サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

罪の褥も濡れる夜(リンクスロマンス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

罪の褥も濡れる夜 (リンクスロマンス)

著者 和泉 桂 (著)

男爵家の三男・伏見義康は、政界の重鎮の後継者として将来を嘱望されていた。友人との賭けから清澗寺伯爵家に忍び込んだ伏見は、かつて言葉を交わした妖艶な美少女が、実は御曹司の冬...

もっと見る

罪の褥も濡れる夜 (リンクスロマンス)

923(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

罪の褥も濡れる夜

900 (税込)

罪の褥も濡れる夜

ポイント :8pt / 紙の本より23おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男爵家の三男・伏見義康は、政界の重鎮の後継者として将来を嘱望されていた。友人との賭けから清澗寺伯爵家に忍び込んだ伏見は、かつて言葉を交わした妖艶な美少女が、実は御曹司の冬貴であることを知る。清澗寺家の財力と名声を利用するため冬貴を手懐けようと画策する伏見は、無垢な冬貴を抱くが…。純粋であるが故に、淫らに染まる躰に魅せら囚われていく—。狂おしいほどの情欲と純愛の、至高のラブロマンス登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

男爵家の三男・伏見義康は、友人との賭けから清澗寺伯爵家に忍び込む。清澗寺家の財力と名声を利用するため、御曹司の冬貴を手懐けようと画策する伏見は、無垢な冬貴を抱くが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

清潤寺シリーズお父さん編

2016/05/30 01:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

受けでなく攻めが17年ぐるぐるしてた話でした。
伏見がここまで有能なのに、子供たち世代が生活に苦労してるのが疑問です。
勝手な性格ですが、自分が欲しいものは罪悪感なく欲しいというし、
諦めたりしない受けだからなんとなくこれからもお幸せに!という感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/09 19:53

投稿元:ブクログ

●あらすじ●

男爵家の三男・伏見義康は、政界の重鎮の後継者として将来を嘱望されていた。友人との賭から清澗寺家に忍び込んだ伏見は、かつて言葉を交わした妖艶な美少女が、実は御曹司の冬貴であることを知る。清澗寺家の財力と名声を利用するため冬貴を手懐けようと画作する伏見は、無垢な冬貴を抱くが・・・・・・。純粋であるが故に、淫らに染まる躰に魅せられ囚われていく-------狂おしいほどの情欲と純愛の、至高のラブロマンス登場!

2007/02/18 19:32

投稿元:ブクログ

やおいに対する欲求がこのシリーズで、あらかた満たされてしまった…。
冬貴様すばらしい!
星5つでは足りません。

2007/08/20 22:56

投稿元:ブクログ

三兄弟ものに続いてなんと本4作目は父親編でございます。若かりし日がメインのお話なのでオヤジ度は低いです。もともと年齢不詳な受けだし。攻めも受けもこんなキャラだったっけ?とは思いましたが読み応えありです。

2006/10/16 13:27

投稿元:ブクログ

このシリーズの原点だと思う作品。冬貴の思考がまったく分からないのは私が凡人だからです。「孕むまでしてやる」は名台詞。

2008/05/14 14:03

投稿元:ブクログ

あらすじ: 『蜜の褥で重ねる、購えぬ愛の罪』 男爵家の三男・伏見義康は、政界の重鎮の後継者として将来を嘱望されていた。友人との賭けから清潤寺伯爵家に忍び込んだ伏見は、かつて言葉を交わした妖艶な美少女が、実は御曹司の冬貴であることを知る。清潤寺家の財力と名声を利用するため冬貴を手懐けようと画策する伏見は、無垢な冬貴を抱くが…。純粋であるが故に、淫らに染まる躰に魅せられ囚われていく―。狂おしいほどの情欲と純愛の、至高のラブロマンス!清潤寺家シリーズ第4弾!雑誌掲載作を改稿、書き下ろしを加え登場!

2009/02/05 23:34

投稿元:ブクログ

清澗寺家シリーズ4
父親 冬貴の話。

だから褥とか濡れるとか恥ずかし単語をタイトルに入れるなと(略

2010/02/24 01:02

投稿元:ブクログ

清澗寺シリーズ第四弾。一弾~三弾までの兄弟の父・冬貴編(正確には伏見編)淫蕩な兄弟のその血の元である父親の幼いころからを伏見視線で書かれている。伏見だけが冬貴を愛してやまないのかと思いきや、実は冬貴が伏見を愛していて。
冬貴の父親が守ってその正体が出ないようにしていたものを伏見が開花させてしまった。咲き誇るように淫蕩な身体になっていく冬貴。
冬貴の存在そのものが淫蕩なので、H度も高め。

CDは伏見@遊佐×冬貴@神谷

2014/05/31 13:34

投稿元:ブクログ

男爵家の三男・伏見義康は、政界の重鎮の後継者として将来を嘱望されていた。
友人との賭けから清澗寺伯爵家に忍び込んだ伏見は、かつて言葉を交わした妖艶な美少女が、実は御曹司の冬貴であることを知る。
清澗寺家の財力と名声を利用するため冬貴を手懐けようと画策する伏見は、無垢な冬貴を抱くが…。
純粋であるが故に、淫らに染まる躰に魅せら囚われていく―。
狂おしいほどの情欲と純愛の、至高のラブロマンス登場。

2014/07/18 21:20

投稿元:ブクログ

清澗寺家シリーズ4作目。
ついにパパの登場です。
3作目まで読んできて、そこそこ面白いなー、くらいの感じ
だったのですが、ここにきて萌えMAX。
何この得体の知れない魔性の生き物は!
生来の淫乱っぷりで、どんな男女も誑し込んで身を持ち
崩させるとか、何だかもういろいろと半端ない。
ビッチ受はあまり好きではないのですが、パパはこれは
もう別物。
属性・魔性。

読んでると、あまりに伏見が不憫に思えてくるんですが、
実のところはパパこそが一番不憫だったかもしれない。
読んでて切なくなりました。
桃色シーンがかなりの割合で入るんですが、不思議と
いやらしい感じはなく、逆になんという純愛かと。
文箱の下りは反則技です……。

謎の多かったパパの過去編が明らかになり、今後の話が
更に楽しみになりました。

2012/10/03 11:04

投稿元:ブクログ

一生大事にしたいと思えたBL本。ハッピーエンドのはずなのに、今だに切ない二人です。伏見も冬貴も大好き!!