サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. 是−ZE− 3 (Dear+コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

是−ZE− 3 (Dear+コミックス)(ディアプラス・コミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

是−ZE− 3 (Dear+コミックス)

著者 志水 ゆき

是−ZE− 3 (Dear+コミックス)

596(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「是−ZE− 3 (Dear+コミックス)」が含まれるセット商品

是-ZE-(Dear+コミックス) 11巻セット(ディアプラス・コミックス)

是-ZE-(Dear+コミックス) 11巻セット

  • 志水ゆき
  • 評価4.7
  • 税込価格:6,64061pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これは泣ける

2008/03/27 14:20

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロザリア - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は志水ゆきさんの作品はこれが初めてだったんですが、めっちゃはまりました。


紙様とか言霊様とかの世界観も好きなのですが、何といっても話が切ないのが一番私の心を掴んでいきましたね。


今回の主役は玄間さんと氷見さん(表紙のお二人)なのですが、オレ様玄間さんに氷見さんが困っているのがなんともやきもきしました。

でも、これにも理由があるんですよ。




そして、氷見さんが玄間さんへのきもちに気づくときに・・・・・



これ以上はネタばれなのでやめますが、


泣きどころ満載ですし、ひと山もふた山も困難がある恋なんですけれども、これを乗り越えていくところが見どころかなと思います。


私としては、終りがとても気になる終わり方なので、4巻を片手に読むことをおススメします。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣けるストーリーです(ネタバレ注意)

2017/02/16 21:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:achan - この投稿者のレビュー一覧を見る

1.2巻の雷蔵君達とは違ってかなり泣ける回です。
不動産を営んで結構ヤバめの仕事で傷の絶えない玄間とその父の言霊師に仕えてた紙様の氷見の話。
過去の事やそれぞれの想いが触れ合いだんだんと通じ合う所での突然の別れ。かなり悲しいです。4巻へ続くのですが、今後出てくるカップリングの中でも1番と言っていいほど深い愛で繋がれた2人です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/01 16:02

投稿元:ブクログ

ラブモみたいに同設定内で別カップリングの話。今回はちょい過去話ですね。ラストが切ねぇ…!!続きでハッピーエンドになるみたいだけどここでぶった切るとは…というラスト。

2008/04/21 16:55

投稿元:ブクログ

【原作】志水ゆき【キャスト】氷見:平川大輔/八代玄間:三宅健太/阿沙利:千葉進歩/吉原和記:一条和矢/並川千鳥:水原 薫/三刀成間:永野善一/生井:土門 仁/玄間(子供時代):千葉優輝 ほか【発売】20070420(新書館) ===== 是シリーズ2。三宅(言霊師)×平川(紙様)。すごく切ない話。これ聞くと苦しくなるよ、毎回。

2006/03/09 19:03

投稿元:ブクログ

すごい、泣けた。
是のシリーズって紙様が自分の存在をそれぞれに模索している気がするんだけれど。氷見は切ない。
暴君な玄間のぶっきらぼう加減がいい。髭もいい(笑)
続きが半年後なのが耐え切れないよ〜!

2006/03/12 13:53

投稿元:ブクログ

 …表紙の雰囲気がまたえらく。志水さーん。
 志水さん珍しくスーツカップル。えへへ。スーツ好きにはたまらん。強引な不器用さんと箱入りな不器用さんのこれまた初恋の話よね。ところで和記さん今いくつだろう?力一さんのこと呼び捨て?ってか阿沙利は絶対先代人形師の作だと思ってたんですが和記作なの?和記さんいくつ?あまりの変わらなさについこの人も紙かと思っちゃったよ。飲食してるから絶対違うんですが。実はこの人が一番美形と思います。次は琴葉。紺はかわいいし阿沙利は色っぽいけどね。

2006/04/14 21:37

投稿元:ブクログ

紙様もメンテナンスシーズンということで今回の中心人物は玄間と氷見。想いが通じないことに苛立ち愛しいゆえに傷つけてしまう。愛し方の違いに途惑いながらも惹かれあう二人に待っているのは・・・・。

2006/06/03 18:00

投稿元:ブクログ

前の巻とはうってかわってシリアスですよ。ちょっとずつ小出しされる紙様Sの過去がめっちゃ気になります。

2006/06/27 19:11

投稿元:ブクログ

発した言葉に不思議な力を宿せる言霊様である玄間。その玄間にかかってくる災厄を身代わりになって被る紙(かみ)様・氷見との淫蕩調教LOVE物語!


あらすじ書いてて自分でウけたよ。乱暴で鬼畜な主人に大人しくて綺麗な家来?が震えながら犯される漫画と言ったほうがかわりやすいかもしれない。とにかくエロい漫画でした。激萌え。ハアハアします。でも一応現代漫画らしい。着物とかいっぱい出てくるからそれもまた嬉しいや。鬼畜なご主人様は実は家来?に純情ラブで、って王道展開が繰り広げられたけど、志水ゆきの力のおかげでありがちなストーリーもほろりと来ました。(あたしが単純すぎ?)1・2巻よりもこっちのがおもしれーじゃんと思ってしまったことは内緒だ。

2006/12/06 17:01

投稿元:ブクログ

玄間×氷見。
余り強姦は好きでないので、最初はうーん…て感じでしたが、最後の方はやはり氷見も玄間を受け入れているところはぐぐっと来ました。いつまでも羞恥を忘れない氷見が良いと思います★

2007/09/03 22:06

投稿元:ブクログ

1、2巻のコミカルさからは一転してアダルトな玄間×氷見カップル。最初は憎しみから氷見を傷つけたいのかと思ってやや退いてましたが、子供のときから見ていたというエピソードにクラッとしました(BLの「昔からずっと好きだった…」パターンに弱い私;/笑)。「氷見を泣かすな」の意味が明かされるラストに呆然としました。早く4巻を買って来ねばっ!

2010/05/04 01:02

投稿元:ブクログ

この巻のラストで泣かなかった読者がどのくらいいるのかなーと思うくらい、泣きました。
新生氷見さんの奮闘記(4巻)とは別で、健気さが沁みる。

こういう、18禁シーンが、本当に話の要素として溶け込んでる話って凄い。
「やってりゃいい」みたいな本も少なからずある時代ですが、これは、全部込みでひとつの世界という感じ…と、少ない語彙で必死に訴えたくなる話です。名作。

2007/12/17 23:00

投稿元:ブクログ

メインキャラクターを一新し、志水ゆきが描く、最も切なく烈しい恋物語!!

「寝るぞ、氷見。さっさと脱げ」出会った頃から変わらない、傲慢で滴るような色香を放つ声で、玄間は命じる。氷見は屈辱と欲情に震え、しかし逆らう術を持たない。幼い頃に自分を追い出しだ亡父が残した紙様・氷見を、息子の玄間が引き継いだ最初の夜から、強引で淫蕩な調教は始まり―。

2008/11/15 22:41

投稿元:ブクログ

玄間×氷見

氷見最高!!
素敵過ぎ\(^o^)/
実はこっちの氷見の方が好きだったりします(^◇^)

2009/06/30 22:32

投稿元:ブクログ

シリーズの中で3、4巻の玄間×氷見編が1番好きです。
不器用な玄間に振り回されつつも、惹かれていく氷見。そして、どっぷり氷見に溺れていく玄間…。
切なさと、匂い立つような色気に溢れている漫画。

『是』シリーズは主である『言霊様』と『紙様』の深い心理や過去が巧みに描かれている。その分伏線も幾多に張り巡らされており、続きがとーっても気になります(笑)

Dear+コミック ランキング

Dear+コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む