サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 雄飛
  • サイズ:19cm/224p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-902543-42-7
新書

紙の本

古都の紅 (i novels)

著者 剛 しいら (著),石原 理 (画)

鎌倉南署の管轄でヤクザが日本刀で斬り殺される事件が発生した。現場に残された一本の刀を頼りに、犯行に使われた刀を追うことになった刑事の京介は、若く繊細な美貌の刀鍛冶・博雪に...

もっと見る

古都の紅 (i novels)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

鎌倉南署の管轄でヤクザが日本刀で斬り殺される事件が発生した。現場に残された一本の刀を頼りに、犯行に使われた刀を追うことになった刑事の京介は、若く繊細な美貌の刀鍛冶・博雪に辿り着く。そして博雪から二本の刀は、因縁つきの対の剣で、殺人に使用された方は抜くと人斬りを誘うと聞かされた。信じられずに残った刀を抜いてしまった京介だが、妖しい夢に導かれ、博雪を犯してしまい—。【「BOOK」データベースの商品解説】

日本刀でヤクザが斬り殺される事件が発生。捜査中の刑事・京介は、若く繊細な美貌の刀鍛冶・博雪に辿り着く。殺人に使用された刀は抜くと人斬りを誘うと聞かされた京介は、妖しい夢に導かれ、博雪を犯してしまい-!?【「TRC MARC」の商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

妖刀紅白

2021/04/21 05:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

鎌倉南署の刑事の京介と
刀鍛冶の博雪

ヤクザが日本刀で斬り殺されるという事件から
紅白の妖刀の因縁に巻き込まれていく。

本来なら刑事がいきなり妖刀の因縁と言われても・・・な感じですが
京介がもともと幽霊見る体質なので、
そこらへんはすんなり許容範囲となる。
そこを読者にも違和感なく持っていくのがうまいなぁ。
刀が見せる過去の因縁話も絡めて、
二人の関係が深まっていく。
もちろん殺人犯を追いながら。
真犯人を教えるのが死んだ被害者って!!!
(とはいえ、証拠ないのですぐには逮捕出来ないのですけど)
ええっそれあり的な流れでありながら
さくさくっとそれを描いて納得させる力がすごいなぁって
思った作品です。

血を求める妖刀の紅は良くあることなのですが
対の白が求めるものが・・・
あまりのことにこの設定にのけぞりました。

四ツ目先生の先代への思いはそれはそれで読んでみたいなぁとか
小橋警部の婿取り作戦も楽しませてもらいました。
(小橋さんにとってはとんびに油揚げな感じですよねー)

最後のオチは「えー博雪・・それはちょっと」って思ってしまいましたが・・・。
博雪がちょっとなのか、白がちょっとなのか・・・あるいは紅がちょっとなのか
よく考えるとわからなくなりました。

余談:口絵のシーンがとても愛らしい(笑)
お風呂で洗ってあげるシーンは私の萌えポイントです。

余談2:妖刀紅白って書くと、妖しいのか、コメディなのかわからなくなりますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。