サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. Love Letter

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Love Letter
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:19cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-01092-2
  • 国内送料無料

紙の本

Love Letter

著者 石田 衣良 (著),三浦 しをん (著),いしい しんじ (著),島村 洋子 (著),川端 裕人 (著),森福 都 (著),前川 麻子 (著),山崎 マキコ (著),中上 紀 (著),井上 荒野 (著),桐生 典子 (著)

この手紙が、あなたに届きますように−。今、最も輝きを放つ11人の作家が、それぞれの「ラブレター」に想いを込めて描く恋愛小説アンソロジー。電子書籍配信サービス『Timebo...

もっと見る

Love Letter

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この手紙が、あなたに届きますように−。今、最も輝きを放つ11人の作家が、それぞれの「ラブレター」に想いを込めて描く恋愛小説アンソロジー。電子書籍配信サービス『Timebook Town』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ありがとう 石田衣良 著 7−20
島村洋子 著 21−36
ラブレターなんてもらわない人生 川端裕人 著 37−59

著者紹介

石田 衣良

略歴
〈石田衣良〉1960年東京生まれ。「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞、「4TEEN」で直木賞受賞。
〈島村洋子〉1964年大阪生まれ。コバルト・ノベル大賞受賞。著書に「家族善哉」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

競作っていいかも。ベタなお題目なのでさらに効果的。

2017/05/27 21:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

選集は選者が意図的に狙って集めるが、これはお題を与えられた
作家さん達の作品集。競っているつもりはないと思うが、
ただの作品集と評するにはあまりにも魅力にあふれている。

しかもお題が「Love Letter」だから、少々趣味が合わなくても
読めてしまう。この企画を考えた人に、まずは座布団一枚。

寄稿者とその題名を、目次順にざっと紹介する。

石田衣良「ありがとう」  島村洋子「空」
川端裕人「ラブレターなんてもらわない人生」 森福都「再開」
前川麻子「ミルフィユ」  山崎マキコ「音のない海」
中上紀「水槽の魚」  井上荒野「虫歯の薬みたいなもの」
桐生典子「竜が舞うとき」
三浦しをん「永遠に完成しない二通の手紙」
いしいしんじ「きまじめユストフ」

いずれも二十ページ前後だから、ちら見にもちょうどいい。
私は三浦さんといしいさんは読んだことがあり、石田さんと
川端さんはチェック済み、あとの方は初めて聞く名前。
あいさつ代わりの作品集ともいえる。

Love Letterというお題に、最も直球勝負をしたのが
石田さん。ベタな恋愛小説に弱いだけに、おおいに
心を打たれた。
ただ、あまりにも見え透いた設定と展開に、
「どうだ泣けるだろう」的な感じがしたのも事実。
ちくしょう、泣かされちまったよ、といったところ。

これまで読もうか迷っていた方だけにふんぎりがつき、
一冊積読にした。それでリターンマッチを申し込む。

島村さんの空は、女性の願望なんだろうか。
嫉妬深い女の人だからこその憧れを見たようで、
ちょっと得した気分。ちら見さえしなかった作家さんだけに、
余計そう思った。

川端さんは書評で知っていた。実はこの本を読むきっかけに
なったのは、収録作品があったからだ。期待通りの優しい
作品で、書評にピンときた自分が正しかったことを知った。
こちらも一冊お買い上げ。

まだまだたくさんの作家さんが書いているので、軽い気持ちで
お試しあれ。ちょっとぐらいつまらなくてもすぐに終わるし、
そもそも恋愛ネタだし。

最後に三浦しをんさんは、いい意味でやっぱりアホだということが
分かったのであった。このオチは、はっきり書いていないけど
ボーイズラブなんだろうな。
皆さんのためにそれだけは補足しておく。
エッセーでも読んでいなければ分かりっこない。
いつものごとくしょうがない人だ。
興味がある人は、他作の書評なども参照いただきたい。
どちらかと言えば長編が得意な作家さんだと思うので、さすがに
二十ページでは魅力が伝えきれていない。

何かの参考になれば幸いである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/14 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/17 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/12 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/18 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/28 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/12 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/08 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/02 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/11 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/10 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/25 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/19 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/09 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/31 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る