サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. IQ探偵ムー 飛ばない!?移動教室 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

IQ探偵ムー 飛ばない!?移動教室 上(カラフル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: ジャイブ
  • レーベル: カラフル文庫
  • サイズ:18cm/168p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-86176-273-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

IQ探偵ムー 飛ばない!?移動教室 上 (カラフル文庫)

著者 深沢 美潮 (作),山田 J太 (画)

IQ探偵ムー 飛ばない!?移動教室 上 (カラフル文庫)

853(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

いささか単調気味

2006/11/02 10:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

オリエンテーリング編・前編
今回は謎がほとんどなく、オリエンテーリングに出される謎解きくらい
その分キャラクターが大勢出てきて賑々しいです
夢羽の出番が少ないのは残念
予定外のイベントが起こるわけでもなく、ちょっと単調気味な気がしました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/01 19:03

投稿元:ブクログ

今回は、夢羽が移動教室(といっても、校外学習みたいなものです。私の学校では、林間学校って呼んでました)でのイベント(たしか山の中に隠れているヒントを探し出して、スタンプを押していく、スタンプラリーでの競争です)で、ヒントをどんどん解いていく感じです。
学年一の秀才の小林君、太り気味の大木君、くるりんカールの瑠香、そして夢羽と元の5人のチームです(たしか・・・)
小林君と夢羽がヒントを解いていて、瑠香が仕切ってました。
ホントは元君が班長でしたが(笑)
小学生の幼さが沢山でてました。

2010/01/28 23:42

投稿元:ブクログ

 その時、たったひとり、子供がトントンと上り用の階段を上ってきた。
 元たちは、その子とすれ違ったのだが、足下しか見えなかったので、それが誰なのかわからなかった。男か女かも。
 ただ、子供の靴だった気がする。

2010/06/18 13:52

投稿元:ブクログ

IQ探偵ムーシリーズ、4巻。
今回は朝日小学生新聞に掲載されたものを改稿した作品で、「移動教室」という学校行事が書かれています。
長編ではありますが、中身はほとんど「なぞなぞ」だったのが残念ですね。
謎解きつきのオリエンテーリングは面白そうでした。
その行事の間、謎の人影が彼らの前をちらちらとよぎり、元は「座敷わらし」の伝説を思い出すのですが、こちらの解明は下巻に続きます。

実はこのシリーズ、学校の事がメインになると、少し気が滅入ります。
クラスの女子たちは嫌いな男子のことを「バカ田トリオ」と呼ぶし、夢羽と打ち解けないのは何度読んでも「ちょっとなぁ」と。
秀才の小林君や、大食いの大木君みたいな性格が良いキャラの出番が増えたのは良かったですね。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む