サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たち(講談社+α新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-272356-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たち (講談社+α新書)

著者 芹沢 一也 (著)

凶悪犯罪は急増していない。危険な敵はいったい誰なのか? 少年や精神障害者はメディアにより「怪物」のように報道される。人々の恐怖を煽り厄介者を排除すれば、すべては丸く収まる...

もっと見る

ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たち (講談社+α新書)

905(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

凶悪犯罪は急増していない。危険な敵はいったい誰なのか? 少年や精神障害者はメディアにより「怪物」のように報道される。人々の恐怖を煽り厄介者を排除すれば、すべては丸く収まるのか。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

芹沢 一也

略歴
〈芹沢一也〉1968年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。京都造形芸術大学やカルチャースクール、各種講演会などの講師を務める。著書に「〈法〉から解放される権力」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

根拠の無い恐怖に脅えないで現実を踏まえた議論をするために

2006/06/24 14:10

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 年々低年齢化・凶悪化する少年犯罪や精神障害者による犯罪に対してどのように社会を守っていくべきか。

 こんな問いが、2000年の少年法改正を導いた。実に50年以上も手付かずだったこの法律を改正させたのは、酒鬼薔薇聖斗に代表される”理解できない凶悪犯罪”にあったことは間違いない。

 しかしながら、犯罪は低年齢化しているのか。凶悪化しているのか。増加しているのか。

 全ての答えは否である。少年犯罪は、観測史上最低レベルを推移している。殺人、強盗、放火、強姦などの凶悪犯罪は1960年代と比較すると数分の一にまで減少しているのだ。であるからには、少年法の改正は必要あったのだろうか。

 本書はそのような立場から、少年法が目指したのはどのようなことだったのかを解き明かす。そして、少年の成育歴に光を当て、少年の更生を目指した少年法を根拠無い恐怖を背景として厳罰化させるべきだったのか、と問いかける。

 しかし、本来少年法が対象としていたのは凶悪犯ではない。微罪を犯した少年を、若さゆえの過ちとして裁くことでその未来を奪うことを防ぐためにあった。あくまで対象は”凶悪犯ではない少年犯罪者”のことだったのだ。

 ところが、本来そうあるべきだったのに、凶悪犯罪までをも少年法で括ろうとしたところにこの法律の無茶があった。その結果として、少年による殺人は事実も碌に調べられず、刑事罰も与えず、被害者にとっては将に殺され損の状況を招いた。同級生を殺した生徒が数ヶ月もすればまた学校でごく普通に生活できたのだ。これがあまりにも異常であることは明らかだろう。

 その点で、私は少年犯罪は凶悪化も増加もしていないことを認めつつ厳罰化は必要であると考える。また、改正少年法に拠っても、生育環境によって歪んだ人格を直すことに視点が置かれているようだが、性格の大半は遺伝で決まる。つまり、環境を変えても犯罪者は犯罪者であると言える。そのような犯罪者を安易に外に出すべきではない。

 私は米国のスリーストライク法を日本でも導入するべきだと考える。一定以上の法律違反を3度以上繰り返せば、もうその人物は刑務所から出ることはできない。そうするべきだ。

 日本は安易に犯罪者を外に出す。その結果、たとえば強姦事件の犯人が、自分を訴えた腹いせに強姦の被害者を殺害するといった痛ましい事件が勃発するのだ。

 本書ではこのような、今の制度でも決して更生しない(遺伝的背景があるので、更生なんて端から無理であるというのはこの際置く)犯罪者のことを書かない。再犯率が50%にも達しようという現実を書かない。少年法を含めた刑法は、はっきりと失敗しているのだ。その現実をもっと見て欲しい。

 ただ、少年犯罪の質は以前と変わらず、件数は激減しているにもかかわらず少年犯罪への恐怖ばかりが募っているのは問題だ。その点で、社会がホラーハウスになってしまっているという筆者の指摘は首肯できる。事件を追いかけ、消費するマスコミや一般人が、正しく現実を知らなければいけないのは間違いが無い。

 そういった意味では、本書が指摘するように少年法の根源に立ち返って考えるのは重要かもしれない。

 なお、少年犯罪に興味があるなら『少年の「罪と罰」論』を、遺伝による性格への影響に興味があるなら『人間の本性を考える 上』、『人間の本性を考える 中』、『人間の本性を考える 下』をお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/26 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/06 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/16 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/28 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/06 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/25 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む