を払いたくなった」という記述に見透かされてしまった気がします。一言二言では言い表せない密度の本です。

2013/06/04 07:36

投稿元:ブクログ

原題はSALT: A WORLD HISTORYとそのまま。「塩」を主題に、世界中のエピソードを集めた書。話題があちこちに飛ぶため、理解しながら読み進めるのに時間がかかる。

2012/05/10 16:17

投稿元:ブクログ

生命が生きるに欠かすことの出来ない「塩」がどのように生産され、流通し、使われていったか、という視点から世界史を見詰めるという内容です。この本を買って良かったな~と思えたところは、バルト海のタラ漁と塩の関係に枚数をさいていること。南で製塩して、北に運び、北で獲れたタラを塩漬けにして、ヨーロッパ全土に運ぶ。西欧は肉食というイメージがありますが、キリスト教は肉食を奨励しなかった(もちろん高いという理由もあるだろうが)ので、基本的に魚が蛋白源だったみたいです。

2013/08/01 12:44

投稿元:ブクログ

いよいよ、夏本番。熱中症の予防に、水分とともに欠かせない塩。塩は、生きていくのに必要不可欠。サラリーマンの語源でもあり、とっても身近なもの。本書では、古代エジプトのミイラ作りから漬け物まで、塩について幅広く取り上げられている。塩分濃度が高い土地で見つかったミイラは保存状態がよく、民族衣装や髪の色までわかる。スウェーデンでは、塩にまつわる夢占いがある。などなど、夏こそ、塩の歴史を紐解いてみては?

2014/07/12 23:29

投稿元:ブクログ

塩に目をつけたあたりは鋭い。
ただ、話の柱がないというか、読み進めるのに、パワーが必要だった。

過去から現在に至る塩の物語だけど、塩というものの汎用性というか、つまり、あまりにも、身近すぎて、全世界的過ぎて、話も発散気味というかんじ。

料理、国、時代、を特定して書いてもよかったのでは?と思う。

世界史 ランキング

世界史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む