サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「ニート」って言うな!(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 62件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03337-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「ニート」って言うな! (光文社新書)

著者 本田 由紀 (著),内藤 朝雄 (著),後藤 和智 (著)

「ニート」とは、働かず、就学もせず、求職行動もとっていない若者を指す言葉。若年雇用問題解決の道を、若者に対する治療・矯正に求める日本社会に疑問を覚えた著者たちが、多角的な...

もっと見る

「ニート」って言うな! (光文社新書)

864(税込)

「ニート」って言うな!

778(税込)

「ニート」って言うな!

ポイント :7pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ニート」とは、働かず、就学もせず、求職行動もとっていない若者を指す言葉。若年雇用問題解決の道を、若者に対する治療・矯正に求める日本社会に疑問を覚えた著者たちが、多角的な視点で現在の「ニート問題」を検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

本田 由紀

略歴
〈本田由紀〉1964年徳島県生まれ。東京大学大学院情報学環助教授。専門は教育社会学。
〈内藤朝雄〉1962年東京都生まれ。明治大学専任講師。専門は社会学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー62件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

「ニート」への批判に基づく正しい社会理解に向けて

2008/06/11 23:51

13人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

いささか新書らしすぎるタイトルに乗れるのならそれが1番だし、そうでなくても、だまされたと思って一度手に取ってみてほしい。この新書は、時折あらわれる、新書とは思えないほどの内容が、新書のわかりやすさと値段で提供された、近年まれに見る、すぐれたものといっても過言でない。

何が優れているのか。

まず第一に、「ニート」という呼び方と、そう呼ぶメディア、さらには、とある現実の現象をそのように呼ぶことで社会的に位置づけようとするまなざしに対する、徹底的な批判精神と、その実践としての批判的検討が優れている。それは、どのパートにも言えることで、ここにはまず、言葉本来の意味で若年無業者への目線に立ち、その理解に努める姿勢がうかがえるし、さらに、わかりやすい理解の仕方ばかりが蔓延していくメディアへの危機意識とそれを表現していく社会学的説得力がある。

第二に、思いを1つにした3人による共同成果である点である。これはとりもなおさず、この3人が、持論を張るだけでなく、他の人びとがどのように若年無業者について語っているか、アンテナを張っていたことの証拠となる。というのも、この3人は旧知の仲ではなく、「ニート」をめぐるweb上のやりとりから出会い、本を作ることになったというのだから。しかも、そのこともあって出自を異にする3人が、それぞれの問題意識とスキルとを持って、「ニート」問題を論じ、いずれもきわめて水準が高いのだ。

これらを総合して、本書はすぐれた「ニート」論であると同時に、出色の新書でもある。それはとりもなおさず、本書がすぐれた書物であることにほかならない。どのような角度からでもニートに興味のある人は、ぜひ手に取り、一読してほしい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昨日は「ひきこもり」、今日のネガティブキャンペーンは「ニート」、明日は?

2006/01/21 23:33

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 三人の著者のセッションは微妙にズレて、そのズレ方が各パートの奏者の楽器が例えば、内藤朝雄はアルトサックス、後藤和智はベース、本田由紀はピアノと、あまり相手のことは気にせずにそれぞれが得意な奏法で、「ニート」を奏でたということでしょうか、熱いジャムセッションにノレましたという読後です。
 ただ、もしこれからお読みになる方に耳打ちするなら、第二部の『「構造」—社会の憎悪のメカニズム 内藤朝雄』を最初に読んで、第三部の『「言説」—「ニート」論を検証する 後藤和智』を次に、最後に『「現実」—「ニート」論という奇妙な幻影 本田由紀』というパート順がいいんじゃあないかと思いました。アルトサックスが「ニート」を越えて咆哮し、ベースがクールに主題の「ニート」を刻む。アルトサックスの「歪んだ教育」という音符を「本来の教育」という音符に引き戻してメロディラインに乗せる。
 何せ内藤朝雄は透明な社会と決別して、日本を不透明な成熟した社会にしようと目論むのですから、その過激な問題提議の吹きは幕開けに相応しい。後藤和智は沈着冷静に社会学者の火照りを追跡して「ニート」を俗流若者論の言説市場から生み出されたご都合主義の記号であると、その胡散臭さを暴いてゆく。そして終曲に向かって本田由紀は若年就労問題を「ニート」という曖昧模糊とした概念を持ち出さないで、あくまでも労働市場の設計という位相で議論されるべきであると至極マットウなことを弾く。
 労働市場における典型雇用(正社員)、非典型雇用(フリーターなど)の移動障壁を低くし、処遇や社会保険の格差も縮小する。そして「学校経由の就職」の割合を少なくし、「まっさらな人材」を採用するというシステムから「教育の職業的意義」を強調して学校制度そのものに切り込む。それ故、「教育」という言葉に対するスタンスは内藤朝雄と本田由紀とでは違います。本田提案は明日からでも実施出来得る具体的なものです。
 本書で通底音として歌われているものはメディア論です。メディア・リテラシーを常に学習しなければ、知らぬ間にとんでもない穴ぼこに落っこちる。そんな知力、度胸を改めて自分に問うきっかけに本書はなりましたね。このような本こそマスメディアが取り上げるべきでしょう。
 「ニート」っていう言葉にお目にかかったのは玄田有史・曲沼美恵共著『ニート』を読んでからです。そのときの印象ではひきこもり、フリーターとどう違うのか新たにネーミングする意味はなんだろうと本書を読んだのですが読後霧が晴れないまま、疑念があったのです。
 本書で少なくとも問題の有り様がわかりました。人々の不安の元凶のターゲットの一つが青少年に向けられ、その眼差しが『ニート』という使い勝手のいい道具概念に権威づけられ、イギリス発祥であるけれど、日本風に工夫され、メディア、便乗文化人がネガティブキャンペーンを張っている状況でしょう。果たして何時までの賞味期限でしょうね。そのあたりの見取りは三方ともあり、それ故、『ニート』という言葉が風化しても本書に書かれた視点、分析、哲学は生き残るはずです。そのような足腰の強い内容になっています。ちなみに後藤和智はbk1で御馴染みの書評者ですね。
千人印の歩行器

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いま、大人たちが危ない!

2006/02/24 19:43

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

一般に「ニート」という言葉でイメージされる人間像とはどんなものか。本文中にもピックアップされている週刊誌などの記事から見れば、「甘えている」「親に寄生している」「自分勝手」「怠けている」「無気力」「ひきこもり」等々、様々なマイナスイメージで彩られていることが分かる。というより、ニートとはいまや否定的な形容詞と化している。

しかし、本田氏の提示する統計資料はまったく違った姿を伝えている。

まず、15〜34歳までの学生・既婚者をのぞく無業者のなかから、就職活動をしている者(希望型・ほぼ失業者と重なる)、就職の意志を示しているけれども具体的な就職活動をしていない者(非求職型)、就職の意志がそもそもない者(非希望型)と、三項目に分類する。

一般にニートと定義されるのは非求職型と非希望型をあわせた数で、2002年段階でおよそ八十五万人。しかし、ニートのなかで、そもそも働きたくないという非希望型はおよそその半分でしかなく、ここ十年でまるで増えていない。就職の意志はあるが就職活動をしていないものが十万人強増えたぐらいだ。

四十万人ほどいる非求職型の男性の半分以上は留学・受験や資格取得の準備をしていて、女性の二割もそれに該当する。非希望型でも、男性の三割以上、女性の二割は留学・受験の準備中である。

いわゆるニートのなかでも、働く意志もなく、特に何もしていない人というのは全体の三分の一に過ぎない。

以上を見ても、怠け者や甘えているというネガティヴイメージがニート全体に無根拠に敷衍されていることが明らかだが、それ以上の問題は若年失業者の問題であるという。

ニートの増え方は十年間に十万人という程度だが、無業者のなかでちゃんと就職活動をしているもの、つまり失業者の数はここ十年で六十万人の増加を見せている。これは十年前に比べて若年失業者が倍増したと言うことを示している。またフリーターもここ十年で百万人増加し、倍になっている。

つまり、ニート議論で見えにくくなっているが、いま現在若年層では、明らかに就職口の不足が起こっているということである。失業者とフリーターの増加はそのことの端的な証左であり、ニートの増え方が問題にならないくらいの激増ぶりである。

いまのニート議論は、数年前の内閣府の国民生活白書ですでに指摘されていた、企業側の採用抑制という問題点を結果的に覆い隠す格好の素材として消費されてしまっている。そしてすべては若者の内面および、親たちの教育不足という問題へと収斂し、企業や社会政策には何の問題もないかのように語られる。


本田氏は上記の点を丁寧に詳述し、それに続く内藤氏のパートでは、そのように若者叩きへと議論が収斂してしまう構造の問題を鋭く追求している。青少年の凶悪事件のみが過度に報道され、大人の凶悪事件はほとんど報道されないというメディアの偏向ぶりや青少年ネガティヴキャンペーンのあり方から、内藤氏は若者だけが危険な存在だと印象づけようとする大人たちこそが幼稚なのだと切り返す。

メディアの重要な役職に就いたり、その基本的な方針を監督することのできるいまの大人たち、そしてそのメディアの消費者たちは、少年犯罪も往時に比べ激減し、中高年に比べ殺人者率も低いいまの若者をことさら危険な者として粉飾する。彼らは自分たちが何かしら問題を抱えていたり、修正しなければならない間違いを犯しているということを決して認めようとはせず、その責をすべて若者に丸投げしようとしている。

だから、それが煽動めいていても、昨今の青少年ネガティヴキャンペーンに対抗する意味において、われわれはこう叫ばなければならないだろう。

いま、大人たちが危ない!

「壁の中」から

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ニートの実情を知るために

2006/04/01 00:06

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ニートと聞くと、つい働く気概もなく無為に日々をすごしている若者というイメージがある。そんなニートが増えているという。日本の未来はどうなってしまうのだろう。
 そんな心配を抱いてしまうのも無理はない。
 しかし、真摯にニートの実情を眺めると、上記のイメージは完全な誤りである。本来のニートの定義である学生ではなく仕事に就いておらず就きたいとも思っていない若者は増えていない。むしろ、増えているのは失業者とフリーターである。
 そういった実情をまずは正しく理解しなければ、ニートというものを語れない。したがって、その問題も理解できないはずなのだ。
 現実に激増している失業者とフリーターの問題よりも、実際には目だった増減を示さないニートが取り上げられるのは明らかにおかしい。
 ニートに関して誤った認識が広まる中、冷静に正しいニート像を提供してくれるのが本書である。第1部ではニートの実情を数値や労使問題から読み解き、問題の根源にある社会的な側面に光を当てる。第2部はニートに限らず、自分たちとライフスタイルの異なる若者たちを紋切り型に切り捨てる言説の危険性について説き、第3部ではニートがどのように語られてきたのかを紹介している。それぞれまったく違うアプローチからニートの姿に迫っているので、広く情報を得ることができるのが嬉しい。
 メソポタミアの遺跡からも「近頃の若者はなっとらん」といった落書きが見つかったなどといった話もあるので、ニート問題というのはただ単に自分たちとはライフスタイルの異なる若者を疎ましく思う気持ちが顕わになっただけなのかもしれない。
 その結果として、誤ったイメージでさらに若者が排斥されていくのは避けなければならないだろう。そのためには本書のような冷静に事実を探る営みが必要なのだと思う。ニートについて語るのであれば必読の書と言って良いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/25 01:20

投稿元:ブクログ

第1部、第3部は結構読み応えあるかと。
第2部はまぁさらっと読むが吉。鵜呑みは勧めない。
ニートは当事者の問題だと思っている人は是非読んでみてほしい。

2006/10/14 00:42

投稿元:ブクログ

声高に、お見通しよ、と語られている主流の若者たち、少年犯罪、そして社会の考え方に
疑問を投げかけて、考えるきっかけになると思います。

2006/05/14 21:57

投稿元:ブクログ

まぁ何といってもタイトルが面白いですよね『「ニート」って言うな!』。非常に内容を気にさせる本のタイトルだと思います。
・・・と思うと同時に、「じゃあニートって言う代わりに何て言えばいいんだよ」とも考えさせるタイトルだと思います。とにかく、そこらへんの詳しい内容は勿論本書に書かれているので読んでいただけると分かると思います。

2006/02/17 00:05

投稿元:ブクログ

こちらの本は本田さん、内藤さん、後藤さんの3人の共著で、
昨今の「ニート」論のメディアや有識者の語り方、
そして私たち世間が抱く「ニート」に対するイメージに対し、
ちょっとまったー!をかけている本です。

<本田氏>
東大シンポジウムで発表されていた内容を、
さらに丁寧に解説しています。
ところどころに見られる本田節(?)は、
まさにあの時の印象そのまま。
ニートは世間がイメージしているほど増えていないことを、
統計調査のデータから明らかにして、
なおかつニートと呼ぶべき人々も、
その内の3分の2は何かしら活動していることを指摘。
しかし、なぜかそういった人々も一括して「ニート」と呼ばれ、
「支援を必要とする人々」と認識されてしまっている。
また「意欲」や「家庭」の問題とされがちで、
「社会構造」や「労働環境」の問題が看過されている。
このような実態を無視した間違った対策(若者自立支援塾など)に多額の資源(税金)が使われようとしている。

つまりこういうことかなぁ?
世間がイメージとして抱いているニート(=働く意欲がない、ちゃらんぽらん)は、
たしかに存在するけれども、それは今に始まったことではなくて、
昔から存在していてその数もあまり変わっていない。
働く意欲はあるんだけど、求人がない、
働いていたんだけど、企業の中でヒドい扱いを受けて、
辞めざるを得なくなって、そのため今は療養中なんだ、
働く意欲はあけど、今は資格をとるために勉強中とか、
そーいった人たちまで含めて、
とにかく「働いていない=ニート」と一括でくくって、
意欲をわかせる、職業観を養うといった政府の支援は本当に適切なの?
ってことでしょう。

僕の今年の発表では、「若者の意欲や職業観が低下しているってホント?」
っていうところからスタートして、
「意欲や職業観はむしろ高まってきている(専門性の高い職業志望者増)のに、
意欲や職業観を養うといった対策は妥当なの?」ということを、
様々な高校生の意識調査を使って明らかにしてみたんだけども。

本田さんが示す対策の1つに『「職業的意義」の高い教育』を掲げていて、
この内容が、シンポジウムで聞いた時の印象とはちょっと違った。
「どのような仕事があるのか知る」
「労働者の権利」
「仕事の探し方」
「基礎的なITスキル」
「専門性を持つ職業上の能力や知識」
これらまとめて「職業的意義」の高い教育として、
特に5つ目の「専門性をもつ〜」では、
シンポジウムでは特化したスキル(自動車整備など)を身につけて、
そのスキルをいかす仕事(自動車整備士)につくんだという印象だったんだけど、
そーじゃなくて、それを「足場」「ベース」にして、
社会に出て自分で発展させていくのだと。
ドイツではデュアルシステムといって徒弟制のような訓練制度があって、
たとえばパン屋の主人にパン作りを習ってパン職人になるというわけじゃなくて、
その「パン作り」というスキルではなく、「スキルを身につけたこと」に対して
評価を与えるシステムがあるんだとか。

「ニート」という言葉で、若者自身や家庭に責任を押し付けないで、
「労働市場の設計」という位相で議論すべきだ!!と〆ています。

<内藤氏>
近年の青少年問題のメディアの報道に焦点を当てて、
社会問題にすべきは、若者ではなく、若者を問題化する社会的勢力とその悪影響だ!と述べています。
「マスメディア」の影響の強さ・怖さは、
SSGの今年の定例会の全体の発表を通して強く感じていた所ですが、
マスメディアと大衆、そして政治が結びつくと、もっと恐ろしいということを、
内藤さんは述べています。。。
たとえば「物質的な豊かさの反面、人間性が失われた」「インターネットが歪んだ人間関係を生んだ」などを理由(著書では「いいがかり資源」と表現)に、
「青少年の犯罪凶悪化」や「パラサイトシングル」そして「ニート」を論じるが、
これらが全く根拠のないものであることがデータを使ってはっきり示されています。
そして現在は、若者対策とすれば何でもありの状況が出来上がってきてるんじゃないかと。
この辺は興味わいたらぜひ読んでみてください・・・(他人任せ(笑)

<後藤氏>
この方、1984年生まれで、同じ世代なんですよね。
すごいわぁ・・・。
後藤さんも同様に心的側面ばかりに注目されるニート、
「職業構造」「雇用構造」の問題が欠落しているのはなぜか?といところから、
出発しています。
日本版「ニート」が「パラサイトシングル」「社会的ひきこもり」の延長上で語られていて、
それは近年多くのニート関連の新聞記事・投書・雑誌・出版物からも見られると指摘。
特に驚いたのは、2004年から2005年まで、著名な「ニート」関連の本だけでも15冊以上が出版されていたということ。
本田さんも、「ニート支援産業・ビジネス」
内藤さんは「商品」と述べておりましたが、
まさにビジネスとして既に成り立っているのかもしれないですね・・・。
新聞記事の扱い方や、「世論調査の先入観」など、今年の発表でみほが発表した「学力低下」のお話しで出てきた手法に近い内容。
やはり、前者2者同様、就業問題として捉えなおすべきだと〆ております。


今後も「ニート」のような新しい言葉が世の中に登場して、
メディアで報道されて、そしてまたすぐに本になって、
私たちに訴えかけてくると思うのだけど、
その時に「あーそうなんだ!大変だ!こりゃ困ったぞ」と、
情報を鵜呑みにするのではなくて、
「ん?ちょっと待てよ、本当にそうなのかなぁ?」と、
疑問の目を持って情報と接していくにはどうしたらいいのだろう?
たとえば、教育ならどういうことが必要なんだろう。
と、考えるのでした。。。

2007/11/13 13:08

投稿元:ブクログ

この本を読んで、いわゆる世間で言うニートと私の認識のニートがずれていることが分りました。
「投影同一化」という概念が難しかったですが、面白かったです。

2006/05/23 12:53

投稿元:ブクログ

税控除の仕組みを変えてまでニートを世間の悪者にしてしまおうと言う政府の魂胆に立ち向かうため、これを読んでおこう。今が旬。

2007/12/04 20:48

投稿元:ブクログ

ニートという言葉が如何に誤った概念であるかを力説した本。3部構造で、1章が労働政策上にこの言葉が持ち込まれることの問題点、2章でこの言葉を若者批判に用いるメディア(とそれにのっかる政府当局)の問題点が論じられている。いずれも非常に優れた論旨展開がされて、納得できる部分が多い。政府としても労働政策を変えるのは企業側からの圧力もあって大変だけど、若者のせいにすれば楽ちんできるもんね。一部のNGOが「ニート利権」を利用している!ってのはとてもよい指摘。3章はニートという概念がどのように使われていたかの概略で、これだけいまいち主張が弱いのが残念。構成的にも初めに持ってきた方がよかったんじゃないかなぁ。何となくニートという言葉を使っている人は必読。

2006/08/05 08:58

投稿元:ブクログ

第1部本田由紀担当分に関して、久々に出会った「東大の先生のしょーもない本」。全員がいわゆる「ニート」ではない。うん、それは知ってる。その後の分析を下さい。

2006/07/17 23:38

投稿元:ブクログ

玄田さん以降にメディアなどでも盛んに取り上げられるようになったニート論に、ちょっと待ったをかける本書。論点整理はすごく出来てると思うんだけど、結論部分がどうにも納得できない。どこに目的を置くかによって、星が増える可能性もあるけど…

2006/10/02 12:11

投稿元:ブクログ

著者3人がそれぞれに、昨今の「ニート」論議に物申しています。
本田由紀氏は、ニートは若者の心ではなく労働市場の問題であると、内藤朝雄氏は、社会の憎悪が若者に向かっているとを指摘。その上で目指すべき社会のあり方に踏み込んでいます。
大学生である後藤和智氏は雑誌や本の論調を批判的に検証しています。
私自身、ニート=やる気のない若者、というレッテル貼りに違和感を覚えていたので、こうして現状を丁寧に分析する姿勢を見習いたいと思いました。
働いていないことを、安易に若者の心のせいにするな!

2006/10/15 21:39

投稿元:ブクログ

ニート予備軍なので読んでみました。が、内容は社会学のメディアスタディーズの研究手法を使い、「ニート」という言説を事細かに分析し批判してます。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む