サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

冬の巨人(徳間デュアル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間デュアル文庫
  • サイズ:16cm/233p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-905157-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

冬の巨人 (徳間デュアル文庫)

著者 古橋 秀之 (著)

終わりのない冬、果てのない凍土の只中を、休むことなく歩き続ける異形の巨人“ミール”。その背に造り上げられた都市は、人々の暮らす世界そのものだった。都市の片隅に住む貧しい少...

もっと見る

冬の巨人 (徳間デュアル文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

終わりのない冬、果てのない凍土の只中を、休むことなく歩き続ける異形の巨人“ミール”。その背に造り上げられた都市は、人々の暮らす世界そのものだった。都市の片隅に住む貧しい少年オーリャは、神学院教授ディエーニンの助手として、地上から、そして空からこの“世界”の在り方を垣間見、そこで光り輝く少女と出会う。“世界の外”から訪れた不思議な少女は、老い果てた都市になにをもたらすのか。そして、千年の歩みの果てに巨人がたどり着くところとは—奇才・古橋秀之が描く異世界ファンタジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

骨の髄まで温まりきることのない寒さ

2007/04/15 13:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

一面の冬世界を千年歩き続ける巨人
そしてその巨人の背に作られた街で生きる人間達の物語
不思議なSFともファンタジーともつかない世界観で、きれいに話が纏まっています
キャラクターも展開もあっさりしていますが、設定や構成はしっかりしていて引き込まれるストーリーです
ただ、「寒さ」は良く伝わってきたのですが、対となる「暖かさ」も欲しかったかな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/03 22:03

投稿元:ブクログ

異国情緒に溢れた寓話的作品。
しみじみと残る後味、主人公以下登場人物それぞれの生き様が胸を打ちます。

そして猫!
猫はいいねえ。

2007/12/02 22:13

投稿元:ブクログ

終わらない冬、晴れることの無い雪雲、凍る大地。
人間たちの「世界」を背負って歩く巨人“ミール”に住む少年・オーリャは雲よりも高い空の上で、一人の少女と出会う。
最後の最後に起こる奇跡に、ただただ感動。

2015/01/11 00:29

投稿元:ブクログ

世界の終わり、科学と宗教の対立、選民と下層民の二分化、ありがちなテーマであるが、最後にうまくまとめて、かる〜く読めた。

2009/12/08 02:22

投稿元:ブクログ

SF好き、ファンタジー好きにオススメ!
むしろ小説にうるさい人にも読んでもらいたいです。


世界観やストーリー、今までになかったわけではないし、そこまで画期的に斬新というわけではなくむしろベター。

しかし、だからこその王道めいたおもしろさがあります。

純粋に引き込まれるし、設定や世界観を全く無駄にしない話の進み具合、テンポ感は感動さえします。

おいしいところだけを詰め込んでスッキリさせた、といったカンジ?


表紙買いして1番良かったと思えた本です。


最初はあまり見慣れない文庫ということもあって長さにも戸惑うかもしれません。

が、読み終わるまであっというまで、むしろもっと長く書いてほしかったとさえ思えます。


シンプルだからこそ引き立つものをより良く生かしている、そんな印象が強い一作、本棚に置いておきたくなる1冊です。

2010/11/27 00:22

投稿元:ブクログ

画竜点睛を欠く、それに尽きる。題材も人物も魅力的であり描写も空気感がよく出ている。千年かけて常冬の凍土の果てを目指す巨人と、その背中に都市を築き暮らす人々なんて、ジブリを彷彿とさせてとても心が躍る。しかしその良質なファンタジーが、突然ご都合主義的に理由不明の大団円となってしまうのだ。これは大きな問題である。読み手が第四章まで築いてきた作品への感情移入が、突然の幕引きで行き場をうしない虚空へ消える。これでは感動できない。とてももったいない作品である。

2012/02/25 16:17

投稿元:ブクログ

荒廃した凍る大地で巨人の背中に住み生活を営む人間たちのSFファンタジー。厳しさとともに、冬のキラキラとした冷たい輝きとそっと温かな暖炉の光に包まれた印象の美しい物語です。この一冊にここに住む人たちの人生が凝縮されています。希望に溢れたラストがいっそうの輝きを放ち、良い読後感を与えてくれます。

2012/08/29 17:23

投稿元:ブクログ

閉塞した階級社会の破局とそこからのエクソダスの寓話・・・のはずが、結末はちょっと肩すかし。「自力救済」に「神の恩寵」を対置するしかないあたりに、この種の寓話を現代で描くことの難しさを感じた。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む