サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

すこやかにおだやかにしなやかに
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 佼成出版社
  • サイズ:18cm/53p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-333-02191-X
  • 国内送料無料

紙の本

すこやかにおだやかにしなやかに

著者 谷川 俊太郎 (著)

私がなにを思ってきたか それがいまの私をつくっている あなたがなにを考えてきたか それがいまのあなたそのもの いのちあふれる写真とともに、声に出して、からだぐるみで味わう...

もっと見る

すこやかにおだやかにしなやかに

1,080(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂大宮高島屋店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私がなにを思ってきたか それがいまの私をつくっている あなたがなにを考えてきたか それがいまのあなたそのもの いのちあふれる写真とともに、声に出して、からだぐるみで味わう、谷川俊太郎詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

谷川 俊太郎

略歴
〈谷川俊太郎〉1931年東京生まれ。詩人。翻訳、脚本、絵本などさまざまな分野で活躍。「マザー・グースのうた」で日本翻訳文化賞、「日々の地図」で読売文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 すこやかに、おだや...

ジュンク堂

 すこやかに、おだやかに生きられたら…。誰もがわかっているはずなのに、なかなか出来ないのはなぜだろう…。

 本書は、人間としてのあり方、生き方を、シンプルなことばで綴った詩集。12編の詩を読むと、自分自身の心の奥に追いやっていた清らかな部分を、はっきりと気づかせてくれる。

 本書の底本は、仏教経典『ダンマパダ』(法句経)。この経典は、ブッダのことばにいちばん近いとされ、「真理のことば」という意味がある。ブッダは、真理とは「普遍的で誰もが実践できること」だと説いた。そうした真理のことばに触れた著者が、その磨かれた感性で人間のあるべき姿をやさしい日本語で伝えていく。

 12編の詩には、それぞれカラーの写真が添えられている。まっすぐな眼差しの少女。雪どけの大地から顔を出すふきのとうなど、雄大な自然や魅力的な人物が、ことばの世界を広げている。

 年齢を問わず、見て、読んで、声に出して、体ぐるみで楽しめる詩集である。

出版ダイジェスト:2006年12月
テーマ『ことばとともに味わう、写真の本。ふんわりと広げて、読むともなしに』より

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

共感するところを自由に日本語に…

2006/04/18 06:06

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

谷川俊太郎さんの詩は
読むそのときどきの私の心をぐっと掴む。 「すこやかに おだやかに しなやかに」
今回はやさしいひらがなのタイトルに心惹かれた。
「私がなにを思ってきたか
それがいまの私をつくっている
あなたがなにを考えてきたか
それがいまのあなたそのもの」(「こころの色」から) 「私がだれかを傷つけるとき
苦しむのはこの私
あなたがだれかを苦しめるとき
傷つくのはあなた」(「影と海」から)
「たったいま死ぬかもしれない
こころの底からそう思えれば
あらそいもいさかいもしたくなくなる
だれもがたったいま死ぬかもしれない」「たったいま」から)
「この詩集は『ダンマパダ』から生まれました。
トマス・バイロムによる英訳を底本にして、私は自分が共感するところを
自由に日本語にしてみたのです」と谷川さん。
共感するところの多い、詩集でした。
詩と詩の間に挟みこまれた豊かな自然や子ども達の笑顔の写真も
心に深く語りかけてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めて買った詩の本

2015/03/24 16:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

詩を読むなんて、小中高の国語の時間のみだったのですが
素敵な表紙に惹かれて買いました。

わかりやすく、そしてなりよりも、きれいな言葉でした。
詩を読んでいると、日々の悩みが、スッとちっぽけにみえて、そんな悩みが愛らしく思えてきました。

詩って、地味に見えたけど、こんなに綺麗なんだなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/21 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/28 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/23 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/07 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/14 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/19 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/09 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/20 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/29 17:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/22 01:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/15 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/17 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/25 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る