サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エンジェルズ・フライト 下(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/340p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-05097-2
文庫

紙の本

エンジェルズ・フライト 下 (扶桑社ミステリー)

著者 マイクル・コナリー (著),古沢 嘉通 (訳)

ハワード・エライアス殺害犯を追うボッシュは、事件の背後に過去の少女誘拐殺人が深く関わっていることを知る。自動車販売王サム・キンケイドの継娘を死に至らしめたのはいったい誰な...

もっと見る

エンジェルズ・フライト 下 (扶桑社ミステリー)

税込 964 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハワード・エライアス殺害犯を追うボッシュは、事件の背後に過去の少女誘拐殺人が深く関わっていることを知る。自動車販売王サム・キンケイドの継娘を死に至らしめたのはいったい誰なのか。事件を再捜査するなかで浮かび上がる、悪夢のような真相。警察上層部との衝突、迫り来る暴動の不穏な気配…ボッシュは、錯綜する事件を果たして解決に導くことができるか。90年代に生みだされた警察小説の頂点に君臨するコナリーの真骨頂がここに!単行本『堕天使は地獄へ飛ぶ』改題。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「堕天使は地獄へ飛ぶ」(2001年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

上下巻を役立てない装丁には毎度がっかり

2015/11/22 07:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

LA大地震のあとの、大暴動。 その余波の残る時期、またもやハリー・ボッシュが難解な事件に遭遇するシリーズ第6作。
ダウンタウンにあるケーブルカー<エンジェルズ・フライト>の頂上駅で人権派弁護士として有名なハワード・エライアスの射殺死体が発見される。 エライアスは警官を被告とする事件を準備中だったこともあり、過去にエライアスに告発されたことのある警官は捜査に参加してはならないと上層部からのお達しもあり、捜査の実務責任者としてハリー・ボッシュに白羽の矢が。 市民はまだまだロス市警を十分信用しておらず、エライアス殺しの犯人が警官だとわかったらどんなことになるか。 もしくは誰かを生贄として捧げるべきではないか的動きもあったりでボッシュの足を引っ張るのだった。

前作同様、ボッシュのパートナー・部下との関係は良好。 相変わらず上層部やら敵対組織(?)FBIなどとの関係は良好ではないが・・・まぁこれは仕方ないのでは。
が、前作であれだけ盛り上がって大騒ぎした揚句に結婚した相手とは別居秒読みになっていて、トラブルなしでいられないのはもはやハリーの体質(? 本質?)としか思えなくなってくる。

シリーズ6作目となってくれば読む側もパターンがわかってきて、「こいつが犯人だな!」とわかるようになってきますが・・・このシリーズは警察小説というより、LAの現代を描こうとするサーガ?・クロニクル?なのではないかと感じるようになった(実際に起こった事件・出来事も折り込まれているし)。 そうなればもはや犯人は誰かなどということは結構二の次で、作者も現代アメリカ大都市が抱える闇をあぶりだそうとする姿勢? 現在から読めば事件そのものは特別新しくないのだが(本来、それはそれでショッキングなことなのだが・・・ひどい事件に人は慣れてきてしまっているのですね)、それを“悪夢のような真相”と描いておくことに意味があるというか。 犯罪の変遷もまた、世相を反映しますからね。
ハードカバー刊行時では『堕天使は地獄へ飛ぶ』というタイトルだったそうで・・・そうか、『神曲』のようなものを意識してるのかも、と思ったりして。

このシリーズ、まだまだ前半戦でございます。 まだまだ続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/05 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/22 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します推理・ミステリー ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。