サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「ヘミングウェイを読む英語力をつけたいならこの本!」ポイント5倍キャンペーン(~1/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かもめ食堂
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 230件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/204p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-01097-3

紙の本

かもめ食堂

著者 群 ようこ (著)

ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは、彼女が心をこめて握る「おにぎり」。けれども、お客といえば、日本おたくの青...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは、彼女が心をこめて握る「おにぎり」。けれども、お客といえば、日本おたくの青年トンミただひとり。そんな「かもめ食堂」に、ミドリとマサコという訳あり気な日本人女性がやってきて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは「おにぎり」。けれど、お客といえば、日本おたくの青年トンミただひとり。映画「かもめ食堂」の原作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

群 ようこ

略歴
〈群ようこ〉1954年東京生まれ。日本大学芸術学部卒業。広告代理店、本の雑誌社勤務を経て独立。著書に「午前零時の玄米パン」「無印OL時代」「人生勉強」「音の細道」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー230件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

溜まっていたエネルギーの浄化。

2009/08/11 23:52

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildflower - この投稿者のレビュー一覧を見る

2006年に公開された『かもめ食堂』のための
書きおろし作品、280枚。幻冬舎刊。
映画の世界観がすごく好きだったのに、今頃読み終わりました。

主人公のサチエさん、そしてミドリさん、マサコさんの3人の日本人が
フィンランドはヘルシンキにサチエさんが開いた「かもめ食堂」で出会い
共に働いていくなかで出会ったひとたちとのほっこりしたものがたりである。

あえて、日本人らしい漢字ではないカナ名で3人の名がかたられるのは
何か、理由があってのことなのだろう。

映画のほうでは小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんが
演じておられたけれど
それぞれの人生もキャラも年齢もとっても個性的。
もっとも
かもめ食堂に出入りするようになるフィンランド人たちもさまざま。
日本贔屓の学生、トンミ・ヒルトネンくんに
夫に逃げられた失意のリーサおばさん
泥棒稼業から足を洗いたいマッティ。

純和風のおにぎり(おかか、梅干し、鮭、昆布)をアレンジなしで
食べてもらう、というのがサチエさんの揺るがない気持ちであって
かもめ食堂には珈琲、紅茶、シナモンロールから現地の強いお酒
コスケンコルヴァまでそろっている。
なのに、どうして「おにぎり」なんだろう、というのが
映画を観ていて、ちょっと理解しにくいところだった。

現地に混じって折り合いをつけつつ
やはりどうしてもノーアレンジ・純和風のシンプルなおにぎりは外せない。
たとえどんなにウケが悪くても。というのがサチエさんの信念なら
日本人でさえ、いろんな味(ツナマヨとか豚コツ七味とかチャーハンとか)
を、最近では目にするおにぎりなのだから
いっそ受けいれてもらいやすいように、地元の味覚に歩み寄ってみては……
というのが、売上を見かねたミドリさんの提案だった。(p106-)

みんなが楽しみにやってきてくれて
楽しく食事をして
楽しく帰ってくれればいい。

……そのサチエさんの思いは、採算度外視としてバカにされても
おかしくはない夢のような願いなのだけれど
だんだんと触れ合うようになっていく現地のひとたちとのかかわりで
その凛としたぶれないサチエさんの気持ちこそが
かもめ食堂そのものを、心地よい居場所にしていっているのだと
読み進めていくうちにわかってきたような気がする。

日本を出て、フィンランドにたどり着いた3人の女性たちに
それぞれに抱えていた葛藤や、不安や不満があるように
フィンランドの人たちにも、こころのなかに溜め込まれたものがある。

古武道家の父に似て凛とした佇まいとぶれない心をもつ
サチエさんのこころは、清流のように澄んでいる。

マサコさんがサチエさんのつくったおむすびを食堂で食べるシーンで
「ああいう人の手で直接にぎるものは、その人が出るのよね。
 サチエさんのは、とてもおいしい」
といったのは、象徴的だ。

そのこころが現れる、手で直接むすばれた「おむすび」が
やがて、ゆっくりとリーサおばさんの心も解いていく
その下りが、とても好もしい。

「おにぎりって日本人のソウルフードなのよ。」という
サチエさんの言葉があるのだけれど
この本を読んでいくと
手でむすばれたおにぎりが、差し出す相手のなかに
ひっそりと溜まっていた思いをほぐしていくような
不思議な技を見せられているようで
なんだかほっこり、じーんとしてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

空気が澄んだ本

2007/11/25 23:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画をみてからよみました。
正直いって映画は、
好き嫌いのわかれるところかな、という感想があって、
つぼにはまると何回もみるけど、
はまらないとつまらなくもなるだろう、という印象があった。
原作は、
どちらかというと好きな人が多いだろうな、という感じがあった。
映画だと、
細かい説明がなく、突然日本人がフィンランドで奇特な行動にでている、
という感じだったけど、
原作はそこにいたるプロセスの説明が多いので、わかりやすかった。

映画と原作に共通して言えるのは、
とても空気が澄んでいること。
サチエの思い切った行動や、あゆみかたは、
とてもシンプルで、いい。
わたしはことばのつうじない外国なんて、とんでもない、行きたくない、
というほうですが、
こういう外国ぐらし、ちょっとイイナと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/05 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/22 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/06 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/27 06:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/09 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/04 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/24 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/14 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/15 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/15 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/30 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/29 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/02 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。