サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ああ息子
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:18cm/153p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-31747-2

紙の本

ああ息子

著者 西原理恵子+母さんズ (著)

男の子をもつお母さんの、笑いと涙がテンコ盛り! 『毎日新聞』連載の人気漫画「毎日かあさん」読者より寄せられた「本当にあった息子の話」88編を収録。西原理恵子オール描き下ろ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男の子をもつお母さんの、笑いと涙がテンコ盛り! 『毎日新聞』連載の人気漫画「毎日かあさん」読者より寄せられた「本当にあった息子の話」88編を収録。西原理恵子オール描き下ろし。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

サイバラ先生に新聞業界を変えてほしい、、、と切に願ってます

2005/12/25 17:40

16人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひまわりまるこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「毎日かあさん」他で、西原理恵子ファンは益々増加、書評も何件も付いてますね。 この本は全国の息子を持つ「毎日かあさん」達の投稿文から西原理恵子さん本人が選出したもので成り立ち、もちろん一ファンとして私も書いたので、 センセのサイン入り本をありがたくいただきました。 しかし、ここであえて「毎日かあさん」や男の子たちの子育て云々を書くつもりはない。 それは読んで感じて笑い飛ばしていただければいいのではないか。 西原センセの漫画はオール描き下ろしだし、、、一つ寂しいことは、「毎日父さん」がいない。 「父さん」はいても、「毎日」じゃあないのね、、、。
で、私がもっとも言いたいのは、西原センセは明らかに新聞家庭欄を変化させたし、これから大いに変えてほしいという事だ。
「ああ息子」の企画が始まった時、ワタシはエピソードを二件投稿したが、一件は採用、一件はボツ。 つまり、編集者が選んだ文は新聞に掲載され、西原センセが本を刊行する為に改めて選んだのはボツ作品の方だった。 こういったことはよくあることで、それなりの事情もあるかと認識してますが、何回か重なってくると、微妙に編集者の目とアーチストの目は違うのではと感じてきます。 でも、ここら辺はまだ、「そういうモンなのだ」で済む。
新聞の場合、掲載の前に電話が入る。 年齢を確認される。 某新聞から、「年明けの掲載になりますが、歳は変わりませんか?」などと聞かれて、一つ歳が上下することで一体何が問題なんじゃと言いたい。 今だペンネーム不可のコーナーが多く、この個人情報保護が煩く言われている時代に問題は新聞の方にあるのではと思ったりする。 公募で賞をいただいた時に、ペンネームでなら取材をお受けしますと答えたら、それきりになった。 ドクハラ問題など田舎に住む人間としては本名を出すわけにいかない内容でも、「お姑さんのことを書くとかですね、、、特例は、、、」と言われて、もう新聞系には書けないなと思ったこともある。 実際、それ故に新聞投稿しない人も多いのが現実。
全国の「毎日かあさん」の声を聞きたい。 サイバラワールドは異次元であると同時に、全国にも「毎日かあさん」異次元ワールドは散在しているんだ。 でもこれが匿名不可だったとしたら、どれだけエピソードが集まっただろうか? 西原センセは今後もそのパワーで何を言わずとも新聞界を変えていける一人だと信じている。 また、書評ではなく本談義になってしまったが、自分の書いた事柄にはペンネームで責任負うつもりでいますが、どうでしょう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

息子ってやつは…

2006/05/09 22:36

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nory - この投稿者のレビュー一覧を見る

息子を持つ世のお母さん方はこんなにも苦労しているんだということが、これでもかというくらいわかる一冊。
息子たちの「異次元体験」を並べてみる。


 ・廊下にサラダ油を撒いてお腹ですべる
 ・物心つくころには武田久美子一筋
 ・「太(ふとし)」という自分の名を「犬」と書く小4
 ・「うちのお父ちゃんのちんちん、3ぼ〜ん」と自慢する
 ・3人息子の食事…稲荷寿司100個、餃子150個が最小単位
 ・4人息子の食事…ひと月米70キロ


知っている人で3人の息子のお母さんは「ご飯は朝5合、夜5合。そして、毎日肉!肉!肉! あたしゃ、そのためにパートに出てるのよ!」と言っていた。その上、やつらはどれだけ成長しても何の役に立たない。
ああ、息子。君はいったいどこへ向かっているんだ。母にはその行く末が見えない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/28 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/25 02:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/02 07:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/25 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/17 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/13 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/06 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/11 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/29 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/02 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/09 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/31 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/11 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。