サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. サイレン FORBIDDEN SIREN

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サイレン FORBIDDEN SIREN
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-387627-8
  • 国内送料無料

紙の本

サイレン FORBIDDEN SIREN

著者 高山 直也 (原案),進藤 良彦 (著)

サイレンが鳴ったら外に出てはならない。29年前、謎のサイレンの音とともに全島民消失事件が起こった絶海の孤島、夜美島。中世には異人が訪れ、戦後は占領軍が駐留した土着と異文化...

もっと見る

サイレン FORBIDDEN SIREN

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サイレンが鳴ったら外に出てはならない。29年前、謎のサイレンの音とともに全島民消失事件が起こった絶海の孤島、夜美島。中世には異人が訪れ、戦後は占領軍が駐留した土着と異文化が同居するこの島に、弟の療養のためやってきた少女と父に降りかかる恐怖の体験。サイレンの音とともに出現する幾多の謎に翻弄されながら、予測不能な怪異に巻き込まれていく。映画とは異なるアナザーエンディングで描く小説版。【「BOOK」データベースの商品解説】

29年前、謎のサイレン音とともに全島民消失事件が起こった夜美島に、弟の療養のためやってきた少女と父に降りかかる恐怖。サイレンの音とともに出現する幾多の謎−。映画版「サイレン」とは異なるエンディングで描く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.0

評価内訳

映画『サイレン』のノベライズ?そんな単純なモノではありません。

2006/02/06 13:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ラヴクラフトから始まった『暗黒神話』をご存知だろうか?この名前で「?」の方でも、『クトゥルー(クトゥルフ)神話』と言えば「分かる」という方も多いのではないだろうか。太古より地球上に先住していた異界の、そして異形の神々の物語である。その姿を目にしただけで発狂するとか、不定形の生き物であるとか、この世の常識からは外れた規格外の神々がほとんどだ。いや本来ならば、神と呼ぶことは出来ない存在なのかもしれない。
 この『暗黒神話』大系は、現在でも数多く語り継がれている。神々の姿や能力、そして“雰囲気”は同じくしながらも、時代や場所を変えながら。
 本書は、一言で言ってしまえば、映画のノベライズである。だが、エンディングが違うらしい(映画は2006年2月11日公開のため、書評投稿時点では観ていない)。書き方が独特の手法なので、おそらく物語の進み方も違うのだろう。
 原作となったゲームの第1弾は、テレビCMが打ち切りになったといういわく付き。ホラー作品にとっては、内容の恐さに対するお墨付きを頂いたようなもので、もちろんのことながら作品としての出来も良かったので、大ヒットを記録した。その第2弾をモチーフに、映画は作られているのだ。期待度がどんどん高まろうというものである。
 その映画のノベライズとして目を通した。単なるノベライズと違い独特の書き方なので、すぐに引き込まれてしまった。淡々と進む分だけ、心の中で勝手に恐怖が膨らんでいく。お仕着せではない、自らの意思で感じる恐怖だ。それでいて、最後まで目を離すことが出来ない。恐い恐いと思いながらも、一気に読んでしまった。
 ノベライズの本書とは別に、マンガ版も発売されている。そちらも原作はゲームと映画だが、そのどちらとも、このノベライズとも違う作品として仕上がっている。
 “不気味に鳴り響くサイレン”と“奇妙な赤い水”。この二つの要素さえ含んでいれば、サイレンの世界は完成する。『暗黒神話』のように、『サイレン』大系を築けそうだ。「別の『サイレン』を楽しんでみたい」との思いは募る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レビュー高すぎ

2016/02/06 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

皆レビュー高すぎやしませんか?(^▽^;)
これで1000円は…ねぇ?…ないでしょ( 笑 )
中盤までは、これから何が起こるんだろう
っていう漠然とした恐怖と期待で
ページを進めるのがとても楽しかったです。
最後はもう、ガッカリの一言に尽きます。
思わず声が出ちゃいましたよ、えぇー…ってね。
伏線沢山張り巡らせといて、回収雑すぎ!
オチも雑すぎ!
ゲームから入ったせいかもしれませんが
ちょっと期待しすぎちゃいましたね。
とりあえず、50円なら☆4つけました!以上!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/14 20:06

投稿元:ブクログ

ある家族が夜美島という孤島にやって来るところから物語が始まります。話の展開が早くてジェットコースターに乗っている気分でした。そんなわけで数時間で読み終えてしまったという(…)内容は、途中まではハラハラドキドキで面白かったんだけど最後のオチでえ?って感じになりました。。映画とは異なるアナザーエンディングらしいです。

2007/08/01 14:04

投稿元:ブクログ

4/27
映画の原作、だけどラストが違うそうで。
映画知らないんですよね…見てみようと思います
一回解決に持ち込んでおいて、それかよって思いましたが
途中は本当に怖かった。映画どうなってるんだろう

2014/05/12 21:54

投稿元:ブクログ

図書館でこの本を偶然見つけたので借りて読んでみたら結構面白かった。(これはゲームと登場人物も違うので実写映画版を小説にしたもの)

2007/10/15 10:28

投稿元:ブクログ

映画のCMを見たときに「あ、おもろそーやん」と思った。でも観てない。ので、読んだ。最後はいらんやろ。

2009/08/31 14:17

投稿元:ブクログ

サイレンです。
映画を先に見ていてその時いまいち内容が理解できなかったから本で読むことにしました。
基本的に映画と同じでしたが結局よく分からずじまいでした。
サイレンとは結局なんだったのか、人魚の伝説とはどういう事なのか、
すっきりしませんでした。

2010/04/14 13:12

投稿元:ブクログ

映画とゲームから生れた新たな戦慄のストーリー
2006年2月11日より全国東宝系で公開される映画『サイレン』の小説版です。 映画『サイレン』は、ソニーコンピューター・エンタテイメントから発売されている海外でも人気の高いゲームソフト『SIREN』から着想を得て製作されたサイコスリラー。監督は『TRICK』を手がけた映像の鬼才・堤幸彦、公開に合わせては『SIREN2』のゲームソフトも発売され、映画とゲームが本格的にコラボするマルチ展開の作品です。 本作品では二人称を効果的に使い、独特の恐怖感をかもし出しています。また、映画やゲームとは異なったストーリーも用意して、さらに奥深い「サイレン」の世界を展開しています。そしてエンディングには小説版独自のサプライズも用意されています。

内容(「BOOK」データベースより)
サイレンが鳴ったら外に出てはならない。29年前、謎のサイレンの音とともに全島民消失事件が起こった絶海の孤島、夜美島。中世には異人が訪れ、戦後は占領軍が駐留した土着と異文化が同居するこの島に、弟の療養のためやってきた少女と父に降りかかる恐怖の体験。サイレンの音とともに出現する幾多の謎に翻弄されながら、予測不能な怪異に巻き込まれていく。映画とは異なるアナザーエンディングで描く小説版。

ネタバレですが。
最後の最後に全部精神疾患だったから見えたのも妄想。
・・・って無理があるかも。

最後の小樽の医師の「高品真奈美の場合」って、なぜ小樽でサイレンが鳴るのかさっぱり分からん。
南田先生怪しい。

第三者的な書き方をしていて、読みづらい気も。

2010/09/08 20:23

投稿元:ブクログ

映画原作なんですけども、映画をみる時間がないということで読書ですましました。
自分は「SIREN」をプレイ動画でみてます。この作品のほうは「SIREN2」が題材にされてるみたいですね。島とかいわれておどろいてました。

 「SIREN」のほうしかみていない自分からすれば「アトランティス」という雑誌のなめがでてきて反応しました。やっぱりすこしぐらいは関連性がないとおもしろめないですからね、、、。
 正直に感想をいいますと、、、まぁ微妙でしたね。
 というのも屍人がでてくるのがほとんど最後だったからです。どちらかというと屍人で怖がらせるんじゃなくてサイレンで怖がらせる、みたいなかんじでしたね。
 十分怖がってた自分もいたのですが、、、。そうですね、ホラーとしてはいまいちでしたかね。もうちょっと主人公をいたぶるようなかんじでないとだめだ。あとジャパニーズホラーだったらもうちょっと感動できるところがあってもいいようなきがしました。ただ怖い、とおもわせるのなら別にどーでもいいんで、もっと構想とかねってほしかったですね。
 まぁ、最後んんところがあやふやになっちゃってるのはサイレンならでは、、なのかな。それにしても先生怖い。
 、、、すごい偉そうだな、自分、、、、、、、。