サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. レタス・フライ 詩情溢れる、森ミステリィ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レタス・フライ 詩情溢れる、森ミステリィ(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 62件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182466-X
  • 国内送料無料
新書

紙の本

レタス・フライ 詩情溢れる、森ミステリィ (講談社ノベルス)

著者 森 博嗣 (著)

西之園萌絵が叔母らと訪れた白刀島の診療所をめぐる怪しい噂に迫る。(「刀之津診療所の怪」)長期の海外出張で訪れた某国の美術館で、“僕”が遭遇した不可思議な事件とは…?(「ラ...

もっと見る

レタス・フライ 詩情溢れる、森ミステリィ (講談社ノベルス)

950(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

西之園萌絵が叔母らと訪れた白刀島の診療所をめぐる怪しい噂に迫る。(「刀之津診療所の怪」)長期の海外出張で訪れた某国の美術館で、“僕”が遭遇した不可思議な事件とは…?(「ラジオの似合う夜」)ショート・ショート五編を含む透明感に満ちあふれた九編収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

美女の幽霊、病気の子ども、黒ずくめの謎の男…。西之園萌絵が叔母らと訪れた白刀島の診療所をめぐる怪しい噂に迫る「刀之津診療所の怪」ほか、ショートショート5編を含む、繊細で透明感に満ちた9編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ラジオの似合う夜 7-88
檻とプリズム 89-121
証明可能な煙突掃除人 123-131

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー62件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

幻想小説集というかファンタジー集としては高得点。なんで、無理矢理シリーズ物の人物を出してくるのか、それだけは分かりません。だって必然性、ないもん・・・

2006/03/11 17:26

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

量産作家・森博嗣の最新作は短篇を真中に、前後を人気シリーズの中編で挟みこむという、ちょっと面白い構成の作品集になっています。まず、カバーの文章を写せば
 西之園萌絵が叔母らと訪れた白刀島の診療所をめぐる怪しい噂に迫る。(「刀之津診療所の怪」)
 長期の海外出張で訪れた某国の美術館で、“僕”が遭遇した不可思議な事件とは・・・・・・?(「ラジオの似合う夜」)
 ショート・ショート五編を含め透明感に満ちあふれた九編収録。
だそうです。
カバーの英語の入れ方や、黒と緑の活字の使い方の見事さは実物で確認してもらいますが、LETTUCE FRY というタイトルや、収録作品 の英字だけの羅列が心地いい。しかもで、その上にある小さなセピア色の写真のおき方・・・
それと、表記はありませんが本の扉と各編の扉頁にはカラー、モノクロの素敵なイラストがついています。我が家の長女は「あれって、もしかして森博嗣?」と言いますが、私もそんな気がします。人間は正直、上手ではありませんが、例えば191頁、「刀之津診療所の怪」の船の絵なんて見事です、誰のものなんでしょう。
一応、各編の日本語タイトルも書いておけば「ラジオの似合う夜」( A radiogenic night )、「檻とプリズム」( A prism in the cage) 、「証明可能な煙突掃除人」( Provable chimney sweeper ) 、「皇帝の夢」( The imperial dream ) 、「私を失望させて」( Drive me to despair ) 、「麗しき黒髪に種を」( Seedsfor her lovely tresses )、「コシジ君のこと」( My most unforgettable figure )、「砂の街」( The sandy town )、「刀之津診療所の怪」( Mysteries of Katanotsu clinic )です。
ちなみにショート・ショート五編は、「証明可能な煙突掃除人」 「皇帝の夢」「私を失望させて」 「麗しき黒髪に種を」「コシジ君のこと」なので、中編、短編、ショート・ショート五編、短編、中編という並びになっています。こういう対称的な配列は、まさに「刀之津診療所の怪」ではないでしょうか。
案内にない七作品について簡単に触れますと、檻に閉じ込められた少年の成長を描く「檻とプリズム」、父親の職業を引き継いだ男の「証明可能な煙突掃除人」、日本語の勉強のために街を案内したいという女性と出逢った私の「皇帝の夢」、桃太郎の話のようでいてどこか違う「私を失望させて」、小学生時代、ピクニックに引率してくれた女性への意地悪「麗しき黒髪に種を」、小学生時代の同級生でいつも苛められていた友人「コシジ君のこと」、父親のところに久しぶりにやってきた青年の前にあるのはどこかくすんで砂が舞う「砂の街」。
正直、「ラジオの似合う夜」なんか、なんであの連中を出す必要があったかな?なんて思います。むしろ全く関係のない独立した作品として読めるのに、またあの女か、と思った瞬間、私などは興醒めしてしまいました。そういう意味では「刀之津診療所の怪」は、逆にシリーズを読み込んでいないと意味が分からないかもしれません。ちなみに、ラストの一言、私も娘たちも意味不明、読解不能、チンプンカンプン、ワケワカンナイシ状態です。
森の詩人としてのいいところが出たのは、独立した短編です。どれも味わいが深いんですが、個人的には「砂の街」をベストに上げておきます。好きなんですね、こういうアニメにしたくなるような話が・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/10 20:01

投稿元:ブクログ

『躰が固くなると、いろいろできないことが増えるんだ。それと同じように、脳が固くなると、いろいろ考えられなくなる。なにも考えず、新しいものを受けつけない、決まったことだけを毎日するようになってしまう、それが大人ってわけだ。』

2015/07/05 06:33

投稿元:ブクログ

(収録作品)ラジオの似合う夜/檻とプリズム/証明可能な煙突掃除人/皇帝の夢/私を失望させて/麗しき黒髪に種を/コシジ君のこと/砂の街/刀之津診療所の怪

2006/02/04 21:22

投稿元:ブクログ

なんというか、森博嗣氏は長い話の方が向いてるんじゃないかという気がだんだんしてきました。長いほうが味わい深いというか、短編はファーストフードのようです。

2006/04/25 23:41

投稿元:ブクログ

森博嗣氏の短編集。
シリーズものの記憶がちょっと遠のいていたので、なかなか読みづらかった。短編集とはいえ、シリーズを読んでいない人には辛いような気も。でもまあ、全てが説明されるわけではない、というのは森氏の作品らしい気も。

2006/02/14 14:13

投稿元:ブクログ

一番最後の「刀之津診療所の怪」が森作品のスターシステム全開でおもしろい。S&M、V、Gがつながるような複線いっぱいの作品ですね。

2006/02/19 21:56

投稿元:ブクログ

VシリーズとS&Mシリーズの短編が一つずつ,あとはショートショートが5編。Vシリーズの舞台は何処なんだ?
S&Mシリーズに「ケータイ」という言葉が出てきたのはいつだろう?

2006/01/12 00:43

投稿元:ブクログ

"刀之津診療所の怪"は感想を言ってしまうとネタばれになってしまう作品。
"私を失望させて"も結構好き。

2006/01/28 19:33

投稿元:ブクログ

久しぶりの短編です。
「ラジオの似合う夜」と「刀之津診療所の怪」は面白く読みましたが、森作品を広く読んでいる読者でなければ、何のことか分からないでしょうね。
前作を知らなくても面白いとは思いますが、解けない謎が残り、ちょっとフラストレーションが溜まります。
5編のショートショートは、私にはちょっと・・・。
面白さが分かりません。
どうもこの手の作品は苦手です。

2006/01/14 00:04

投稿元:ブクログ

ショート・ショートは良さがわからず。相性が悪いみたい。
『刀野津診療所の怪』は森氏らしいオチ。好き。

2006/02/05 01:54

投稿元:ブクログ

短編集。ショートショートが多数収録されており、新しい森を読めます。ジャンルとしては森の全てのジャンルがそろっており、満足のいく作品集です。特に『麗しき黒髪に種を』というショートショートは7Pしかないにも関わらず長編1作以上の読後感を得られる秀作です。

2006/02/07 23:36

投稿元:ブクログ

06/02/04読了★とても透明感のある短編集。中でも「ラジオの〜」と「刀之津〜」はシリーズのファンにとっては堪らない面白さかと。特に「刀之津」は最後の1ページでしてやられました。思わずニヤニヤしてしまいましたよ私。森博嗣のこういった遊び心が大好きです。…でもシリーズしらない人には不親切なので★一個減で。

2007/03/24 17:35

投稿元:ブクログ

『刀之津診療所の怪』
中身的にはつまらなかった。事件はなし蓋を開ければなるほどVシリーズで懐かしのあのひとでしたか・・納得。
でもフランソワの謎が残る、これはまた別のお話で解決しなくては。

2006/03/02 08:53

投稿元:ブクログ

短編集。「ラジオの似合う夜」と「刀之津診療所の怪」は内心にやけながら読んでいました(笑)
「今夜はパラシュート博物館へ」がS&MシリーズとVシリーズの中間なら、これはVシリーズとS&Mシリーズの中間ですね。

2006/03/13 15:14

投稿元:ブクログ

森 博嗣ファンの方にはお勧めの本です。
逆に今まで森 博嗣を読んだことない人にはあまり意味がわからないかも。

短編集です。
最初のはVシリーズに関連してるし、最後のはGシリーズに関連してるんだけど、ちょっと他のシリーズとの関連も暗示してます。
おそらく森先生の本は全部読んでるけど、全部覚えきれてないので、思い出したりするのが大変でした。
上記2つ以外のショートショートは本当にすぐに読めちゃうものです。
味わい深い作品ばかりです。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む