サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

讃歌
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:20cm/355p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-250089-2
  • 国内送料無料

紙の本

讃歌

著者 篠田 節子 (著)

テレビ制作会社で働く小野は、ある日耳にしたヴィオラ奏者の演奏に魂を揺さぶられ、番組制作を決意する。天才少女の栄光と挫折を追ったドキュメンタリーは好評を博し、園子も一躍スタ...

もっと見る

讃歌

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

テレビ制作会社で働く小野は、ある日耳にしたヴィオラ奏者の演奏に魂を揺さぶられ、番組制作を決意する。天才少女の栄光と挫折を追ったドキュメンタリーは好評を博し、園子も一躍スターになるが…テレビと音楽をめぐる新スタイルの社会派小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

テレビ制作会社の小野は、ある日耳にしたヴィオラ奏者の演奏に魂を揺さぶられ、番組制作を決意。天才少女の栄光と挫折を追ったドキュメンタリーは好評を博すが…。事実かヤラセか、感動の正体とは?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

篠田 節子

略歴
〈篠田節子〉1955年東京生まれ。東京学芸大学卒業。「絹の変容」で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。「ゴサインタン」で山本周五郎賞、「女たちのジハード」で直木賞受賞。著書に「砂漠の船」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

そう、のだめで久しぶりに湧いているクラッシク界、でもね、そこにだって薄汚い嫉妬や意味もない権威てえものが大手を振って歩いているんですよ、しかもマスコミまでが無節操に・・・

2006/08/06 09:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

篠田節子『讃歌』(朝日新聞社2006)
夫は朝日新聞が嫌いです。利口でもないのに、ぶっているところ、エラソーにしているところが役人みたいでガマンできないといいます。その報道の無責任さにも耐えられないそうです。むしろ、自分はバカ、と割り切って軽薄化している読売新聞のほうが可愛いそうです。ま、その右翼ぶりも産経新聞まで行くと、噴飯を通り越してムカツク。だから、朝日新聞社で出す本の情報というのが、入りにくい。
そういう理由だけではないでしょうが、この本の存在自体を全く知りませんでした。書店やwebの出版情報はかなり丹念にチェックしているのですが、この半年、気付かなかった。これが妊娠だったら、そんなに長い間気付かないなんて、バカカ、オマエ、と周囲から言われてもおかしくないほどです。ん?何か変かな・・・
ま、装丁も地味なんですね。上品とはいわない。これはただ目立たないというデザイン。版画なんでしょうが、これまた地味な装画は門坂流、装幀は二人の関係が気になる坂川栄治+田中久子(坂川事務所)です。全体は七章構成で、各章にタイトルはありません。初出は2004.9.16〜2005.4.16の期間、朝日新聞に連載。単行本化にあたって加筆訂正がされています。
主人公はテレビ制作会社 東洋映像でディレクターをしている小野です。年齢ははっきりしませんが、別れた娘さんが幼いので40前後というところでしょうか。で、その彼を感動させているのがヴィオラ奏者である柳原園子の演奏、特にシューベルトのアルペジオーネソナタです。そして、普段、クラシックなど聞かない彼に、園子の演奏会を紹介したのが、クラシック専門のレーベル、ミカエルレコードの社長、熊谷です。
柳原園子ですが、彼女はもともとはヴァイオリンの奏者で、14歳のときに日本の音楽コンクールで優勝、その後、ベルンで開かれた国際コンクールで第二位をとり、天才少女出現とマスコミで騒がれたことがあります。そして念願の海外留学を果たしますが、それが結果として自殺未遂につながり、20歳のとき、帰国、以降、後遺症で殆ど寝たきりで25年を過ごします。
そして5年前、彼女は老いた父を見て感じるとことがあり、再び弓を取ることになります。ひっそりと公民館などで公演をしている彼女の演奏に目をとめたのが日本の音楽界の重鎮で90間近の 佐藤清一郎でした。彼は、園子にヴィオラ奏者になることを勧めます。前途が開かれたかに見えた彼女の音楽家人生は、しかし佐藤の死で再び閉ざされます。
その後、彼女は地味な演奏活動を続けていきます。小野が聴いたのは、そうした演奏会の一つでした。心動かされた彼は、園子の人生の紆余曲折を知り、一層、彼女の演奏の虜になっていくとともに、なんとか彼女をテレビの番組で扱いたいと思うのです。それが様々な波紋を呼び、現在の日本のマスコミ、特にテレビを取り巻く情勢が浮かび上がってくる、そういう話です。
プレゼンをして、アイデアが採用されたら、納期までに困難を乗り越えて、企画を成功させる、そういう話では、藤原伊織に『シリウスの道』があります。でも、どちらかというと藤原の作品は、男らしい「競争」を中心に書かれていますが、篠田のものは、その陰の部分を描いている、という感があります。
読んだあとの高揚感は、藤原に軍配をあげますし、登場人物の魅力でも『シリウスの道』のほうが上でしょう。ただし、人間の卑小さを描くという点では、篠田が一歩リード。ま、音楽家の悲劇という点では、藤原にも短篇集『雪が降る』に、暴力に頼る卑劣な男を描く「台風」があり、絶望の深さでは、読んでいるこちらが怒りで興奮するほどですから、それには敵わない。ということで★四つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/29 09:30

投稿元:ブクログ

小説。バイオリンからビオラに転向した女性奏者のドキュメンタリーを作ったテレビマンが巻き込まれる、マスコミの力のすごさと隠された相関図が物語を引っ張るちょっとした謎解き。楽器演奏の技術の難易度は専門家でないとわからないのかもしれないけど、下手でも感動という評価は素人にもわかる。その辺が読みながら白黒つけたくさせるジレンマが沸き起こるのが面白かった。日本人は多数決に弱い。正しくても少数派でいると声が小さくなる。アメリカ音楽院の教師が抗議文を送ってくるあたりではマスコミの持つ力もさることながら、訴訟大国アメリカらしく、個人でも意思が確立してるのが見てとれ新たな火種追加で、話が大きくなっていく。最後にミステリアスな舞台裏を読めるのでもやもやはなし。

2007/11/09 18:36

投稿元:ブクログ

久しぶりに読んだ篠田節子さん。かつて天才少女ヴァイオリニストとしてもてはやされた女性の、挫折、復活、再生の日々を追いかけたドキュメンタリー番組がヒットし、彼女はヴィオリストとして名声を手にする。しかしやがて彼女の経歴詐称疑惑が浮上し、一転バッシングの対象となっていく。ドキュメンタリー番組は、事実だったのか、やらせだったのか?相変わらず初めに受ける印象がどんどん覆されていく感じが篠田さんらしい。そこが快感。もっと決定的な何かが欲しいと言う気もしたが、最後まで読む手を休められなかった。

2007/10/26 19:21

投稿元:ブクログ

2007.10. 久しぶりに、篠田さんを読んだ。すごい腹持ちが良い(お腹に響く感じ)。ヴィオラという楽器を詳しく知らないし、読んでいて音色を浮かべられないのがすごく残念だった。でも、奏法が上手なのと心に響くのは別よね。そして、園子は情念の強い女の人だったんだな…。怖いな、けれどそれが女というものなのかな。なにを思って弾いていたんだろうと思う。もし、テレビに取り上げられなかったら(まぁ、そう仕組んだんだけど)、彼女は、教会の片隅でひっそりと、でも歓迎されながらずっとヴィオラを弾き続けたんだろうか。小説の本題はそこじゃないんだけど、読後じーっと考えてしまった。

2013/09/06 01:07

投稿元:ブクログ

薄暮読後にすぐ読んだ。題材は音楽だけどマスコミの人間を主人公にし芸術家を見出していく過程は薄暮のプロットにそっくりで姉妹作と言ってもいいほど。やはり人にとっていい音楽とは何かについて考えた。芸術に対する価値観とはなんなのかと。熊谷のイメージが薄暮の多田に丸かぶりだった。薄暮はミステリー仕立てになってたが、これはどう評したらいいのだろう?

2007/09/04 15:16

投稿元:ブクログ

元バイオリンの天才少女がTVのドキュメンタリー番組に出演、その反響の大きさから「癒しのヴィオラ奏者」として華々しく復活するという内容です。

フジ子・ヘミングさんをつい思い浮かべてしまいました。
たまたま私もNHKのドキュメンタリー番組を見て感動し、あれよあれよという間にフジ子・ヘミングさんが脚光を浴びコンサートのチケットがとれなくなるという騒ぎをライブで経験していましたので。

音楽の評価の難しさ(技術力と感動のどちらを優位におくか)、
マスコミの強大な影響力(たやすくヒーローが作られ、捨てられていく)
いろいろと考えさせられる作品でした。

2009/11/08 08:55

投稿元:ブクログ

テレビの番組制作を仕事とする小野は、レコード会社の社長に教えてもらった演奏会で、魂をゆさぶられるほど感動するヴィオラの音色に遭遇した。
演奏者は、かつてヴァイオリンで天才少女と言われた女性だった。
彼女の生い立ちは、順風満帆なものではなく、苦しい人生だった。アメリカの留学での挫折、自殺未遂。
そういった出来事を経た彼女のヴィオラの音色には、魂を癒される魅力があった。
小野は、彼女の人生をドキュメント番組として作ることに。

硬派な印象を受ける彼女の文章は、社会派でかつ読みやすい。ものすごくしっかりとした文章力を感じることができる。
一家そろってクラシック好きな我が家の一員として、この本はとても興味深いものだった。
『ハルモニア』にはチェロが登場するが、今回はヴィオラ。
楽器が登場するだけで嬉しくなる。
テレビ番組の制作という世界の様子も興味深く、面白く読めた。
ちょっぴり、結末に向けて失速したというか、なんとなく気持ちの盛り上がりに欠けてしまって残念。

2011/06/30 21:44

投稿元:ブクログ

ヴィオラという楽器はあまり詳しくない、というかほとんど知らない。バイオリンより大きめの低音を奏でる楽器らしい。かつての天才少女バイオリニストが不遇の時代を経てヴィオラ奏者として奇跡の復活をする話。だと単なるよくあるヒューマンドラマであるが、ここにマスコミが絡み複雑になっていくという展開。テレビや雑誌の力は実力を伴わないものをもスターダムに引き上げてしまうのは、日々見ていてよくあることである。メディアは恐ろしいなーとこれを読みながら少々思った。と同時に、ほんとに新聞やテレビや雑誌をそのまま信じる人々は、今後減っていくんだろうなと感じる。正しい形に日本人もなりつつある、というのはよくある意見だし、いいことなんだろうけど、一般に無宗教といわれる日本人にとっては、一つのものを(それがマスコミという媒体であっても)信じて生活の規範にするのは幸せなことだったのかもしれないと感じる今日この頃である。

2013/03/26 13:42

投稿元:ブクログ

ビオラの演奏への感激で始まる。

千と千尋の神隠し の主題歌 いつも何度でも
映画 タイタニック で演奏の賛美歌 主よみもとに近づかん
シューベルト アルペジオーネソナタ
チャイコフスキー
ベートーベン コンチェルト
クライスラー 愛の喜び、愛の悲しみ
ハイドン

音楽業界と放送業界の裏が分かる。
悪意ばかりでなく、事実からずれていく様子が手に取るように分かる。

2006/10/16 23:22

投稿元:ブクログ

テレビ制作会社で働く小野は、ある日耳にしたヴィオラ奏者の番組制作を決意。天才少女の栄光と挫折を追ったドキュメンタリーは好評。彼女はスターになるが…音楽を聴いて感動するのはどうして?うまい音楽家と感動する音楽家って何だろう。うまい演奏より感動する演奏の秘密は。スターを作り出すマスコミのあり方など。

2016/04/05 14:21

投稿元:ブクログ

#読了。
TV製作会社の小野は、クラシック専門レコード会社社長熊谷に誘われコンサートへ。そこで聴いた、ビオラ奏者柳原園子の演奏に深く感動し、番組制作を決意。番組は好評、園子も一躍人気者となるが。。。
商業的には恵まれていないクラシックというジャンルにかかわらず、技術的に未熟であっても人の心に響く演奏と技術的に完璧でかつ素晴らしい演奏がどちらが素晴らしいと感じるかは人それぞれなのだろう。

2014/07/18 21:51

投稿元:ブクログ

逗子図書館で読む。筆力抜群です。小説嫌いの僕でも、すらすら読めます。状況説明も無理なく、分かりやすいです。ただし、積極的に読みたい小説家ではありません。どうも、好きになれない。

2015/01/27 10:45

投稿元:ブクログ

演奏者のプライドと苦悩、売り出すための画策や思い、ドキュメント番組を作る大変さ、音楽とは?など考えさせられる要素がたくさん。とても読みやすい。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る