サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:19cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-250084-0

紙の本

論理で人をだます法

著者 ロバート・J.グーラ (著),山形 浩生 (訳),千野 エー (イラスト)

まともな議論をするには「正しい論理」ではなく「間違った論理」を押さえなければダメ。論理の「悪用」例をわかりやすく解説。国会中継、会社のミーティング、井戸端会議まで、世には...

もっと見る

論理で人をだます法

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

まともな議論をするには「正しい論理」ではなく「間違った論理」を押さえなければダメ。論理の「悪用」例をわかりやすく解説。国会中継、会社のミーティング、井戸端会議まで、世にはびこるダメな議論、全部これにて「終了」!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・J.グーラ

略歴
〈ロバート・J.グーラ〉1941〜89年。ハーバード大学卒業後、米マサチューセッツ州にあるプレップスクール、グロートン校の教師として、主に論理学を教える。国語学、ラテン語等をテーマに著書・共著書を残した。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

ごまかしに騙されない力をつける

2006/05/03 01:21

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 論理についての本が面白くなるかつまらなくなるかは主題以外によるといっても過言はなかろう。単に論理の組み方だけを解説した本は無味乾燥で面白くないものだ。

 では、本書の面白さはどこにあるのか。

 思うに、論理を身につけるために論理を説明するのではなく、論理的ではない例を大量に集めることで騙されない心得を教えてくれることにあるのではないか。

 はぐらかし、ごまかし、単純な論理の間違いなど、誤った論理はそこかしこで見られる。そこに騙されないことから価値ある議論は生まれるのだ。

 もう一点、取り上げる例が面白いことにも触れておくべきだろう。

 我々が完璧ではありえない以上、誰しも間違った論理を使ってしまうのは避けられない。いちいち目くじらを立てて誤りを探すより、こんなこともあるのだと覚えておくことで心に余裕を持つ、というのが本書の正しい使い方ではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/19 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/06 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/14 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/12 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/17 05:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/19 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/14 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/10 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/15 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/03 08:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/18 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。